Popy

バーモント州の女性がブロックチェーンによる世界初の不動産取引

2月20日、バーモント州の住人であるKatherine Purcellは、米国で初となる完全にブロックチェーンによる土地譲渡をおこなったことを正式に認めた。

Purcellは逆に暴露した「私は少し心配だったのです。自分のやったことが信用できなかったみたいで。」

さらに付け加えた「それはともかく、このようなイノベーションにワクワクしますね。証書やさまざまな文書が保護される点で、暗号の力は素晴らしいです。」

 

これらの手続きは、サンフランシスコに拠点を置く新興企業のPropyがおこなったと考えられている。同社はサウスバーリントン市と協力して、同市の記録体制の利用とは異なり、土地譲渡証書の記録にブロックチェーンの活用を開始した。Propyが述べているように、バーモント州はこのような会計処理を認めた主な州のひとつである。

彼女の取引は現在、Propyが運営しているEthereumブロックチェーン上に、他のデジタル通貨取引とほぼ同様に保管されている。

Purcellが持つ印刷物のスクリーンキャプチャーについては、木曜にマネー関連のブログ、Zero Hedgeが説明した。Propyの不可解な資金源を引用した記事は、本件はPropyが準備した土地買収の初期段階であると述べた。

 

「この初となる合意により、手が付けられていない49州の土地について手続きを繰り返すには、かなり負担が軽くなりました。」

情報筋はZero Hedgeに明かした「実際、アリゾナとコロラドが間近です。」

 

これは米国でPropyが完了した初の取引であるが、2017年10月にウクライナでおこなわれたブロックチェーン上の世界初となる土地購入もPropyは推進した。この取引はTechCrunchの筆者であるMichael Arringtonによるもので、彼はウクライナのキエフにあるロフトを遠く離れた場所から60,000ドルで購入した。CrunchBaseによると、ArringtonはPropyの取締役のひとりである。

 

2017年9月、同社はデジタル通貨の基礎となるコインオファリングで、1,500万ドルをかき集めた。東部時間の午後6:10現在、そのトークンの交換レートは1ドルである。

この新興企業が新たな道を進む中、Purcellは前方に広がるPropyの輝かしい未来を信頼している。

「Propyで一般住民と協力するなんて、信じられません」と彼女は話している「この技術は特定の取引に理想的なことを、私は調べ上げました。土地取引はそのうちのひとつです」。

関連記事

  1. Popy

    不動産スペースにおけるブロックチェーン技術の適用が進行

    ブロックチェーン技術の人気が高まる中、多く…

  2. Popy

    中国人投資家が暗号通貨と不動産を好む理由

    中国人投資家に最も人気のある資産クラスとしてBitcoin…

  3. Cindicator

    ポートフォリオ内の有望アルトコインを紹介します。Part 2

    2017年の結論から行きますと、時価総額100位以下の銘柄は時価総額5…

  4. Popy

    ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させるか

    「ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させ…

最近の記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP