Dorado

DOR焼却戦略

 

トークン焼却メカニズムの説明記事が掲載された後、次回のトークン焼却の時期に関する質問をコミュニティからたくさんいただいています。その記事で2億8,400万DORが焼却される理由について説明しましたが、トークン焼却は段階を経ておこなわれるので具体的な日程については言及していません。

・トークンは一度に少しずつ焼却されます。
・トークンが焼却される度に、トークン価格の大幅な上昇が期待されます。
・市場および価格投機を防ぐため、トークンの焼却は不定期におこなわれて事前に公表されま
せん。

このトークン焼却戦略はトークン保有者の利益を最優先するものであり、DORの価格上昇に役立つと考えられています。

3年間ロックされたトークンはどうなるのか?

透明性と長期的な関わりを保つために極めて重要な行為として、Doradoチーム、創業者、Foodout Groupは自らが保有するトークンを3年間ロックしています。これは、3年間にわたって26%のトークンがロックされるということです。ロックされたトークンは保管されているウォレットから移行できないため、それらのトークンはロック期間が終了するまでは焼却することもできません。

 Medium 
DOR Burning Strategy – Dorado_ICO – Medium
https://medium.com/@doradoico/dor-burning-strategy-e16becddd386
Following our Token Burn Mechanism Explained article, we have received a lot of questions from our community regarding the timing of the…

関連記事

  1. Dorado

    Doradoの人工知能がオンラインショッピングを変える

    この企業はフードデリバリープラットフォームのFoodoutを開始し、こ…

  2. Dorado

    ロボット、ドローン、AI! 現代のテクノロジーは、未来のスマートシティの中でどのように配送業界を形成…

    AIに誘導された輸送への移行速度は、市民を驚かせるかもしれません。Mi…

  3. Dorado

    2018年最高のICOをご紹介

    2015年頃までに1ドルで購入されたBitcoinは、現在7,420ド…

  4. Dorado

    Doradoの最高事業開発責任者Tadas CekaviciusがWooopitの買収に関する重大ニ…

    Doradoの野心的な拡大計画は順調に進んでいます。その一環として先週…

  5. Dorado

    Dorado、欧州での急速な拡大を継続

    先週、Doradoによる最新の買収であるWooopitが、新しいロケー…

  6. Dorado

    オンデマンドデリバリー部門におけるドローン利用の拡大

    ゴールドマン・サックスは、ドローンがもたらす1,000億ドル超の市場機…

最近の記事

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP