Dorado

2018年最高のICOをご紹介

2015年頃までに1ドルで購入されたBitcoinは、現在7,420ドル相当になっているのではないでしょうか。一貫して8%の投資収益が得られれば大多数の人々が大喜びする時代にあって7,420%のリターンは常軌を逸しているように感じられます。株式や不動産投資で富を築くためには数年はかかりますが、暗号通貨またはICOに投資すればわずか数カ月で同じ利益が得られるのです。

TokenDeskにおけるわたしたちの主な職務は、何千件ものICOを分析し、投資家による「宝石」の発掘、つまり高収益を生み出すICO企業の発見を支援することです。

 

2018年に入って間もなく、今年最高のICOが開催されました。

1年間で10倍の成長が見込まれる実在企業のICOを物色しておられるのなら、他を探す必要はありません。当社が目を付けているのはDoradoという高成長企業です。DoradoはMVP(商用フードデリバリープラットフォーム)のFoodoutをベースとして事業を展開しています。このプラットフォームはすでに6カ国で運営されており、3年間で5000万ドルの売上高、100万人のアクティブユーザー、400万件の注文を獲得し、6227%の成長を遂げています。

Doradoのビジョンは食品にとどまらず「顧客が望んでいるあらゆるもの」を数分で配達するために、既存チームのノウハウ、プラットフォームの中核技術、ならびにユーザーベースを活用する一方で、ドローン、ロボット、人口知能といった最新のイノベーションを取り入れ、すべてのラストマイルデリバリーにおいてブロックチェーン上における「Uber」的な存在となり、グローバル展開を実現することです。

 

オールスターチーム、高需要のトークン

Doradoは、1億米ドル規模の企業の設立にかかわり、その主導的立場にあった最高の人材、主にEbay、Yandex、Ozon、Foodout、Taxify、 IBM, Rocket Internet、Amazonといった大企業の重役から成るオールスターチームを擁しています。投資家にとっての大きな安心は、 Doradoチームがトークンを3年間ロックすることにより、プロジェクトへの長期的なコミットメントを示していることです。ICOを開催するその他の企業の大多数と比較してDorado がいかに成熟しているかを鑑みると、巨額の利益が生じる可能性は高いと思われます。DoradoはすでにICOにフォーカスしたGoldfish Fundを含む機関投資家から400万ドルを調達しており、「オーブンの予熱」を済ませています。残りのトークンは一般に売り出される予定です。

トークン購入希望者は、www.dorado.techから事前に登録を行う必要があります。

 

関連記事

  1. Dorado

    オンデマンドデリバリー部門におけるドローン利用の拡大

    ゴールドマン・サックスは、ドローンがもたらす1,000億ドル超の市場機…

  2. Dorado

    Doradoのトークン焼却の仕組み

    当社のホワイトペーパーを読まれた方は、すで…

  3. Dorado

    Doradoの最高事業開発責任者Tadas CekaviciusがWooopitの買収に関する重大ニ…

    Doradoの野心的な拡大計画は順調に進んでいます。その一環として先週…

  4. Dorado

    DORが2018年最高のHODLである理由

    まず、皆さん全てが抱く疑問から始めましょう。「これはバブルなのか?」ア…

  5. Dorado

    ロボット、ドローン、AI! 現代のテクノロジーは、未来のスマートシティの中でどのように配送業界を形成…

    AIに誘導された輸送への移行速度は、市民を驚かせるかもしれません。Mi…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP