Popy

中国人投資家が暗号通貨と不動産を好む理由

中国人投資家に最も人気のある資産クラスとしてBitcoin と不動産の2つを挙げることができます。これらはともに彼らの投資における限られた選択肢の中で高い利益を出している資産クラスであることから、とりたてて驚くべきことではないでしょう。Bitcoin は他の資産クラスとは異なり中国経済と連動していないため、その他の現地投資に対する優良なヘッジにもなります。2016年の初頭以降の1,800%を超える 桁外れの累積利益率により、何百万人もの人々が今年の反転にもかかわらず、Bitcoin への投資とマイニング(去年禁止)に確信を持ち続けてきました。ICOおよび暗号通貨取引の禁止にもかかわらず、中国は60~70%の市場シェアを維持し、世界最大のBitcoinホルダーおよびマイナーとしての地位にとどまっています。

中国人投資家の間では、海外不動産も投資ポートフォリオを多様化するための人気の高い資産クラスとなっています。全米不動産業者協会(NAR)によると、徹底した資本統制にもかかわらず、中国人は4年連続で米国内の物件の購入件数において上位にとどまっており、2016年4月から2017年3月にかけて、総額317億米ドル(前年比+16%)に及ぶ40,572件 (前年比+39%) の住宅ユニットを購入しています。NAR はさらに、これらの中国人バイヤーの65%が物件を現金で購入しており、米国の住宅ローンを利用した買主は26%にすぎないこと、ならびに人気があるのは依然変わらず郊外の一戸建て住宅であることを報告しています。中国の高層マンションで暮らす中国人バイヤーが、良い学校が近くにある、裏庭が付いた1件家を購入したいと思うのは、意外なことではありません。

1平方フィート当たり1000米ドル超という今日の北京における平均的な住宅価格は、不動産価格が最も高い米国のいくつかの州とそう変わりません。しかし大気汚染にさらされた北京でのアパート暮らしとは異なり、米国では同等の価格で、より澄んだ空気、より優良な学区、世界有数の医療施設へのより便利なアクセスを手に入れることができます。近年、中国人の間で米国の住宅の購入熱が高まっている理由はそこにあります。

しかし中国人の住宅購入者は、国民1人当たり5万米ドルという資本統制(中国から米国に1年間のうちに移動させることのできる資金額)に意欲を挫かれてきました。Bitcoin価格の上昇により、暗号通貨で海外のドリームホームを購入した中国人もいますが、中国政府による最近の暗号通貨取引の禁止措置により、この熱狂は沈静化しています。暗号通貨を国外で取得したと主張することができる海外在住の中国人投資家は、暗号通貨による海外不動産の購入におけるリクエストを送信し、それ以外の投資家は、米国や欧州の安価(10~20万米ドル)なファミリー物件に目を向けています。

Propy は海外不動産の購入を望んでいる中国人投資家を支援し、その暗号通貨投資の一部を多様化することができる状態にあります。当社のWebサイト上で行われている不動産検索の半数以上が中国からのものです。政府による資本統制にもかかわらず、海外不動産に関する中国人からの問い合わせは後を絶ちません。これらの問い合わせの数は、当社の物件リストがSinaやWeChatといった中国メディアに掲載されるようになれば、さらに増えることが予想されます。

中国人が夢のマイホームの場所を選ぶ方法

多くの中国人は、住宅を購入したい国と都市をすでに決めています。米国内で人気のある都市は、コスモポリタンで、多様な人口構成を特徴とし、有名校や大規模なアジア人コミュニティを擁するニューヨークやロサンゼルス、そしてベイエリアです。その他にも、より高い価値と素晴らしいライフスタイルを提供する、別荘としても最適なシアトル、シカゴ、ボストン、デンバー、マイアミも中国人にとって魅力的な都市となっています。中国人家族の選択基準の上位に来るのは移住と教育であり、その点において米国は最も好ましい移住先として認識され続けています。

近隣の様子や学校など、購入を検討している物件に関する調査を行うのは中国人も米国人も同じです。ほとんど英語を話さない中国人は、ソーシャルメディアや不動産Webサイト等に掲載されているオンライン情報のほか、親族や友人の意見に頼る傾向があるため、親族や友人宅の近所の物件を購入し、小さなコミュニティを形成します。このように、より便利な方法で海外物件を購入したいと考えている中国人のために閉鎖的なゲーテッドコミュニティを構築し、そこから利益を得ようとする中国人開発業者が続々と海外に進出しています。

Propyが中国人投資家を支援する方法

Propyのプラットフォームは不動産のワンストップショップです。https://www.youtube.com/watch?v=Sjn2h68dNscで、Propyでの不動産投資体験を提供しています。Propy はEthereum ブロックチェーン上で、米国の法律に準ずるスマートコントラクトを開発しました。これにより、物件を現金で購入する外国人/現地人の買主は、オンラインで購入手続きと支払いを行うことができます。買主と売主はPropyのスマートコントラクトにより、法定紙幣、Bitcoin、ETHのいずれかにより全額の支払いを行うことができます。Propyが構築した分散型のデジタル土地登記所は、ブロックチェーン上での売主から買主への権利証書の移転を可能にします。これには地方当局の登記簿への記録も伴います。その好例は、バーモント州との連携によるブロックチェーン上での不動産登記であり、その詳細はInman の記事で確認していただくことができます。この記録は変更することができず、不動産所有権の追加的な証明としての効果を永遠に保持します。現地の法律や慣行に精通していない中国人バイヤーや、英語を話したり読んだりすることがほとんどない人々は、取引の手順の1つ1つがブロックチェーン上に記録されることにより安心感を得ることができるだけでなく、将来はPropy上で中国語によるサービスを受けられるようになります。

ブロックチェーンの利点は透明性の高さです。それにより不正行為を防ぎ、取引を迅速に行うことができ、いつでも個人の秘密鍵であらゆる関連文書にアクセスすることができます。

中国では今、海外に家を持ちたいという熱意が高まっていますが、中国人による海外不動産の総所有件数は世界で18位にすぎません。この事実は、海外不動産の購入における近年のブームは当分クールダウンしそうにないことを物語っています。Propyが中国人投資家をターゲットとする理由はそこにあります。近日中に、暗号通貨投資と不動産投資との相関性に関するさらに詳しい情報を提供いたします。

Propyに関する、あるいはブロックチェーン上での不動産取引に関するさらなる詳細は当社のウェブサイト( www.propy.com )でご確認ください。

 

 

関連記事

  1. Popy

    ブロックチェーンベースの不動産取引における将来

    流動性と中央主権化が、(とりわけ海外物件を…

  2. Popy

    最後のICOチャンス。

    「ICOはもう終わった」と言われていますが、そうは思いません。…

  3. Popy

    ニューヨーク市のConsensus会議で最もイケてるブロックチェーン新興企業

    何千人もの企業家と技術者が、NYC Blockchain Weekのた…

  4. Cindicator

    ポートフォリオ内の有望アルトコインを紹介します。Part 2

    2017年の結論から行きますと、時価総額100位以下の銘柄は時価総額5…

  5. Popy

    パリス・ヒルトンの父、16世紀ローマ建築のマンションをブロックチェーンオークションにより売却へ

    暗号通貨によるマンション売却における直近の例として、リアリティ番組のス…

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP