海外情報

時価総額40兆ドルも「あながち夢ではない」- Pantera Capital CEO

暗号通貨ヘッジファンドPantera Capitalの創設者であるMorehead氏は木曜日、暗号通貨の時価総額はいつか40兆億ドル規模に達するという見解を語った。

同ヘッジファンドのCEOでもある同氏は、Bloombergのインタビューで、暗号通貨の時価総額の公正市場価格は、現行価格よりも1~2桁上昇すると見込んでいるとの考えを示した。

「このスペースにおける当社の姿勢は非常に強気である。現時点においては、基本的かつ公正な暗号通貨の真価よりも1~2桁分低い状態にあると思う」とし、「業界全体の規模は現時点では4,000億ドルであるが、4兆ドルへの到達はあながち不可能ではなく、困難でもない」と続けた。

そして「4000億ドルもの資産価値を有するものが、長期にわたって無視されることはないだろう」と付け加えた。

暗号通貨の時価総額が40兆ドルに到達するためには、現行レベルから約10,000%上昇する必要がある。市場占拠率の分布が、もちろんその可能性は極めて低いが現状のまま維持された場合、Bitcoinは100万ドル近い価格で取引されるようになるだろう。

CCNがすでに報告しているように、Panteraは最近、その7年間の歴史の中で4度目の、Bitcoin取引に関する推奨事項を発表したばかりである。そこでは、BTCは200日移動平均線を下回った後、買いシグナルを点滅させていると述べられている。その後Bitcoin価格は約2,000ドル上昇しており、同ヘッジファンドのアドバイスに従った投資家達に29%の利益をもたらした。

Morehead氏は木曜日のインタビューにおいて、Bitcoinは小戻しの後でさえ「screaming buy (絶対的に買い)」の状態にとどまると述べ、前述の推奨が依然として有効であることを強調した。

Morehead氏は12月半ばに、Bitcoin価格は新年にかけて50%以上下落する可能性があると述べている。その後この主力暗号通貨は値下がり傾向を長引かせ、この傾向から脱出し、回復の兆しを見せ始めたのはつい最近のことである。

注目すべきことに、2011年に設立されたPanteraが現在管理する資産額は約10億ドルであり、Bitcoinはそのうちの約10%にすぎない。同ヘッジファンドの最大の投資対象であるIconは、時価総額チャートにおいて上位20にも入っていない。

 

関連記事

  1. 海外情報

    Bitcoin業界、銀行からテクノロジー企業まで最高の人材を横取り

    Bitcoin業界の成長と、経済を変革するその大きな可能性が伝統的な金…

  2. 海外情報

    第1四半期に最も利益を得たパブリックICO

    資金調達の支持を集める代替手段としてのICOと、その一方での増大する詐…

  3. 海外情報

    仮想通貨市場が、いかに創成期段階であるかを示す12のグラフ

    初のウェブサイトが発表された1991年から今までに、インターネットは人…

  4. 海外情報

    MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

    世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。2016年には母…

  5. 海外情報

    仮想ファンドで脇に追いやられたままの機関投資家-レポート

    年金基金、資産管理事務所、政府系ファンドなど、半数近くの機関投資家たち…

  6. ブログ

    中国がBitcoin取引所を認可し、仮想通貨取引を再開させる可能性が高い

    大手メディア「cryptocoins news」で、「中国が仮想通貨取…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP