海外情報

PayPal、より高速な仮想通貨決済技術を探求

新たに公開された特許出願によると、PayPalは仮想通貨決済のスピードを上げる方法に注目している。

米国特許商標庁(USPTO)が3月1日に公開した「高速仮想通貨決済システム」の出願は、舞台裏で購入者から販売者へプライベートキー(保有仮想通貨の取引や管理に使用される数字や文字のつながり)がやり取りされていることについて、詳しく述べられている。

このコンセプトの目的は、トランザクションが送信されネットワーク上で次のブロックに含まれるまで待つプロセスを避けることにより、消費者と業者との間の決済時間を短縮することである。これをおこなうことで、PayPalは購入者と販売者に向けて独自のプライベートキー付き第2ウォレットを作成する方法を提案した。このシステムは、あらゆる仮想通貨の正確な金額に応じたプライベートキーを転送する。

この出願は次のように説明されている。

「今回、公開されるシステムと方式は実際のところ、仮想通貨決済で同定される支払額に等しい仮想通貨の所定額に関連する仮想通貨ウォレットに含有されるプライベートキーを受取人へ転送することで、仮想通貨決済の中で受取人が確実に仮想通貨の支払いを受領するために待機しなければならない時間を削減する」

2014年に開始された決済ハブを通じて、販売者の仮想通貨受け入れを可能にするパートナーシップをBitcoin決済業者数社と結んだことについて、PayPalが発表してから数年後という点で、今回の提出は注目に値する。

PayPalの共同創設者であるピーター・ティールも、自らが共同設立したベンチャーキャピタル企業Founders Fundを通じて、Bitcoinへ重点的に投資していると伝えられている。

関連記事

  1. Popy

    ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させるか

    「ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させ…

  2. Vechain

    2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

    中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとク…

  3. 海外情報

    イスラエルのビットコイン企業、口座開設を拒否した銀行を提訴

    1月に起業したイスラエルの会社が国内全ての銀行に口座の開設を拒否され、…

  4. 海外情報

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し意見を公募

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し…

  5. 海外情報

    タイの金融規制当局がビットコイン先物取引を許可

    タイの投資家は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)およびシカゴオプ…

最近の記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP