海外情報

旧正月に向けてBitcoinが強気の反転

テクニカルアナリストによると、Bitcoinはまもなく10,000ドルになると予想されるが、投資家の中には旧正月が水を差すかもしれないと恐れている者もいる。

旧正月の休暇(2月15日から)を前に、中国と韓国の人たちは頻繁に(増大する支出の資金として)Bitcoinを不換通貨に換金していて、Bitcoin(BTC)は旧正月に向けて下落傾向にある。

最近のBitcoin(BTC)には納得される方法で9,000ドルを超える力がないため、今年はそのような懸念が拡大する。CoinDeskのBitcoin価格指数(BPI)では2月10日以降、この仮想通貨は8,000ドルから9,000ドルの狭い範囲内に限定されていることが表示されている。.

それでも、歴史データは今月、Bitcoinが上昇する見込みは高いことを示している。

・2012年から2014年の3年間で1月はBitcoinにとって良い月だったが、2月のパフォーマンスはそうでもなかった。
・しかし、2015年以来は明確なパターンが確立され、BTCは1月に下落して2月に価格上昇する。
・今年1月に見られた26%の下落は、月間の落ち込みとしては2015年以降で2番目に大きい。過去3年間に見られたパターンから判断すると、今月は上昇する。

テクニカルチャートによると、Bitcoinは本日、強気の反転パターンが大いに見られた。この執筆時、BPIは約8,800ドルで、CoinMarketCapのデータソースではこの24時間で3.76%値上がりしている。

上記のチャート(Bitstampでの価格)は以下を示している。

・逆ヘッドアンドショルダーのブレイクアウト-強気の反転パターンで、弱気から強気への動向変化を示している。
・過去4時間のローソク足チャートはネックライン上で終わり、上昇傾向のブレイクアウトを確定させている。測定された高さの方式によると、ブレイクアウトは少なくとも11,000ドルに回復する機会を得ている。

 

見解

・歴史データは、2月はBitcoinにとって良い月であることを示している。
・短期的なテクニカルの見通しは強気で、BTCは11,000ドルに上昇する可能性を持つ。
・しかし、今週初めに議論したように、10,000ドル以上の上昇は一時的である。
・弱気のシナリオ:逆ヘッドアンドショルダーのブレイクアウトで利益が得られないことに続き、日々の終了時(UTCによる)価格が7,625ドル(2月2日)を下回ると、かなり売りが進んで5,900ドルから6,000ドルになるかもしれない。

関連記事

  1. ブログ

    中国がBitcoin取引所を認可し、仮想通貨取引を再開させる可能性が高い

    大手メディア「cryptocoins news」で、「中国が仮想通貨取…

  2. 海外情報

    The Plane Truth

    インタビュアー:Plane Truthへようこそ。この番組は、…

  3. ブログ

    中国発の暗号通貨市場大荒れが混迷を極める。

    久しぶりの大荒れでしたね。基本的に自分はビットコイン及び暗号通…

  4. ブログ

    仮想通貨ヘッジファンドの運用益が、年度当初から現在までに2,129%増

    年初より+2,129%という驚異的なパフォーマンスを叩き出した「Alt…

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP