海外情報

下げ相場は「ほとんど終了」、仮想ファンドマネージャーが主張

Crypto Asset ManagmentのTimothy Enneking常務取締役は月曜日に、仮想通貨市場の冬は「ほとんど終了」していると述べた。

昨年に創設されて約2,000万ドルの運用資産を持つCrypto Asset Managementは、CAMCrypto30仮想通貨インデックスが1月の最高値から69%も下落したのを目にした。Ennekingはその暴落には4つの理由があると考えている。

資産の整理統合、規制への懸念、Mt. Goxの管財人による大規模な会社清算、そして給与と経費を支払うために新興企業による仮想資産販売の全てが、全体的に市場が下落した要因であると彼は記している。

「2017年の素晴らしい上昇後の整理統合」により、仮想通貨への投資資金のいくらかは引き戻されたと彼は述べた。

最近の規制措置により、投資家も慎重になりそうである。彼は特定の出来事を引用しなかったが、そのレポートが公表されたのは、米国証券取引委員会がICOをおこなう新興企業に召喚状を発したわずか数週間後だった。

ある高官は数十件が調査中であることを認めたが、証券取引委員会がまさに何を探しているのかについては明確でないままである。

他のふたつの理由はそれほど影響を与えなかっただろうと、Ennekingは述べた。

これらの要因により仮想通貨市場の大部分はすでに価格設定されていて、最近になって暴落はあったが、過去15か月間でそれでも600%以上も上昇していると彼は書いている。

仮想通貨市場全体におけるBitcoinのシェアが12月20日の45.7%から44.3%に下落していることについても、Ennekingは注目した。この「BTC支配」の低下は、Bitcoinと他の仮想通貨との相互関係の減少とも一致していると彼は記載している。

減少した相互関係が何を意味するのかについてはコメントされていないが、個々の仮想通貨の品質がその市場価格にさらに大きな影響を及ぼすことが指摘される可能性がある。

これらの要因が組み合わさって、市場は間もなく回復するべきであると示唆されていると、彼はレポートの中で記した。

 

 

関連記事

  1. Cindicator

    Cindicator Bot:12月サマリー

    2017年は仮想通貨アセットにとって大きな年でした。仮想通貨の合計時価…

  2. 海外情報

    プーチン命令: 2018年7月頃、ロシアで暗号通貨を合法化

    ロシア当局は、暗号通貨市場を合法化する新法案の可決を2018年の夏頃に…

  3. 海外情報

    仮想ファンドで脇に追いやられたままの機関投資家-レポート

    年金基金、資産管理事務所、政府系ファンドなど、半数近くの機関投資家たち…

  4. iXledger

    iXledgerプラットフォームのアップデートなどについて

    開発の進捗状況と通常のアップデートについてお知らせします。iX…

  5. 海外情報

    MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

    世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。2016年には母…

  6. 海外情報

    フィリピン証券取引委員会、暗号通貨規制法の制定へ

    フィリピン証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨取引の規制における法的枠…

最近の記事

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP