海外情報

旧正月に向けてBitcoinが強気の反転

テクニカルアナリストによると、Bitcoinはまもなく10,000ドルになると予想されるが、投資家の中には旧正月が水を差すかもしれないと恐れている者もいる。

旧正月の休暇(2月15日から)を前に、中国と韓国の人たちは頻繁に(増大する支出の資金として)Bitcoinを不換通貨に換金していて、Bitcoin(BTC)は旧正月に向けて下落傾向にある。

最近のBitcoin(BTC)には納得される方法で9,000ドルを超える力がないため、今年はそのような懸念が拡大する。CoinDeskのBitcoin価格指数(BPI)では2月10日以降、この仮想通貨は8,000ドルから9,000ドルの狭い範囲内に限定されていることが表示されている。.

それでも、歴史データは今月、Bitcoinが上昇する見込みは高いことを示している。

・2012年から2014年の3年間で1月はBitcoinにとって良い月だったが、2月のパフォーマンスはそうでもなかった。
・しかし、2015年以来は明確なパターンが確立され、BTCは1月に下落して2月に価格上昇する。
・今年1月に見られた26%の下落は、月間の落ち込みとしては2015年以降で2番目に大きい。過去3年間に見られたパターンから判断すると、今月は上昇する。

テクニカルチャートによると、Bitcoinは本日、強気の反転パターンが大いに見られた。この執筆時、BPIは約8,800ドルで、CoinMarketCapのデータソースではこの24時間で3.76%値上がりしている。

上記のチャート(Bitstampでの価格)は以下を示している。

・逆ヘッドアンドショルダーのブレイクアウト-強気の反転パターンで、弱気から強気への動向変化を示している。
・過去4時間のローソク足チャートはネックライン上で終わり、上昇傾向のブレイクアウトを確定させている。測定された高さの方式によると、ブレイクアウトは少なくとも11,000ドルに回復する機会を得ている。

 

見解

・歴史データは、2月はBitcoinにとって良い月であることを示している。
・短期的なテクニカルの見通しは強気で、BTCは11,000ドルに上昇する可能性を持つ。
・しかし、今週初めに議論したように、10,000ドル以上の上昇は一時的である。
・弱気のシナリオ:逆ヘッドアンドショルダーのブレイクアウトで利益が得られないことに続き、日々の終了時(UTCによる)価格が7,625ドル(2月2日)を下回ると、かなり売りが進んで5,900ドルから6,000ドルになるかもしれない。

関連記事

  1. 海外情報

    仮想ファンドで脇に追いやられたままの機関投資家-レポート

    年金基金、資産管理事務所、政府系ファンドなど、半数近くの機関投資家たち…

  2. 海外情報

    SEC、2カ月以内に9つのビットコインETFの可否判断へ

    米証券取引委員会(SEC)は今後2カ月以内に9つのビットコインETF(…

  3. 海外情報

    シンガポール政府、仮想取引を禁止する十分な論証はないと述べる

    シンガポール金融管理局は仮想通貨の動向を調査していて、仮想取引を禁止す…

  4. 海外情報

    SECへの新たな申請によってビットコインETFの夢は今も生きている

    ETFの提供会社は規制当局の暗号を解読して、ビットコインに裏付けされた…

  5. 海外情報

    ブロックチェーン:2018年の予測

    2017年はブロックチェーンが興味深い発展を遂げた年でした。また、すべ…

  6. 海外情報

    BlackRockは仮想通貨を検討していると同社CEOが語る

    ニューヨーク(Reuters) - BlackRock Inc (BL…

最近の記事

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP