海外情報

イスラエルのビットコイン企業、口座開設を拒否した銀行を提訴

1月に起業したイスラエルの会社が国内全ての銀行に口座の開設を拒否され、これらの銀行を起訴しています。銀行口座なくしてイスラエルの取引所が法定通貨による支払いを顧客から受け取ることはできないため、同企業は実質的に事業開始を阻まれています。

 

銀行カルテル

イスラエルのアッコ市に拠点を置き、デジタル通貨取引サービスの提供を目的として設立された新規企業、Bitflash LTDはこの日曜日、国内にある11の全銀行に対し、与信枠なしで当座勘定口座を開かせるようテルアビブ地方裁判所に要請しました。同社は、他の競合企業に類似の口座を開設させているにも関わらず、銀行が口座開設を拒否するのは違法であり、誠意を欠いていると主張しています。

訴状は、銀行がカルテルを違法に形成し、原告の銀行口座開設を不当に阻むことで、原告の事業運営が日々阻害され、日々損害が増していると主張しています。Bitflashにとっては不利なことに、当裁判所では昨年、Bits of Gold対Leumi事件にてビットコイン事業に対しては銀行口座の開設を拒むことができる、という判決を出しています。ただし、個々の銀行を訴えるのでなく、複数の銀行をカルテルとして集合的に訴えることにより、新興産業の成長を阻むために銀行が団結すべきではない、と裁判所が判断する可能性はあります。

 

全ての銀行が拒否

Bitflashによれば、1カ月前の設立当初から同企業はイスラエル国内の各銀行の支店に足を運び、銀行口座の開設を掛け合ってきましたが、これらの支店が皆デジタル通貨関連ビジネスを好ましく思っていないことを理由に、開設はことごとく拒絶されました。支店によっては、「当行はどのような形であれデジタル通貨を取り扱う企業のために銀行口座を開設しない方針である」とはっきり伝えたところもあるそうです。

原告を代理するアロン・ヒューバーマン弁護士によると、Bitflashは銀行側に対し、口座を開設すれば恒久的に残高はプラスになるため、与信枠は必要ない、またイスラエル国内のクライアントから自己の口座に送金することだけが目的の口座であるため当座勘定だけでかまわない、と説得してきました。同社によれば、ある銀行は同社の口座に預金された資金の出所を追跡することが不可能であることを理由に口座開設拒否を正当化し、さらに同じ銀行に口座を持つ個人や事業体からの送金受領だけが口座開設の目的であり、何のリスクもないことを同社が確証したにも関わらず、口座開設を拒否したそうです。

 About Bitcoin 
Israeli Bitcoin Company Sues Banks for Not Letting it Open Accounts - About B...
http://about-bitcoin.com/israeli-bitcoin-company-sues-banks-for-not-letting-it-open-accounts/
Regulation An Israeli firm that was created in January has gotten its enterprise rejected by all banks within the nation, and is now suing them. Without a checking account, an Israeli change wouldn’t be capable to legally obtain fiat transfe...

関連記事

  1. 海外情報

    規制された銀行がEthereum、Bitcoin、Bitcoin Cash、Litecoin、Rip…

    リヒテンシュタインを拠点にロンドンに支店を置く銀行が、5種類のデジタル…

  2. 海外情報

    MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

    世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。2016年には母…

  3. 海外情報

    Bitcoinは来週、なぜ70%以上も回復可能なのかについて、FundstratのLeeが発言

    デジタル通貨は2日連続で下げ相場になり、Bitcoinの価格は重要な基…

  4. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

最近の記事

2019年2月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP