海外情報

BlackRockは仮想通貨を検討していると同社CEOが語る

ニューヨーク(Reuters) – BlackRock Inc (BLK.N)のLarry Fink最高経営責任者は、世界最大の資産運用管理企業である同社は、ブロックチェーン技術とBitcoinなどの仮想通貨について検討する作業部会を招集したと月曜日に述べたが、投資家の大規模な需要は見込んでいないと警告した。

「ブロックチェーンに関して、我が社には学ぶべきことがたくさんあります」と、FinkはReutersとのインタビューで語った。「仮想通貨への膨大な需要」は見込んでいないと彼は付け加えたが、同社は仮想通貨を検討する作業部会を設置している。

BlackRockが仮想通貨に投資しブロックチェーンを利用する動きは、同社にとって重要な部分を占め、押し寄せる技術に対して組織として大きな承認を与えることになるだろう。同社は6月30日現在、6.3兆ドルの資産を管理している。

昨年11月のReutersとのインタビューでFinkは、Bitcoinは仮想通貨の匿名性のために繁栄する「投機的な」投資であると明確に述べた。Bitcoinの取引を記録するために使用される技術であるブロックチェーンについて、Finkは楽観的な口調で語ったように思えた一方で、デジタル通貨とマネーロンダリングの関連性についても指摘した。

資産運用管理会社の中には、デジタル通貨が持つ潜在的な役割へ迅速に承認を与えている企業もある。例えば、資産運用業界でBlackRockにとって手ごわいライバルであるFidelity Investments は、ブロックチェーンと仮想通貨の技術に関する経験が豊富である。

Financial News のウェブサイトに日曜日の深夜、この作業部会に関する第一報が掲載された後、Bitcoin BTC=BTSPはBitstamp取引所で月曜日の朝、 4%上昇して6,600ドルを上回った。2017年末にBitcoinが記録した史上最高値の20,000ドル近くに比べると、この数字はまだ足元にも及ばない。

関連記事

  1. 海外情報

    Bitcoinは来週、なぜ70%以上も回復可能なのかについて、FundstratのLeeが発言

    デジタル通貨は2日連続で下げ相場になり、Bitcoinの価格は重要な基…

  2. 海外情報

    Goldman、Bitcoinの取引を希望

    他の仮想通貨、個人のISDA、 McClatchy、テック企業のガバナ…

  3. 海外情報

    エラッド氏のSEC委員への就任がビットコインETFに関する事柄に及ぼす影響

    メーン州の共和党員エラッド・ロイズマン氏のSEC委員への就任が本日上院…

  4. 海外情報

    イングランド銀行のマーク・カーニー、仮想通貨は「お金の未来の方向性を示す」と発言

    イングランド銀行総裁でG20の金融安定理事会議長であるマーク・カーニー…

  5. 海外情報

    暗号通貨を禁止しない – マレーシア政府職員

    マレーシア副財務相が暗号通貨に対する自国の立場を明らかにした。…

  6. 海外情報

    イスラエルのビットコイン企業、口座開設を拒否した銀行を提訴

    1月に起業したイスラエルの会社が国内全ての銀行に口座の開設を拒否され、…

最近の記事

2019年7月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP