SIRIN LABS Token

ブロックチェーンにおける成長期の痛み、それは完璧な台帳が存在しないこと

Kik InteractiveがStellar & Ethereumの併用を開始
ブロックチェーンにおける手数料の上昇と速度の低下

メッセージアプリのディベロッパーであるKik Interactiveは、昨年約1億ドルの資金調達に成功し、Ethereumブロックチェーン上でのサービスのローンチに漕ぎつけている。しかしその台帳技術が同社に最高の成果もたらすものでないことに気付いた。

同社は、既存のシステムに完璧なものはないという理由により、事業のいくつかをStellarと呼ばれる別のデジタル台帳に移行するとともに、Orbsの技術を用いてカスタムブロックチェーンを構築している。

Kikは数百万人ものティーンエージャーが使用しているメッセージングアプリをすべてEthereum上で実行することを望んでいたが、ブロックチェーンが渋滞していることが多く、取引の確認に時間がかかり、費用もかさんだ。この渋滞の主な原因は、ユーザーがブロックチェーン上でデジタルキャットを育てることができるCryptoKittiesというアプリの人気が急上昇し、ブロックチェーンを塞いでしまっていることだ

Kikの経営企画部長Tanner Philp氏は、電話インタビューで次のように語っている。「暗号通貨の周辺では多くの素晴らしいイノベーションが起こっていますが、その使用には常にいくつかの制限が伴います。」「これらの制限に悩まされ始めたのは、9月にEthereum上でローンチを行ってから間もなくのことです。」

Kikのような「ブロックチェーン移民」ともいうべき企業は珍しくない。例えばEthereum上でトークンを発行し、当初はIOTA のデジタル台帳に基づく電話の開発に注力していたSirin Labsは2月にCardanoとの統合の意思を示している。

スタートアップ企業はブロックチェーン上でアプリケーションを構築する過程で、あらゆる技術に利点があれば欠点もあることに気付かされる。すべての問題を解決する技術は存在しない。例えばトークンの発行はEthereum 、国際決済システムはStellar がずば抜けている。数百にも及ぶデジタル台帳がすでに存在しているにもかかわらず、ほぼ連日、新たな台帳が出現しているように思われる。これらの台帳の多くはBitcoinやEthereumといった既存技術のコピーにいくつかの新機能が追加されたものだ。

支援団体Coin Centerの執行役員Jerry Brito氏は電話インタビューで次のように語っている。「ブロックチェーンにはそれぞれ独自性があり、開発したチームも、ロードマップも異なっています。」そしてこう付け加えた。「他に移行した方がいい場合もあります。」

関連記事

  1. SIRIN LABS Token

    新たなSIRIN LABSとの出会い

    この数か月間、我が社のマーケティング、プロ…

  2. Blackmoon

    3名に1BCHをプレゼントします。

    3名に1BCHをプレゼントします。前日このようなTweetをし…

  3. SIRIN LABS Token

    Huawei、ブロックチェーン機能提供サービスを開発

    世界第3位の携帯電話メーカー、Huaweiは、ブロックチェーンネットワ…

  4. SIRIN LABS Token

    SIRIN Labs Token (SRN)仮想通貨の広告にリオネル・メッシが起用

    SIRIN Labs Token (SRN)は、この24時間で価格が約…

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP