Dorado

DoradoのJonas Karosas CEOがBitcoin財団に加入

今週、DoradoのJonas Karosas CEOはBitcoin財団のメンバーになりました。この財団は2012年に創設された最も歴史があって大規模な非営利Bitcoin支持組織であり、連携し合ってBitcoinの利点、使用法、技術要件の認識を高めることを使命としています。

Bitcoin財団に加入する当初の考えは、ブロックチェーンテクノロジーが国際コミュニティにもたらすことが可能な意義深い変革を推進する必要性から生まれました。現在、金融サービスへのアクセスが限定されている世界の特定地域には、信じられない不平等が存在しています。20億以上の人たちが、技術革新から何らかのメリットを得ようと悪戦苦闘しています。

Doradoのビジョンは、透明性があって高品質、環境に優しく誰もが利用可能なオンデマンドデリバリーサービスを促進し、コミュニティの役に立つことです。ドローンやロボットによるエコデリバリー方式を使用し、輸送業界の温室効果ガス排出量と燃料消費量を世界的に削減することを目指しています。

そのため、Bitcoin財団と協力しながら取り組むことにより、ブロックチェーンテクノロジーが世界に提供可能なことについて、認識をより深めて我が社の共有目標を推進していきます。

 

<DoradoのICO参加はこちら>

 

<その他Doradoに関する記事>

 

関連記事

  1. Dorado

    オンデマンドデリバリー部門におけるドローン利用の拡大

    ゴールドマン・サックスは、ドローンがもたらす1,000億ドル超の市場機…

  2. Dorado

    Dorado、欧州での急速な拡大を継続

    先週、Doradoによる最新の買収であるWooopitが、新しいロケー…

  3. Dorado

    クラウドファンディングとICOの隆盛により、個人投資家の勢力が回復

    Uberの驚くべき成功と、公共交通機関の概念を覆すアイデアは、世界中で…

  4. Dorado

    なぜ、Doradoのトークン価値は上昇するのか?

    我が社の投資家から最も頻繁に聞かれる質問のひとつは、「DORトークンの…

  5. Dorado

    AIがオンデマンドデリバリーの未来を形成するのはなぜか

    Doradoには、オンデマンドデリバリー業界への確かなビジョンがありま…

  6. ICO

    暗号通貨バブルで「つるはしビジネス」を行うICOとは?

    自分のICOの戦略として、加熱しすぎているICOや資金が集まりすぎるI…

最近の記事

2019年1月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP