海外情報

下げ相場は「ほとんど終了」、仮想ファンドマネージャーが主張

Crypto Asset ManagmentのTimothy Enneking常務取締役は月曜日に、仮想通貨市場の冬は「ほとんど終了」していると述べた。

昨年に創設されて約2,000万ドルの運用資産を持つCrypto Asset Managementは、CAMCrypto30仮想通貨インデックスが1月の最高値から69%も下落したのを目にした。Ennekingはその暴落には4つの理由があると考えている。

資産の整理統合、規制への懸念、Mt. Goxの管財人による大規模な会社清算、そして給与と経費を支払うために新興企業による仮想資産販売の全てが、全体的に市場が下落した要因であると彼は記している。

「2017年の素晴らしい上昇後の整理統合」により、仮想通貨への投資資金のいくらかは引き戻されたと彼は述べた。

最近の規制措置により、投資家も慎重になりそうである。彼は特定の出来事を引用しなかったが、そのレポートが公表されたのは、米国証券取引委員会がICOをおこなう新興企業に召喚状を発したわずか数週間後だった。

ある高官は数十件が調査中であることを認めたが、証券取引委員会がまさに何を探しているのかについては明確でないままである。

他のふたつの理由はそれほど影響を与えなかっただろうと、Ennekingは述べた。

これらの要因により仮想通貨市場の大部分はすでに価格設定されていて、最近になって暴落はあったが、過去15か月間でそれでも600%以上も上昇していると彼は書いている。

仮想通貨市場全体におけるBitcoinのシェアが12月20日の45.7%から44.3%に下落していることについても、Ennekingは注目した。この「BTC支配」の低下は、Bitcoinと他の仮想通貨との相互関係の減少とも一致していると彼は記載している。

減少した相互関係が何を意味するのかについてはコメントされていないが、個々の仮想通貨の品質がその市場価格にさらに大きな影響を及ぼすことが指摘される可能性がある。

これらの要因が組み合わさって、市場は間もなく回復するべきであると示唆されていると、彼はレポートの中で記した。

 

 

関連記事

  1. 海外情報

    「単なる一時の流行ではない」CFA試験が仮想通貨やブロックチェーンを課題に追加

    今度こそ、仮想通貨がウォール街にたどり着いた確実な兆候と言えるかもしれ…

  2. 海外情報

    OKCoin(オーケーコイン)のCEOがリークされたチャットの中で中国との協力関係を示唆

    中国最大手の1つに挙げられる暗号通貨取引事業所の設立者が、政府との、よ…

  3. 海外情報

    George Soros、暗号通貨取引に向け準備

    暗号通貨を「バブル」と1月に呼んだばかりのGeorge Sorosです…

  4. 海外情報

    ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の今後に関し 強気でいられる5つの理由

    「東京のクジラ」(マウントゴックスの破産管財人を務める弁護士の呼称)に…

  5. 海外情報

    シンガポール政府、仮想取引を禁止する十分な論証はないと述べる

    シンガポール金融管理局は仮想通貨の動向を調査していて、仮想取引を禁止す…

  6. 海外情報

    Peter ThielのFounders FundがBitcoinを数百万ドル購入

    Facebookに当初、投資したことで知られるシリコンバレーのベンチャ…

最近の記事

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP