海外情報

仮想ファンドで脇に追いやられたままの機関投資家-レポート

年金基金、資産管理事務所、政府系ファンドなど、半数近くの機関投資家たちは仮想通貨ファンドに納得していないか、少なくともまだ納得していない。この点について、代替投資会社であるContext Capital Partners LPのレポートによると、マイアミの会議で数百人の投資責任者から2月2日までの3日間に回答を得た。

投資専門家には受益者責任があり、料金、予期される運用益やリスクなどの特徴に基づいて資産分配へのあらゆる変更を調査する。メンバーの投資ポートフォリオ内に仮想通貨ファンドがもしあれば、その役割に関して彼らには電話をする時間がもっと必要である。

4分の1をわずかに上回る調査対象者は、仮想通貨は「合法的なアセットクラス」であると述べた一方で、同じ割合の対象者が「詐欺的」というカテゴリーとの関連性を見い出している。45%の対象者は明確に回答しなかった。

調査によると、Bitcoinと他のアルトコインは世界のGDPにおいて2桁のバーセンテージを占めることになり、年金基金などの機関投資家は今にも予期しない出来事が起こるというカテゴリーに対して、自分の投資ポートフォリオのより多くのパーセンテージを向け始める必要のある可能性が高い。

投資担当の3分の2以上の人たちが2018年の株式に期待しているのは、2017年の実績の跡を追うことであるため、どこで彼らが運用益を生み出すつもりなのかは不明確である。そして、彼らの約5分の1は前年と比べて横ばい状態の運用益を予期している。より大きな多様性を求めている投資家は仮想通貨とESG(環境・社会・ガバナンス)戦略にさらに関心を向けるが、わずか11.2%の担当者のみが今年、仮想通貨を活用する予定である。

その一方で、仮想通貨に専念する投資ファンドの数は昨年に急増し、Bloomberg で引用されたAutonomous Researchによると、2016年に比べて8倍以上の160となった。しかし、取引される仮想通貨とその取引所に関する規制の枠組みがどうなるのかを政策立案者が明確にするまで、投資マネージャーは脇に追いやられるかもしれない。デジタルトークンの発行者や、例えばヘッジファンドなどの代替投資ファンドへの捜査でも明らかなように、ウォール街の規制機関はICO、ファンド、取引プラットフォームを厳しく取り締まっている。

事例証拠

それと同時に、2017年の年末にBitcoinの価格が記録的な水準でピークに達する前でさえ、ジョンズ・ホプキンス大学とメリーランド州退職年金制度の研究者たちは、Bitcoinの「従来の投資ポートフォリオに対する独特な多様性の恩恵」を指摘し、価格の不安定さにもかかわらず「安定している」と特徴付けた。研究者たちは、「機関投資家へのBTCの割当が不足」し1.3%の割当が推奨されるという結論を下した。

その対極として、ロシアの政府系ファンドの責任者はブロックチェーンへの接触を探るが、Bitcoinは「バブル」なので関わらないだろうとCNBCに語った。

 

 

関連記事

  1. 海外情報

    Bitcoin、Etherに地位を明け渡し、Etherが時の仮想通貨に。

    今年の初めから、Bitcoinの価格が倍以上に上昇しており、この数ヶ月…

  2. 海外情報

    シンガポール政府、仮想取引を禁止する十分な論証はないと述べる

    シンガポール金融管理局は仮想通貨の動向を調査していて、仮想取引を禁止す…

  3. 海外情報

    英国の監視機関、今年後半に仮想通貨に関するレビューを公開予定

    英国の金融監督兼、市場の監視役は、仮想通貨に関するその政策的考え方を、…

  4. ブログ

    NEO2.0へのアップデート

    今回の全体相場下落の際に、いくつかのコインの安いところを拾い集めていま…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP