海外情報

イランはどのように米国の制裁を回避できるのか

トランプは、イランとの全ての貿易を11月4日から停止するように要求している。イランはその次善策として、Bitcoinを利用する可能性がある。

トランプは、イランとの貿易を停止するように世界へ圧力をかけている。さらに11月4日から、彼はイランと貿易をおこなうあらゆる国や企業に制裁措置を取る予定である。

その特徴となるイメージは、「イランが1,300の輸入品を禁止し、脅迫的な米国の制裁に対抗」で分かる。

米国が制裁をおこなう脅威は、外貨準備高を保つ目的で「抵抗経済」を運営するようにイラン政府を押し戻すということを、その命令は暗示する。

EUが発表したのは、企業がイランと取引するのは認めつつ、そのような企業は米国市場から遮断される「ブロッキング規則」である。この規則を回避するEUのあらゆる銀行は、すぐに身動きが取れなくなることが分かるだろう。

このようにしてトランプは世界の大部分に対して、制裁措置政策を一方的に決定している。

しかし、イランの石油の世界最大輸入国であるインドは、米国の制裁を聞き入れないと発表した。

これは、2つのパートによる制裁回避メカニズムにつながる可能性がある。

 

制裁回避パート1

1. インドと中国が制裁の履行を拒否する。

2. イランはルピーと元による決済を受け入れる。

3. インドと中国は、ルピーと元をBitcoin、Ethereum、EOSなどへ交換する。

4. イランは支払いを仮想通貨で受け取る。

5. イランは仮想通貨をドルやユーロに換金する。

これはまだパズルの半分である。

なぜか?

イランは交換可能通貨を保有するだろうが、その利用法を持たないからである。

 

制裁回避パート2

1. イランはドルやユーロ建てで製品を購入し、それを国内へ持ち込む必要がある。

2. パキスタンが最適であるが、ある国が製品の配送を受け入れ、手数料(安価な石油)を取り、国境を越えてその製品をイランへ輸送する。

3. 別の方法として、製品をインド、次にパキスタン、そして最後にイランへ輸送する。他の可能性として、製品を中国やインドへ輸送し、そしてここでも手数料(安価な石油)を取り、船でイランへ運ぶ。

インドは米国への貿易黒字を抱えているので、事が複雑になっている。しかし、インドが石油価格の大幅割引を得るとしたら、どうなるだろうか。

米国とほとんど取引していない石油輸入業者がインドにあるなら、私の回避意見は少なくともパート1は信頼できる。

パート2には、海路での押収や陸上でのドローンによる破壊のリスクがある。トランプの反応はもちろん、関係諸国への物理的な戦争宣言としては効果的だろう。

トランプは核保有国のインドを封鎖するのか。核を保有するパキスタンはどうだろうか。核保有国の中国が、トランプへ地獄に落ちろと言ったら?

 

中国の強硬姿勢

この最後の問題は興味深い。中国は理論上、イランへの米国の制裁を履行するために関税の軽減を要求することが可能である。

私たちがこれら回避への道のひとつを歩き始めるとすれば、これにはどう見ても手に負えなくなる莫大なリスクが伴う。

関連記事

  1. Vechain

    2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

    中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとク…

  2. 海外情報

    ナスダックCEO:暗号通貨の為替市場となることを『前向きに検討する用意』があります

    時価総額が9兆ドルに上る世界第二位の証券取引所であるナスダックは、統制…

  3. 海外情報

    ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の今後に関し 強気でいられる5つの理由

    「東京のクジラ」(マウントゴックスの破産管財人を務める弁護士の呼称)に…

  4. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

  5. 海外情報

    なぜ、第一級の暗号通貨デベロッパーはシリコンバレーで働かないのか?

    「あなたやあなたの友人のエンジニアがビッグテック企業(BigTechC…

  6. 海外情報

    エラッド氏のSEC委員への就任がビットコインETFに関する事柄に及ぼす影響

    メーン州の共和党員エラッド・ロイズマン氏のSEC委員への就任が本日上院…

最近の記事

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP