TrustNote

TrustNoteのTRC20標準規格:カスタムトークンイノベーションが事態を容易にする

 

TRC20トークン仕様の発表により、TrustNoteはトークン化アプリケーションの可能性の新たな地平を開きます。TrustNoteは世界初のマイニング可能なDAG公開元帳を基に、高速で使い勝手が良く、低コストかつスケーラブルな、トークン化アプリケーションと少額取引のためのソリューションを提供します。

TRC20:トークンを簡単に発行、移転、管理する
TrustNoteのTRC20標準規格はEthereumのERC20トークン標準規格を直接的にベンチマーキングしたものですが、Ethereumネットワークの主流技術としての採用を妨げる多くの障壁に対する革新的なソリューションを提供します。ERC20スマートコントラクトの作成は高度なプログラミング知識を必要とする困難な作業です。また、コーディングの些細な誤りを犯しやすく、そのためにスマートコントラクト実装後に破滅的な結果がもたらされることもあります。TrustNoteの革命的な新TRC20標準規格を利用すれば、誰でもどのデバイスでも独自トークンの発行と移転を簡単に実施できます。

TRC20トークンはすべてTrustNoteが直接サポートするため、ERC20スマートコントラクトよりもはるかにセキュアになります。もうすぐ利用可能になるTRC20プロトコルとAPIが提供する簡単なインターフェースによって、開発者がアプリにトークン管理機能や取引機能を組み込むのははるかに容易になるでしょう。これはイノベーションの新たなウェーブを引き起こし、TrustNoteの分散型DAG元帳によって多くの新たな少額取引ベースアプリケーションが可能になります。

TrustNote:瞬時、スケーラブル、真の分散化
BitcoinやEthereumで利用される古典的ブロックチェーンモデルは高い取引コストや、ネットワーク輻輳ピーク時のボトルネックにさらされています。そのため、ほとんどの既存ブロックチェーンソリューションは、大量の微小取引の利用を目指すトークン化アプリケーションには適していません。TrustNoteの有向非巡回グラフ(DAG)ベースの分散型元帳では、相互に確認可能な並行する無限の取引を可能にすることにより、ブロックサイズとネットワーク輻輳の問題が取り除かれます。瞬時の低コスト微小取引をTrustNoteの使い勝手の良いトークン発行機能と組み合わせることで、ゲームやソーシャルネットワーキングからマイクロファイナンスやマイクロリースに及ぶ、きわめて広範囲のユースケースの可能性が開かれます。

TrustNoteは真の分散化にも完全にコミットしています。IOTAやByteballなどのDAGのパイオニアは、取引確認プロセスの設計に際してある程度の分散化を提供しており、これはすべての状況に当てはまります。IOTAのコーディネーターとByteballの12のウィットネスはいずれも不十分な並行取引が起こっている状況で取引を確認できることを保証しますが、どちらのソリューションも真の分散化の点で妥協しています。

TrustNoteは、プルーフ・オブ・ワーク(POW)コンセンサスモデルを採用する世界初のマイニング可能なDAG公開元帳で、真の分散化の点で妥協のない取引確認を奨励し、また、保証します。

真の分散化は、信頼されていない環境に信頼をもたらし、将来の思想家とイノベーターが出現を願う変化を実際に生み出すことを可能にする、唯一の方法であると、TrustNoteの創業者であるジェフ・ジョウは考えています。TrustNoteの公開性と分散化へのコミットメントは、プロジェクトがMITオープンソースライセンスでリリースされている事実が示しています。どなたでも、https://github.com/trustnote/ に掲載されているTrustNoteのGithubリポジトリを訪問すれば確認できます。

あらゆる人のあらゆるデバイスのためのマイクロイノベーション
TrustNoteは間もなく、ユーザーが独自の暗号トークンとデジタル資産を簡単に発行、管理できる、クラウドベースのプラットフォームをリリースします。新トークン発行の全プロセスは数分で完了し、非専門家ユーザーによる独自トークンの創出はかつてないほどに簡単なものになります。TrustNoteの開発者が簡単なガイドを作成しました。これを利用して、コードの数行を変更するだけで誰でもTrustNoteのテストネット上で独自トークンを発行できます。

TRC20トークン標準規格によって、誰もが簡単に条件付き支払いを創出できます。TRC20トークンはTrustNoteのスーパーウォレットで保管、管理でき、そこから移転することもでき、また、間もなくBTCとETHを含む主要暗号通貨と交換できるようになります。TrustNoteはスマートフォンとIoTデバイスへの完全なサポートを提供するように設計されており、誰でもどのデバイスでもTrustNoteのメリットを活用できます。

ゲーム開発の民主化
ゲーム内購入が現代のゲーム業界の大きな要素になっており、ゲームは微小取引を急速に採用する分野の1つになっています。

遅い移転速度と高い取引コストのために、ほとんどの既存暗号通貨はこの種の微小取引の選択肢としては劣っています。ERC20ベースのクリプトキティーズの人気がピークに達したときに、Ethereumネットワークは深刻なボトルネックを味わいました。Ethereumネットワークが流行を見たこのちょっとしたゲームに関連付けられた取引を適切に処理できなかったのだとしたら、もっと大きなプロジェクトへの拡張を思い描くのは難しくなります。

TrustNoteのDAG分散型元帳は、ゲームの微小取引にとって最適なソリューションです。シームレスなゲーム内微小取引には、高次の並行取引と瞬時の移転が必要になります。これらはTrustNoteのTRC20トークン標準規格の、EthereumのERC20に優越する、内在的な利点です。

新規TRC20トークンの発行が容易である事実は、低予算の開発者や小規模ゲームスタジオでも、TrustNoteが機能提供するアプリ内またはゲーム内微小取引を簡単に組入れ可能であることも意味します。デジタルクリエーターへの能力の付与は、TrustNoteプラットフォームの主要目標の1つです。革新的な新トークン化アプリケーションを創出するツールをこれら開発者に与えることを通じて、TrustNoteはゲームやスマートフォンアプリにおける革命的なトークン化イノベーションの新たなウェーブのためのプラットフォームを提供しようとしています。

世界初のブロックチェーンゲーム用取引所であるBIT.GAMEは既に、TRC20トークンに上場の優先権を与えると発表しています。BIT.GAME取引所はTrustNoteスーパーウォレットに接続する予定ですが、これによってTrustNote上で発行されるゲームトークンは効果的にBIT.GAMEへの自動上場を実現できることになります。

革命的なマイクロファイナンスプラットフォーム
TrustNoteのセキュアかつ使い勝手の良い条件付き支払いによって、マイクロファイナンスとマイクロリースのきわめて巨大な可能性が開かれます。簡単なTRC20プロトコルを、信頼の置けるデータ提供事業者オラクルと併せて利用すれば、誰でも指定した条件が満たされ時点で支払いが行われるように取り決めることができます。これにより分散型P2Pローン、スポーツ賭博、予測市場、保険に安全かつセキュアに関与することができます。TrustNoteの分散型DAGベース元帳によって、現在この種の微小取引に付随している料金や待ち時間が大幅に低減されます。条件が満たされなかった場合には、そのまま投入金額が返還されます。

このマイクロファイナンスモデルによって、KickstarterやGoFundMeなどのクラウドファンディング手法に対する分散型の代替手法が提供されることになります。マイクロファイナンスがTrustNoteのTRC20トークン化アプリケーションへと移行した暁には、クラウドファンディングの概念に完全な革命が起こる可能性があります。

現状では、Kickstarterキャンペーンの後援者は典型的にはスタートアッププロジェクトへの投資の見返りとしてある種の商品やサービスを受け取ります。創出が容易なTrustNoteのトークンでは、マイクロファイナンスの収益としてより広範なインセンティブを提供することが可能です。例えば、プロジェクト資金を集める映画制作者や芸術家は、プロジェクトの利益の分け前をマイクロファイナンスの投資家に自動的に分配するTRC20トークンを、TrustNote上で創出することができます。

EthereumのERC20スマートコントラクトでも技術的にはこのようなマイクロファイナンスやマイクロリースは可能ですが、ERC20トークンの発行にはコーディングの知識が必要であり、また、法外な低性能と高料金のために、実際に行うのはきわめて困難です。TrustNoteはこの種の条件付き支払いを誰でもどのデバイスでも低コストで迅速に創出できるようにすることを目指しています。

TrustNote:トークン化イノベーションを可能にする
TrustNoteはトークンの発行、創出、移転のプロセスを簡素化して、能率的なものにします。間もなく利用可能になるTRC20プロトコルとAPIを活用して、開発者は独自のTRC20トークンを迅速かつ容易に新たなトークン化アプリケーションに統合できます。EthereumのERC20標準規格よりもセキュリティ、使いやすさ、スピード、費用効果の面で優れているTrustNoteによって、分散化の点で妥協することのない、トークン化マイクロイノベーションの新たな世界が可能になります。

ユーザーは、https://trustnote.org に掲載されているTrustNoteのウェブサイト上で今すぐ自分のスーパーウォレットをセットアップできます。このプロジェクトをより深く探求して、TRC20トークンを創出する実験に関心を抱いている方は、https://github.com/trustnote/ に掲載されているTrustNoteのGitHubリポジトリもチェックしてください。

 

関連記事

  1. TrustNote

    TrustNoteウィークリーアップデート

    この1週間、TrustNoteでは忙しい日…

  2. TrustNote

    TrustNote:マイニング可能な有向非巡回グラフベース分散型台帳と開発プラットフォーム

    最近のデロイトの調査は、GitHubで利用できるメタデータを用いてブロ…

  3. TrustNote

    TrustNote隔週アップデート(ウィーク23~24)

    TrustNoteの誰もが6月前半は充実し…

  4. TrustNote

    TrustNote隔週アップデート ( ウィーク25〜26)

    みなさん、こんにちは。TrustNoteの…

  5. TrustNote

    TrustNoteウィークリーアップデート

    先週はさらにいくつかの進展を見ました。達成した出来事やエキサイティング…

  6. TrustNote

    TrustNote: 次世代の仮想台帳はこれだ!

    Deloitteによる最近の研究は、世界の…

最近の記事

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP