海外情報

シンガポール政府、仮想取引を禁止する十分な論証はないと述べる

シンガポール金融管理局は仮想通貨の動向を調査していて、仮想取引を禁止する十分な論証はないと政府首脳は議員たちに述べた。東南アジア地域での他国の規制採択は、アジアでより多くの仮想企業が優しいビジネス環境を求めるにつれて、Bitcoinへの立場を明確にするように都市国家政府へのプレッシャーが高まっている。

…と言うのは時期尚早

「仮想通貨の数とさまざまな形式は、国際的に増加しています」とTharman Shanmugaratnamシンガポール副首相は議会で述べた。Bitcoinと通貨の取引を禁止する可能性については、「仮想通貨は実験です。成功すると言うのは時期尚早です」と政治家の質問に回答した。

「いくつかの仮想通貨が成功しても、その完全な意味合いはしばらく分からないでしょう」Shanmugaratnam副首相は、中国や韓国での最近の規制後の政府の意図を尋ねた首相への答弁書で述べた。彼は、金融管理局(MAS、中央銀行)が仮想通貨の動向と潜在的リスクを綿密に調査していることを議員に思い起こさせた。「今のところ、仮想通貨取引を禁止する十分な論証はありません」と副首相は主張した。

先月、Shanmugaratnam副首相はnews.Bitcoin.com が報告したように、仮想通貨に対する政府の立場を明確にした。金融当局はマネーロンダリングやテロ資金供与を防止する目的のために仮想通貨と不換通貨を区別しないと、彼は強調した。MAS担当大臣も、中央銀行は仲介業者として仮想通貨に関わる企業に現行の法的要件を課すと語った。

今回Shanmugaratnam氏が問われたのは、Bitcoinの取引を禁止する動きを政府は考えているのかということと、規制されていない通貨への投資で損失を被った消費者を保護するためにどのような対策が取られるのかということだった。崩壊した仮想通貨市場がシンガポールにどのような影響を与えるのかという評価はおこなわれているのかということに関して、議会は知りたかったのである。副首相は規制の枠組み設置を再考する計画について質問された。

 

金融システムにリスクなし

「現在、仮想通貨の使用法には大きくふたつあります。ひとつは支払手段です。もうひとつはかなり顕著になってきているのですが、仮想通貨は自己の権利として得た資産であるということです」副首相は議員たちに教えた「両者の使用において、ブロックチェーンや分散型台帳の形式として根底にあるテクノロジーは、支払促進と取引決済の際に潜在的に役立つアプリケーションであると証明されるかもしれません」。

副首相によると、MASは国際的な規制の議論に参加している「とは言え、仮想通貨スペースは急速に変化していて、米国、英国、欧州を含めて規制の考えはまだ進展中です」。シンガポールでは仮想通貨を使用した支払いは限定的で、日本や韓国などの国々に比べると取引量は非常に少ないと述べた。

「今のところ、シンガポールにおける仮想通貨の特性と規模は、我が国の金融システムの安全性と健全性にリスクを及ぼしません」

「仮想通貨の使用に関わるブロックチェーンスペースでの検証を引き続き促します。これらイノベーションには経済的、社会的に役立つと分かるものもあるでしょう。しかしその一方、新しいリスクには注意します」と彼は約束した。

 

地域的な仮想通貨プレッシャー

近隣諸国の政府により採択された規制は、仮想通貨への態度を明確にするようにシンガポール当局へのプレッシャーを高めている。それと同時に、東南アジア地域のさらに多くの仮想企業が緩やかな規制環境を求めて、シンガポールに関心を寄せている。

昨年、中国はICOとその主要仮想通貨取引所を禁止したので、Huobi、Okcoin、BTCCは韓国や日本への移転計画を抱えながら、香港へ移った。中国最大のマイニング企業も移転を計画している。最大採掘施設のいくつかを運営しているBitmainは、シンガポールに地域本部を設置すると報道されている。

仮想通貨の規制で中国や日本と協力している韓国は、匿名仮想取引を終わらせる対策を講じている。韓国の規制当局は仮想取引所のクライアントが仮想アカウントを開設するのを防止するため、匿名の仮想取引を終了させる対策を講じている。

ベトナム政府は仮想通貨規制の採択を加速している。タイはICOを規制するさらなる対策を講じている。インドネシアの中央銀行は、仮想通貨の取引に強い警告を発している。Bitcoinによる支払いを受け入れている企業は、政府規制の影響を受けている。

これらの動向全ては、シンガポールに絶好の機会をもたらしている。「禁止する十分な論証がない」場合、政府が「仮想通貨に関わる可能性」がある「実験を推奨する」約束を守るなら、この都市国家は仮想通貨を活用することができる。

関連記事

  1. 海外情報

    BlackRockは仮想通貨を検討していると同社CEOが語る

    ニューヨーク(Reuters) - BlackRock Inc (BL…

  2. 海外情報

    ナスダックCEO:暗号通貨の為替市場となることを『前向きに検討する用意』があります

    時価総額が9兆ドルに上る世界第二位の証券取引所であるナスダックは、統制…

  3. Popy

    ニューヨーク市のConsensus会議で最もイケてるブロックチェーン新興企業

    何千人もの企業家と技術者が、NYC Blockchain Weekのた…

  4. 海外情報

    旧正月に向けてBitcoinが強気の反転

    テクニカルアナリストによると、Bitcoinはまもなく10,000ドル…

  5. 海外情報

    暗号通貨を禁止しない – マレーシア政府職員

    マレーシア副財務相が暗号通貨に対する自国の立場を明らかにした。…

  6. iXledger

    iXledgerプラットフォームのアップデートなどについて

    開発の進捗状況と通常のアップデートについてお知らせします。iX…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP