Vechain

金融包摂に向けてVeChainが 非銀行利用者や恵まれない人たちに注目

VeChainはさらにもうひとりの革新者としてブロックチェーンテクノロジーの世界に参加し、 混雑しているらしい市場の中でのニッチマーケットを目指している。仮想通貨やアルトコインの世界を追っている人たちにとって、過去数週間は興奮、期待、そして絶望に満ちていた。しかしコインから離れてみると、これらコインの背景にある技術としてブロックチェーンテクノロジーは、多くの革新者と共に急速な速さで発展していて、変わりゆくビジネスの期待を満たすためにさまざまな方法でブロックチェーンテクノロジーが活用されている。

VeChainチームは、企業にとって肯定的な結果をもたらすべきであるスケーラブルなソリューションに注目しているようだ。ブロックチェーンテクノロジーに基づく事業が数多くあり、その大半は今のところ概念実証のままである。しかしVeChainにより、ブロックチェーンを使用して開発されている3つの製品に関して物事はやや異なり、それら全ては完全に別の市場に注目しているようである。最近、多くの企業が金融部門の先を思い描いていることに気付くのは、喜ばしくもある。

 

VeChain製品

VeChainによる開発製品の中には、商品輸入に関連して中国企業が使用しているAPIゲートウェイがある。サプライチェーン部門に関するブロックチェーンスペースの展開をいくつか調査すると、VeChain製品には何らかの類似性のあることが分かる。別のクライアントはプライスウォーターハウスクーパースであり、「第三者サービス」のためにテクノロジーを使用していて、これはVeChainテクノロジーが持つ能力の大きな妥当性を意味する。VeChainが手にしているもうひとつの立派な業績は、分散データストレージの分野で遼寧農業科学院と提携していると考えられることである。これら全てのプロジェクトは、彼らにとってかなり重要である。これらの提携が長期間にわたってどのように展開されるかに注意する必要がある一方、今のところVeChainは、主張していることを正確におこなっているように見える。ブロックチェーンをスマートフォンやインターネットに類似した何かに変換することは、おそらくまだ先の話だろう。

 

VeChainが前進する際に期待できるものは何か?

今のところ、VeChainプロジェクトは商標変更運動とVeChain Thorへの移行の準備がすっかりできている。これが起きると、VENトークンもVETトークンに変更されるだろう。さらに、将来の展開とVeChain Foundationのビジョンを一致させるために、権威の証明の合意モデルも必要になる。さらに、限られた範囲内だがノードとマスターノードも必要である。VeChainによるこれらのイベントは興味深いが、特にVeChainがこのプロジェクトにどのような影響を与えるのかについては、まだ分からない。

 

InfoCorpのSentinel Chainとのパートナーシップ

クロスチェーン相互運用性を通じて世界の恵まれない人々を助けるために、VeChainはInfoCorpのSentinel Chainと提携している。全員に権利が与えられるグローバルエコシステムによって、VeChainは常に世界をより良い方向に変えるように努力することを断言している。この取り組みはある程度、ビジネスが協力可能な新しい方法を作成し、発展途上の地域や国々の人々に力を与えることでおこなわれるだろう。VeChain Thorは社会階層を横断して人々への金融サービスと他の機能を促進し、地球上の全員に対して物事を改善するように努力する。InfoCorpとSentinel Chainとの VeChainのパートナーシップが、これらの目標を明確にしている。

 

担保としての家畜

Sentinel Chainはブロックチェーンに基づく国境を越えた金融取引への国際市場を示し、 担保に家畜の使用を認めた世界初のプラットフォームである。家畜の原産地を確立することで、Sentinelは世界的な金融包摂におけるラストマイル問題に対処する独自のアプローチを採用し、ブロックチェーン上で家畜保険を作成して、銀行を利用していない庶民が担保として家畜を使用してローンを得る新たな機会を提供している。

Sentinelとのパートナーシップにより、VeChainは公開されているブロックチェーンプラットフォーム上で家畜の原産地データを発表できる。その結果、個人およびビジネスユーザーは家畜の原産地データ発行へのシームレスなアクセスを得る。しかし、Sentinel Chain は家畜原産地の個人データを保持することを続け、ローカルネットワークのみがクロスチェーンの相互運用技術を使用しているそのようなデータにアクセスが可能である。このソリューションはSentinel Chain上にデータを蓄積するプライバシーを保証することで、セキュリティ機能の活用が可能である。VeChain ThorのソリューションはSentinel Chainと協力し、農業コミュニティへの金融サービスと個人データが安全であることを同時に保証する家畜のデジタルIDの作成を促進する。

 

包括的金融

Sentinel ChainとVeChainの協力は、包括的金融への新たなアプローチも導く。VeChainのCEOであるSunnny Luによると、提供されるソリューションはモノのインターネットとブロックチェーンを使用することで、ASEAN地域内で前向きな社会変化を作り上げることを目指し、データ処理を中心とする新しいビジネスモデルを支援するために健全で基本的なインフラを構築する。パートナーシップはあらゆる個人、特に恵まれない人たちと銀行を利用していない田舎の人たちの権利を保護し、彼らはマイクロファイナンスや家畜保険のような世界に通用する金融サービスが完全に利用できるようにもなると、Sentinel ChainのCEOであるRoy Laiは述べた。

 

望ましい目標

VeChainはSentinel Chainとの戦略的提携の価値を高めるために、東南アジア有数の金融機関と話し合いもしている。これはVeChainのマイクロファイナンスプロジェクトの中では初めてのことでもあり、将来はこれ以上のことが 期待される。VeChainによると、銀行を利用していない人たちに援助することは、VeChain Foundationの第一目標のひとつである。その第一目標に対してさらに重要な資源を活用し、同じ目的を持つ他の企業を招いて技術支援のために彼らと提携することについても、VeChainは主張した。VeChainは全てが含まれるように、グローバルビジネスのエコシステムを変革することを目指している。

関連記事

  1. iXledger

    ポートフォリオ内の有望アルトコインを紹介します。Part 1

    一時期の盛り上がりからはBTCがかなり大人しくなりましたが、自分は相変…

  2. Vechain

    VeChain、湖北Sanxin文化メディアと提携し、出版事業能力を追加

    私たちのコミュニティがすでに知っているように、VeChain は現在、…

  3. Vechain

    2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

    中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとク…

  4. Vechain

    VeChain最高執行責任者、Kevin Fengの紹介

    Kevin Fengにはサイバーセキュリティ、プライバシー、新技術に関…

  5. Vechain

    VeChainによる世界初の暗号通貨ディザスタリカバリプランがPwCの審査を通過

    VeChainは、お客様やパートナーの信頼に応えるために、セキュリティ…

  6. Vechain

    VeChain Thorとは何か? | 初心者ガイド

    VeChain(もうすぐVeChain Thorに変更になります)は、…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP