Blackmoon

Blackmoon月刊ダイジェスト 2018年4月号

 

紳士淑女の皆様、私たちは遂に打ち上げに成功しました!3月30日午後1時30分(協定世界時)、Blackmoonプラットフォームは立ち上げに成功し、ユーザー登録と認証を開始しました。

チーム総動員による半年以上に及ぶ努力の結果、コミュニティの皆さんとこの画期的な進展を分かち合うことができたことを嬉しく思います。今度は、ブロックチェーン業界を代表する資産管理ソリューションとしての地位確立に向け、新たな挑戦へと邁進します。

Blackmooonプラットフォームの立ち上げを祝うチーム

 

プラットフォームの立ち上げによりコミュニティにも好影響が出ています。現在、1日当たりの登録件数は50件超ですが、数日後にはこれが2倍となり、月末には3倍になることが見込まれています。

コミュニティ向けチャンネルの投稿を見ると、登録と認証手続きにたくさんの質問が寄せられていることがわかります。皆さんの懸念を晴らすため、ここで一番よくある質問にお答えします。

Q1:「継続的貢献者(Continuous Contributor)」になりたいと思っています。いつ登録すべきですか?

A1:その答えは「今」です。認証手続き(KYC)は、トークン購入希望者も継続的貢献者も変わりません。

Blackmoon顧客担当とコンプライアンス部門にて、登録いただいた順番に申請内容を確認していきますので、申し込みが早ければ早いほどこちらからの対応も早くなります。

注:特殊な役割を希望される場合、追加書類が必要となり、ご希望の役割により必要書類も異なります。

Q2:審査が終わるまでにどのぐらいかかりますか?また申請の結果通知はどのように通達をうけるのですか?

A2:審査には最大で15日間かかります。この期間を5日に短縮できるよう現在画策中です。結果の是非に関わらず、お申込みいただいた方全てに審査結果をEメールにて通知します。

Q3:審査の結果登録が拒否された場合、なぜ「継続的貢献者」になれないのか理由は示されますか?また、再申込はいつできるようになりますか?

A3:内部方針により、登録拒否の理由は提示できないことになっています。現時点では、再申請は無制限に行えます。ただし、審査手続きは毎回同様に行われることをご了承ください。

Q4:私は働いていません。家族の個人情報で申請しても構いませんか?例えば、父の税金コードを使っても良いですか?

A4:残念ながら不可能です。申請者はすべて、参加の形態に関わらず、自らの個人情報のみを使ってBlackmoonプラットフォームに申請できます。ただし、税金コードのない国在住の申請者がコードを入力する必要はありません。

プラットフォームの稼働に合わせ、Blackmoon資産トークンに関する質問など、プラットフォームにまつわる問い合わせ専用のTelegramチャンネルを立ち上げました。このリンクからチャンネルにご参加ください。既存のTelegramチャンネルは今後、BMCトークンと「継続的貢献者」プログラムに関する全ての問い合わせ専用とします。なお、Blackmoonチームのメンバー、コミュニティ・マネジャーのいずれも、登録申請フォームの記入のお手伝いはできないことをご承知おきください。お申込の種類に関わらず、まず「利用規約」および「リスクに関する警告」をお読みいただくことを強く推奨します。

流通市場の開拓

先月と同様に、Blackmoonコンプライアンス部門は現在、運営に必要なライセンスの取得に専念しています。プラットフォーム専用のTelegramチャットでも何度か書きましたが、必要書類の大半は整い、然るべき当局に提出されています。現在、当局からの回答を辛抱強く待っているところです。進捗は今後のダイジェストでお知らせしていきます。

デジタル・マーケティング

プラットフォームの始動に合わせ、有料のデジタル・ソーシャルメディア・キャンペーンを再開しました。キャンペーン戦略の詳細をお知らせすることはできませんが、データベース上の視聴者(オーディエンス)の中でもプラットフォームへの参加意志が強いターゲットに焦点を当てて展開します。デジタルキャンペーンは、プラットフォームへのアクセス実績と、社内で行うファネル転換分析に基づき調整し、展開していく予定です。

現在、デジタルチャンネル経由の顧客獲得に係るコストは昨年の3倍に上昇しており、継続的な運営を可能にするためにも、こうしたキャンペーンが制御不能にならないよう手を尽くす必要があります。最後に、デジタル・マーケティングの対象についてですが、社内コンプライアンス方針に基づき、デジタルキャンペーンは地理的な制限に準拠して行われます。つまり、キャンペーンのバナーが見当たらない場合であってもキャンペーンが行われていないわけではなく、お住まいの地域が広告の制限対象となっている可能性が高いことを意味します。こうした制限への準拠は、当社の健全性と評判確保のために必要な手続きですのでご了承ください。

Blackmoon関連イベントのお知らせ

ブロックチェーン・エキスポ・オリンピア(Blockchain Expo Olympia)
4月18日‐19日、ロンドン

ロンドン在住で、上記の会議に参加する予定の方は、イベント初日に行われるパネルディスカッションにOlegが参加しますので、どうぞお見逃しなく。「投資家の視点から見たブロックチェーン技術:ベンチャー投資家が見るマーケットプレイス」をテーマとするこのパネルディスカッションには、Swarm Fundの最高業務執行責任者であるChris EberleやInvestBazarのCEO、Oleg Ivanovといった業界のリーダーたちも参加します。

ACGパートナー会議
4月16日‐17日、サンフランシスコ

Blackmoonの最高製品責任者、Moshe Joshuaが「AGC第14回西海岸情報セキュリティ&拡張技術成長会議(AGC’s 14th West Coast Information Security & Broader Technology Growth Conference)」に参加します。AGCパートナーズは、ブティック型銀行の最大手の一つであり、既に330件以上もの取引を成立させています。ご参考までにお知らせすると、Blackmoonは現在、世界中の銀行との関係構築を開拓しています。AGC主催イベントへの参加が、将来における戦略的パートナーシップに向けた重要な転機となるかもしれません。

「AGC第14回西海岸情報セキュリティ&拡張技術成長会議」は4月16日(月)から17日(火)にかけて開催されます。AGC会議は毎年、急成長を遂げる企業、主にテクノロジー関連企業が勢ぞろいする場として定着してきています。2日間にわたる会議には、400名以上の参加企業トップと、450名以上の戦略的バイヤー、未公開株の投資家が集い、参加者は期間中1対1のミーティングを最大32回まで設定することができます。この会議では1対1ミーティングが中心的な活動となりますが、そのほかにもテクノロジー業界の著名な専門家を招いた、専門性の高いパネルディスカッションも開催されます。

Benzingaアワード

Blackmoonは現在、Benzingaグローバル・フィンテック・アワードの「最優秀ブロックチェーン活用部門」にノミネートされています。授賞式はニューヨークにて、5月15日‐16日に開催されます。

Blackmoonを応援してくださる方は、ぜひ以下のサイトにて投票をお願いします。

Blackmoon

以下の手順に従って投票を行ってください。

「今すぐ投票する」をクリック。
カテゴリーを選択。
会社名を選択。
ソーシャルメディア(Facebook、Twitter)を選んでシェア。シェア1回につき1票としてカウント。
皆様のご支援をどうぞよろしくお願いします!

MoneyConf Dublinチケットコンテスト

無料チケット獲得コンテストを絶賛開催中です!参加希望の方は、必ず以下の手続に従ってください。

無料チケットキャンペーンの参加方法

無料チケットキャンペーンへの参加を希望される方は、以下の5つの簡単な手順に従ってください。

Facebookにて

BlackmoonのFacebook公式ページにて、「いいね」「フォロー」をクリック。
この投稿を参加者個人のページにて再投稿(コンテスト終了まで投稿を削除しないでください!)
参加者個人のカバー写真をBlackmoonのdropboxリンク向けバナーに差し替え(オプション)。
タグ「#BlackmoonTicketsGiveaway」を追加。

Telegramにて

Blackmoon Telegramチャンネルに参加。

プロモーション期間:2018年3月16日‐5月1日。当選者は抽選により決定します。当選者は2018年5月7日に発表します。なお、本無料チケットキャンペーンには航空運賃、宿泊費は含まれません。参加を希望される方は、ご自身で旅行の手配をお願いします。

新メンバー紹介

Blackmoonのチームへようこそ!
左から順に:Viktoria Soltesz、Diana Davidescu、Sergei Uskov、Natalia Phylactidou

最高財務責任者 Viktoria Soltesz

国際的企業において12年もの財務経験を持つVictoriaは、多国籍企業グループから地元の民間会社まで、多岐にわたる財政的需要を熟知しています。国際税制、国内税制、欧州VAT(付加価値税)法令の専門家であり、ACCA相当の資格を有するVictoriaは現在、西ロンドン大学で「経営・財務会計(ACCAシラバスのF2、F3、F7に相当)」コースの教鞭をとっています。これまで、国際的大企業にて財務を担当してきており、Oxford Tax Solutions Ltdにて上級会計検査官、Wolfgang Hastenrath Havariebureau(運輸・石油業の国際的企業グループ)の財務部長、Hello Group Software(ネット基盤上のホワイトラベル・プラットフォームを提供する国際的企業グループ)の最高財務責任者を務めました。

顧客担当・コンプライアンス専門家 Diana Davidescu

Dianaは、CySEC準拠のCypriot Investment Firmにて、リスク担当・バックオフィス運営管理者として高度な機密性を要する職場環境で6年間の実践を積んできました。ルーマニアのGreen Ecological Foundationにて保育学を専攻し、ギリシャ語の学位を取得。様々なタスクを確実にこなし、またプロフェッショナルな人間関係の構築と維持に卓越しています。

フルスタック・ディベロッパー Sergey Uskov

Sergeyは12年以上のウェブ開発実績を持ち、PHP、JavaScript、Ruby、JavaSwift、3C、#C、C++、Query、AngularJS、Ruby On Rails、Postgre SQL、MySQL、ORACLEなど様々なプログラム言語に通じています。これまでに複数のAndroidとiOSのアプリを開発し、大手IT企業で上級ソフトウェアディベロッパー、アーキテクト、チームリーダーとして実績を積んできました。

CEO助手/オフィス・マネジャー Natalia Phylactidou

セント・ペテルスブルグ大学卒のNataliaは、オフィス・マネジャー、アカウント・マネジャーとして経験を積んできたベテランです。実務経験を通じて、幅広い財務知識、銀行業務、オフィス・マネジメントの知識を培ってきました。

アルトコインとBMCの価格ダイナミクス

前回の月刊レポート以降、仮想通貨市場は総額で30%近く値下がりし、4月1日には2430億ドルとなりましたが、その後3月半ば頃の水準にまで回復しました。現在、時価総額は3280億ドル、Bitcoinを除いた時価総額は1900億ドルとなっています。

BMCトークン価格は、過去3か月の仮想通貨市場における低迷を受けて全般的に下降傾向にあります。過去30日間におけるBMC価格は0.4 – 0.9ドルの間で推移しています。

Blackmoon関連記事

論説:ロビー活動によりブロックチェーン産業が世界的に活性化

仮想通貨規制に対する世界的な関心の高まり

仮想通貨取引詐欺:自分の仮想通貨資産を守るには

ICO後:Blackmoon創設者、Oleg SeydakとのQ&A

フィンテック企業「The Floor」、「ブロックチェーン・ファクトリー」を開設、中国とインドへの展開を模索

ICO(新規仮想通貨公開)下落の要因

Medium掲載記事:

「継続的貢献者」へのBMC配当

Blackmoonプラットフォーム始動

最新情報へのアクセスは以下のリンクから:

ウェブサイト:blackmooncrypto.com
Telegramチャット:https://t.me/blackmooncrypto
Blackmoonダイジェスト:https://medium.com/blackmoon-digest
親会社ウェブサイト:blackmoonfg.com

関連記事

  1. Blackmoon

    3名に1BCHをプレゼントします。

    3名に1BCHをプレゼントします。前日このようなTweetをし…

  2. Blackmoon

    Blackmoon月間ダイジェスト 2018年2月

    第1四半期の始まりは、ここBlackmoonでは活気がないということは…

  3. Blackmoon

    Blackmoon月間ダイジェスト 2018年3月

    2月にスマートコントラクトのテストが全て終わり、本日はかつてなく製品発…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP