海外情報

中国の別の都市が大規模ブロックチェーン投資ファンドを支援

中国の深圳市がブロックチェーンに特化した投資ファンドを支援するのは、杭州市が同様の試みを支援した直後だった。

中国電子商取引委員会が日曜日に深圳市内で主催したブロックチェーンイベントでの発表によると、そのファンドは第1段階として、深圳のブロックチェーン新興企業へ5億元(8,000万ドル)の投資を目指している。

特に官民パートナーシップを通じて、ファンドの40%にあたる3,200万ドルは、深圳市が3月下旬に開始したエンジェルファンドからもたらされる。捜狐の報道によると、残りの金額は民間から調達される。

エンジェルファンドは市の新興企業への投資に向けて計50億元(8億ドル)を保有し、その約4%が地元のブロックチェーンプロジェクトへ今後、割り当てられる予定である。

報道によると、新ファンドの日常業務は国営投資企業2社がおこない、全ての国営資産を監督する市政府委員会によって管理される。この点を踏まえて、地元政府関係者で深圳市諮問委員会委員のLiu Zhongpuが、ファンド顧問としての役割を果たす。

このニュースが報じられたのは、杭州市がXiong’Anグローバルブロックチェーンイノベーションファンドの立ち上げを支援した数週間後だった。このファンドは革新的な新興企業への投資に向けて16億ドルを保有し、そのうちの30%を杭州市が用意する予定である。

 

関連記事

  1. 海外情報

    SECへの新たな申請によってビットコインETFの夢は今も生きている

    ETFの提供会社は規制当局の暗号を解読して、ビットコインに裏付けされた…

  2. 海外情報

    「単なる一時の流行ではない」CFA試験が仮想通貨やブロックチェーンを課題に追加

    今度こそ、仮想通貨がウォール街にたどり着いた確実な兆候と言えるかもしれ…

  3. 海外情報

    フィリピン証券取引委員会、暗号通貨規制法の制定へ

    フィリピン証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨取引の規制における法的枠…

  4. 海外情報

    Jack Dorsey、Bitcoinがウェブの「基軸通貨」になることを期待

    Bitcoinはインターネットの基軸通貨になる運命なのだろうか。…

  5. 海外情報

    韓国の暗号通貨取締官、自宅で死亡

    ウォールストリートジャーナルに掲載された韓国政府報道官の説明によると、…

  6. 海外情報

    規制された銀行がEthereum、Bitcoin、Bitcoin Cash、Litecoin、Rip…

    リヒテンシュタインを拠点にロンドンに支店を置く銀行が、5種類のデジタル…

最近の記事

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP