Popy

バーモント州で米国初の実証実験、不動産取引の全手順をブロックチェーン化

バーモント州サウスバーリントン市のパイロットプログラムは、ブロックチェーンを使用した国際不動産売買のPropy(プロピー)の協力により、米国内で完全にブロックチェーンベースでの不動産取引を完成させた。3月8日火曜日付でフィナンシャルブログZeroHedge(ゼロヘッジ)が報じた。

Propyの関係筋がZeroHedgeに答えたところによると、全手順をブロックチェーンベースとした不動産取引のトランザクションの完成は米国内で初のケースであり、これにより南バーリントンは「グローバルブロックチェーン・リーダー」の地位に立ったという。

仮想通貨価格情報のCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)のデータによると、Propyは1,770万米ドル(約18億8,000万円)前後の規模を持っているとされ、仮想通貨PROは現在1米ドルをやや上回る相場で、報道時から24時間のレートは約5.3パーセント下落したという。

サウスバーリントン市は今年1月、ブロックチェーン上の台帳に不動産取引情報を記録する技術の実証実験のため、Propyのパイロットプログラムの利用を発表していた。

ウクライナのE-ガバナンスのエージェンシーも、2017年8月にパイロットプログラムでのPropyとの協業を発表しており、海外投資家向けの不動産オークションの取引所としてPropyのプラットフォームを採用している。

不動産とブロックチェーン技術の融合はPropyの思惑を超えて成長している。

ロンドンで物件のtokenization(トークナイゼーション)を提供するブロックチェーンプロジェクトや、日本のメガソーラー(太陽光発電所)で発電量をトークン化して需要家に配分する電力取引のブロックチェーンなどの成功事例が創出。

不動産を仮想通貨で購買できることが、全世界の多様な都市で暗黙の了解になりつつある。

関連記事

  1. Popy

    Propyに関する概説 – 不動産革命

    物件の購入は、手続きが面倒なだけでなく、利…

  2. Popy

    ブロックチェーンベースの不動産取引における将来

    流動性と中央主権化が、(とりわけ海外物件を…

  3. Popy

    中国人投資家が暗号通貨と不動産を好む理由

    中国人投資家に最も人気のある資産クラスとしてBitcoin…

  4. Popy

    ブロックチェーンと不動産の型破りな親密関係

    ブロックチェーン上に自宅を載せる?それが意味することは?仮想通貨で不動…

最近の記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP