海外情報

時価総額40兆ドルも「あながち夢ではない」- Pantera Capital CEO

暗号通貨ヘッジファンドPantera Capitalの創設者であるMorehead氏は木曜日、暗号通貨の時価総額はいつか40兆億ドル規模に達するという見解を語った。

同ヘッジファンドのCEOでもある同氏は、Bloombergのインタビューで、暗号通貨の時価総額の公正市場価格は、現行価格よりも1~2桁上昇すると見込んでいるとの考えを示した。

「このスペースにおける当社の姿勢は非常に強気である。現時点においては、基本的かつ公正な暗号通貨の真価よりも1~2桁分低い状態にあると思う」とし、「業界全体の規模は現時点では4,000億ドルであるが、4兆ドルへの到達はあながち不可能ではなく、困難でもない」と続けた。

そして「4000億ドルもの資産価値を有するものが、長期にわたって無視されることはないだろう」と付け加えた。

暗号通貨の時価総額が40兆ドルに到達するためには、現行レベルから約10,000%上昇する必要がある。市場占拠率の分布が、もちろんその可能性は極めて低いが現状のまま維持された場合、Bitcoinは100万ドル近い価格で取引されるようになるだろう。

CCNがすでに報告しているように、Panteraは最近、その7年間の歴史の中で4度目の、Bitcoin取引に関する推奨事項を発表したばかりである。そこでは、BTCは200日移動平均線を下回った後、買いシグナルを点滅させていると述べられている。その後Bitcoin価格は約2,000ドル上昇しており、同ヘッジファンドのアドバイスに従った投資家達に29%の利益をもたらした。

Morehead氏は木曜日のインタビューにおいて、Bitcoinは小戻しの後でさえ「screaming buy (絶対的に買い)」の状態にとどまると述べ、前述の推奨が依然として有効であることを強調した。

Morehead氏は12月半ばに、Bitcoin価格は新年にかけて50%以上下落する可能性があると述べている。その後この主力暗号通貨は値下がり傾向を長引かせ、この傾向から脱出し、回復の兆しを見せ始めたのはつい最近のことである。

注目すべきことに、2011年に設立されたPanteraが現在管理する資産額は約10億ドルであり、Bitcoinはそのうちの約10%にすぎない。同ヘッジファンドの最大の投資対象であるIconは、時価総額チャートにおいて上位20にも入っていない。

 

関連記事

  1. 海外情報

    OKCoin(オーケーコイン)のCEOがリークされたチャットの中で中国との協力関係を示唆

    中国最大手の1つに挙げられる暗号通貨取引事業所の設立者が、政府との、よ…

  2. 海外情報

    韓国の暗号通貨取締官、自宅で死亡

    ウォールストリートジャーナルに掲載された韓国政府報道官の説明によると、…

  3. 海外情報

    Bitcoin、Etherに地位を明け渡し、Etherが時の仮想通貨に。

    今年の初めから、Bitcoinの価格が倍以上に上昇しており、この数ヶ月…

  4. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

  5. 海外情報

    ビットコイン取引に見られる、ウォール街における仮想通貨取引に対する認識の好転

    サンフランシスコ — ウォール街を拠点とする複数の大手金融機関が、規制…

  6. 海外情報

    ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の今後に関し 強気でいられる5つの理由

    「東京のクジラ」(マウントゴックスの破産管財人を務める弁護士の呼称)に…

最近の記事

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP