Dorado

ロボット、ドローン、AI! 現代のテクノロジーは、未来のスマートシティの中でどのように配送業界を形成するのか?

AIに誘導された輸送への移行速度は、市民を驚かせるかもしれません。Microsoft Research のEric Horvitz常務取締役が率いる調査チームによると、自動運転車は2020年までに広く導入されますが、それは自動車だけではありません。無人配送トラック、自律走行型ドローン、パーソナルロボットも当たり前になります。

優れた都市経営には、公共のサービス、交通、配送サービスを円滑に運営する維持管理が含まれます。迅速な商品配送の需要は急速に高まっていますが、これに対するインフラを私たちの都市は保有しているのでしょうか。

家、職場、大学、もしくはお祭りにいると想像してください。あなたは空腹です。問題は周囲に良いレストランがないことです。あなたならどうしますか。最近まで、最も近いレストランまで歩く、もしくは出前を1時間待つ必要があったでしょう。未来のスマートシティでは違います。さらに、未来はあなたが思っているよりも近づいている可能性があります。.

Doradoは革新的なオンデマンド配送会社であり、自動AIガイドロボットに公園やオフィスなど従来からサービスが不十分な場所へ飲食店の料理を配達させることで、飲食業の改革を計画しています。

Doradoの共同創設者であるJonas Karosasの説明によると、職場や公園などのエリアで簡単に利用できる食べ物の需要が順調に伸びていますが、配送業界はこれらの変革に適応していません。

「配送業界がいつも奮闘している課題から生じた結論があり、それは市街地への配送技術は常に不完全であるということです。それに対するアイデアは、我が社のプラットフォームを利用した何千もの飲食店によるネットワークです。各飲食店にはロボットが割り当てられます。各店舗は寿司やサラダなどの料理や飲み物をこれらのロボットに入れますが、そのロボットには食べ物を保存、陳列する冷蔵部分があります。そして、多くの人たちがいるのに食べ物の選択肢がたくさんないエリアへ、そのロボットは配置されます。食べ物や飲み物が売り切れたらいつでも、我々は通知を受け取り、クーリエのネットワークを利用して、ロボットへ再び料理を補充することができます。

ロボットはまさに文字通り都市を学び、新しいエリアに及ぶにつれて内部に地図を作成します。そうすることで、彼らは難題に取り組んでいるように見えます。

Doradoの長期的な目標はこれらのロボットを利用して配達費用を約80~90%抑制し、さらに都市の中に完全に新しい部類の商業を開設することです。そのうえ、これらのロボットは飲食店だけではなく全ての事業店舗を対象にしています。

広く報道されたPrime Airサービスの公表から3年後、Amazonは初の商用ドローン配送をイングランドの田舎にある農家に向けて実施しました。その前月、コンビニエンスストアチェーンの7-Elevenは顧客に対して、ピザと市販薬のオンデマンドによるドローン配送を数十回、達成しました。その間にルワンダでは、配送ドローンの初期商用試験が実施され、医療施設が血液を調達する時間が4時間からわずか15分に短縮されました。

食料店から薬局、電気用品店まで、人道的なサービスとそれを越える将来の配送サービスは全てがAIに誘導され、未来のあらゆるスマートシティの不可欠な部分となります。

 

45%のボーナストークンを受け取ってICOに参加する方法

 

関連記事

  1. Dorado

    ポーランドの出前サービス市場を攻略

    ホワイトペーパーをご覧になれば、私たちがかなり野心的な拡大計画…

  2. Dorado

    ICOを実施し、今や時価総額1億2000万ドルとなった企業の共同創業者が、DoradoのICOに投資…

    みなさん、こんにちは。私のことをご存じない方もいらっしゃることでし…

  3. Blackmoon

    3名に1BCHをプレゼントします。

    3名に1BCHをプレゼントします。前日このようなTweetをし…

  4. Dorado

    なぜ、Doradoのトークン価値は上昇するのか?

    我が社の投資家から最も頻繁に聞かれる質問のひとつは、「DORトークンの…

  5. Dorado

    Doradoの人工知能がオンラインショッピングを変える

    この企業はフードデリバリープラットフォームのFoodoutを開始し、こ…

最近の記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP