Blackmoon

ICOの後に: Blackmoon Crypto CEO、Oleg SeydakとのQ&A

 

Blackmoon Cryptoはフィンテックのブロックチェーンを基盤とする企業で、昨年夏のICOでは3,000万ドルを調達しました。

この企業はユーザーに投資資金を作成、宣伝、展開、管理させる一方で、法令順守から企業構築までの技術とインフラの全分野をカバーしています。

同社CEOのOleg Seydakは以前、ヨーロッパでオルタナティブレンディングの先駆者となったベンチャーキャピタル企業、Flint Capitalの共同創設者でした。

2015年6月から2017年7月まで、Blackmoonは1億ドル以上の取引量を処理し、9か国で運用を開始しました。

 

Monty Munford:Blackmoonは、投資業界の中で伝統的(不換)世界と暗号世界を結び付けることを望んでいます。これはなぜ必要なのでしょうか。 

Oleg Seydak::歴史上のあらゆるイノベーションは、理解されて主流として受け入れられるには時間がかかります。確実性と安定性に欠ける初期の期間は投資家にとってマイナス面になるかもしれませんが、それはドットコムバブルの場合と同じなのです。 

 

分散型台帳技術(DLT)とスマートコントラクトで見られる技術革新を我が社は使用し、財政投資をトークン化しています。今、目にされている価格変動は、私たちが業界に持ち込んだイノベーションとは関係ありません。

我が社は単により優れた、安価で迅速なモデルを提供し、受け入れられていて当たり前になり、価格に盛り込まれている無関係な費用の多くを中抜きします。

 

分散化への解決策はブロックチェーンだけですか。他の選択肢はあるのでしょうか。

分散型取引権限と、価値譲渡にとって信頼できる取引相手が提供可能な競合する解決策はたくさんあります。しかし、同じ考えを持つメンバーの共同体により使用される場合は、DLTが最も効果的です。デジタル世界は、異なるふたつの分散型経済モデルからどちらかを選ぶ必要があるかもしれません。

関連記事

  1. Blackmoon

    Blackmoon月刊ダイジェスト 2018年4月号

    紳士淑女の皆様、私たちは遂に打ち上げに成功…

  2. ICO

    暗号通貨バブルで「つるはしビジネス」を行うICOとは?

    自分のICOの戦略として、加熱しすぎているICOや資金が集まりすぎるI…

  3. Dorado

    DoradoのJonas Karosas CEOがBitcoin財団に加入

    今週、DoradoのJonas Karosas CEOはBitcoin…

  4. Blackmoon

    Blackmoon月間ダイジェスト 2018年3月

    2月にスマートコントラクトのテストが全て終わり、本日はかつてなく製品発…

  5. Dorado

    Dorado、Pigu Groupと提携 -中東欧/北欧の一流Eコマース小売企業

    Doradoは 戦略的パートナーシップを続けていて、そこに中東欧の一流…

  6. Dorado

    2018年最高のICOをご紹介

    2015年頃までに1ドルで購入されたBitcoinは、現在7,420ド…

最近の記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP