海外情報

Bitcoinは来週、なぜ70%以上も回復可能なのかについて、FundstratのLeeが発言

デジタル通貨は2日連続で下げ相場になり、Bitcoinの価格は重要な基準である10,000ドルを下回っている。

週末の反発後にBitcoinは心理的にダメージを受けるレベルになり、そのNo. 1デジタル通貨は9%も落ち込んで一夜のうちに9,050.35ドルになった。Kraken取引所における月曜日午後5時(東部時間)の水準から、Bitcoin(BTCUSD, -0.02%)は2.7%下落して9,177.97ドルになった。

しかし、市場参加者の中には勢いの衰えは短期的だろうと言う者もいた。

Consensus会議と史上最高値

5月14日にニューヨークで始まるConsensus会議は、7,000名近いブロックチェーンと仮想通貨の愛好者を引き付けることが予想されている。あるアナリストは、この会議にはBitcoinを史上最高値に押し上げる例年のパターン(下記のチャート参照)があると話した。

「すでに世界最大の仮想通貨会議のひとつとなり、Bitcoinや仮想通貨が年初以来の安値になっている現在、今年の来場者はかなり増加する。そのため、Consensus会議による価格高騰がここ数年以上に期待されている」と、Fundstrat Global Advisorsのマネージングディレクター、Tom Leeは記した。

Leeによると、これまでの会議は10%~70%の価格高騰を引き起こし、今年の高騰が例年を上回る場合、Bitcoinは15,000ドル以上に回復する可能性がある。

規制が話題になることが確実な一方で、Leeはこの点が今後の価格高騰の障害になるとは思わないと述べた。「うまくいかないわけがない。Consensus会議期間中の規制リスクに関する解説は否定的だが、我々はこれが事実になるとは予期していない」と彼は記述した。

NYSEが仮想通貨プラットフォームの準備 

月曜日の遅く、ニューヨーク・タイムズは匿名の情報源を引用して、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるIntercontinental Exchangeは、投資家のBitcoin購入を可能にする取引プラットフォームに取り組む予定であると報道した。

このニュースは主要企業による仮想通貨の採用に向けた前進であり、Goldman Sachs Group(GS, -0.08%)が先週、仮想通貨トレーディングデスクを開設すると公表したことに続く動きである。

Bitcoinに関するCohnの見解

Gary CohnはDonald Trump大統領の元経済担当大統領補佐官だったが、仮想通貨の議論に参加して注目を集める最新の人物になった。Microsoft(MSFT, -0.43%)の共同創設者であるBill Gatesが、自分ならBitcoinの下落に賭けるだろうと語った翌日、CohnはCNBCに対して、デジタル通貨には懐疑的だがブロックチェーンには将来性があり、仮想通貨よりも分散型台帳技術を支持していると話した。

「私はBitcoinを大いに信じているわけではありません。私が信じているのはブロックチェーン技術です」と彼は述べ、グローバルな仮想通貨が結局は現れるだろうが、それはBitcoinよりも簡単に理解できる仮想通貨であると付け加えた。

アルトコインと先物取引に関して

いわゆるアルトコインもしくはBitcoinの代替コインは、火曜日の早くにBitcoinの後を追って下落した。Ether(ETHUSD, +0.47%)は 2.8%下落して739.00ドルになり、Bitcoin Cash(BCHUSD, +0.22%)は6.3%下落して1,565.60ドル、Litecoin(LTCUSD, +0.45%)は約4.7%下がって158.89ドル、RippleのXRP (XRPUSD, -0.58%)も4.3%下げて80セントで取引された。

先物市場にとっては、また新たな下落の1日になった。シカゴオプション取引所(CBOE)Global Markets Inc.の5月先物(XBTK8, -0.65%)は2%下落して終了して9,220ドル、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)Group Inc.の5月先物(BTCK8, -0.87%)は2.1%下げて9,235ドルとなった。

 

関連記事

  1. 海外情報

    イスラエルのビットコイン企業、口座開設を拒否した銀行を提訴

    1月に起業したイスラエルの会社が国内全ての銀行に口座の開設を拒否され、…

  2. 海外情報

    トップ10の専門家による2018年とそれ以降のBitcoin価格予測

    10人の専門家による2018年の予想によると、Bitcoinの価格は上…

  3. Popy

    ニューヨーク市のConsensus会議で最もイケてるブロックチェーン新興企業

    何千人もの企業家と技術者が、NYC Blockchain Weekのた…

  4. 海外情報

    ビットコイン取引に見られる、ウォール街における仮想通貨取引に対する認識の好転

    サンフランシスコ — ウォール街を拠点とする複数の大手金融機関が、規制…

  5. 海外情報

    ロックフェラー家の後援を受けたベンチャー企業、仮想通貨市場に参入

    世界的マスコミ企業が仮想通貨による革命を「バブル」として非難する一方で…

  6. 海外情報

    メキシコ議会は、仮想通貨クラウドファンディング規制法を承認

    メキシコ下院議会は先日、同国のファイナンス・テクノロジー(フィンテック…

最近の記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP