SIRIN LABS Token

SIRIN LABS Token (SRN) における2018年のレート分析と予測

SIRIN Labsは、P2Pリソースの使用により安全性が確保されたオープンソースのオペレーションシステムを提供している。同社の遍歴は2014年頃に遡る。公式Webサイトによると、SRNは、究極の、ユーザーフレンドリーなブロックチェーン体験をユーザーに提供することができるように設計されているらしい。創立者は、セキュアなオープンソースの家電製品への適用において、この通貨を世界のリーダーにするというビジョンを打ち出している。それが実現すれば、SRNはマスマーケットとブロックチェーン技術の橋渡しにおける重要な役割を演じることになる。

同社は2016年にハイエンド向けの安全性の高いスマートフォン「Solarin」を発売している。この販売価格$14,000の携帯電話の当初開発資金はクラウドセールによって調達された。「Finney」 とは、同社が開発している世界初のオープンソースのブロックチェーン対応スマートフォンとPCの名称である。このスマートフォンにもサイバー攻撃からの保護機能が備わっている。公式Webサイトによると、このスマートフォンの販売は、同社が2500万ドルの調達に成功してからになるようだ。それに加え、PCの開発に5000万ドル、OEMバージョンの提供に75ドルが最低限必要であるとされている。

 

SIRIN LABS Tokenの概要

Sirin Labs は、2500万ドルを調達するためにICOを実施する。そのためのトークンの販売は12月12日から26日にかけて行われた。販売価格は0.47ドルで、Ethereum による支払いも可能であった。Sirin Labs が製造しているFinney スマートフォンは、ブロックチェーン技術に対応し、Android OS上で稼働する。SRN はFinney のデフォルト通貨であり、海外旅行先での接続の維持、CPUの処理能力の高さ、安全でセキュアな送金手段といった機能を誇り、システムの使用は無料である。Sirin Labsは、他の主要暗号通貨には見られない方法で、ブロックチェーン技術を取り入れ、適用してきた。

Sirin Labsの実績と今後の見通し

12月28日時点のSRN価格は0.745ドル前後で、時価総額はゼロであった。1月9日、価格は2.7ドル・ポイントを上回り、時価総額も2億5200万ドルを超えた。価格はその後も上昇し続け、1月22日には史上最高値の3.8ドルに達した。時価総額はその後も数日にわたり漸増し、1月25日には331ドルに到達した。

Sirin Labsは、ブロックチェーン技術に対応する電話の開発を初期の段階で思いついた企業のうちの1つである。CBOE (シカゴ・オプション取引所)やその他の取引所がBitcoin取引における影響力を行使しようがしまいが、SRNの基盤は揺るぎそうにない。

 

関連記事

  1. SIRIN LABS Token

    自由と仮想通貨の地

    アメリカの監督機関のようになっているFacebook、そして今やGoo…

  2. SIRIN LABS Token

    SIRIN LABS / Cardano が戦略的パートナーシップを発表

    EmurgoとCardanoの新たな戦略的パートナーシップについてお伝…

  3. SIRIN LABS Token

    このFINNEY™スマホ機能であなたは1日中、充電いらず

    今週、スペックが公式リリースされたので、F…

  4. Blackmoon

    3名に1BCHをプレゼントします。

    3名に1BCHをプレゼントします。前日このようなTweetをし…

  5. SIRIN LABS Token

    SIRIN Labs Token (SRN)仮想通貨の広告にリオネル・メッシが起用

    SIRIN Labs Token (SRN)は、この24時間で価格が約…

  6. SIRIN LABS Token

    SIRIN LABSとは誰なのか

    SIRIN LABSの物語は、私たちの最初…

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP