Vechain

VeChain Thorとは何か? | 初心者ガイド

VeChain(もうすぐVeChain Thorに変更になります)は、「透明な情報の流れ、協力の効率化、高速の価値移転を可能にする、トラストフリーの分散型ビジネスエコシステム」を構築するという使命を掲げる、サービスとしてのブロックチェーン(BaaS)企業です。

プロジェクトは2年以上にわたって実行されており、近年では稀有な存在になっていますが、実際に役立つ製品を利用している顧客が既に存在しています。高級品、農業、物流、食品/医薬品、政府を含むいくつかの産業において既にVeChainブロックチェーン技術が利用されています。

VeChainでは多くのことが可能です。この技術を利用すれば、サプライチェーン全体にわたって製品を追跡して、商品の真正性と品質を保証できます。また、食品の品質管理も可能です。

本概要を、以下の各項目を包摂するハイレベルの手法により提示していきます。

・VeChainの仕組み
・VeChain Thor
・VeChainチームと進展
・取引
・VEN(VET)の購入場所
・VEN(VET)の保管場所
・結論
・追加のVeChainリソース

 

VeChainの仕組み

VeChainは当初サプライチェーン企業としてスタートしましたが、最近、DAppプラットフォーム(これに関しては後述します)へと発展する計画を発表しました。

サプライチェーンの信頼性

VeChainでは、ブロックチェーン技術と自社製造のスマートチップを組み合わせて、製品ライフサイクルを通じて製品を追跡します。スマートチップは、NFCチップ、RFIDトラッカー、QRコードといった異なるIoT製品内に実装することができます。

最高に興味深い技術のようには思えないかもしれませんが、これは業界を超えて製品品質を保証するうえで重要な役割を果たします。例示にすぎませんが、高級品部門を確認してみましょう。

高級品業界は偽造品により、4500億ドル以上の被害を被っています。ルイ・ヴィトンのハンドバックなどの製品は、生産と流通の間に何度か引き渡されます。引渡しを受ける相手が真正品を手渡そうとしていると信頼できなければなりません。

 

VeChainは、他のブロックチェーン企業同様に、この信頼の必要性を除去します。プロセスのすべての段階において、各製品のスマートチップをスキャンするだけで、正しい製品を受領しようとしていることの保証が得られます。ブロックチェーンは不変の元帳であるため、正確な情報を受領しようとしているという点で信頼できます。

まだ現実化していませんが、この技術がじきに消費者の手に入ると想定するのは突拍子もない話ではありません。すぐに、いかがわしいフリーマーケットの屋台のサングラスを携帯電話でクイックスキャンして、真正性を確認できるようになるでしょう。

 

サプライチェーン物流

偽造品からの保護に加えて、VeChainは簡単な製品追跡の方法により物流システムを改善できます。物流は複雑であり、多くの場合に、企業間で異なる複数の別個のシステムが採用されています。そのため、サプライチェーンでの製品追跡は大変な苦労を伴うことがあります。これはとりわけデータを手入力しなければならない場合に、あるいは、プロセス間での切替え時に、真実になります。

VeChainを利用すれば、製品のスマートチップをスキャンするだけで、関連データをすべて取得できます。これにより企業は常に最新の情報と、各製品の正確な勘定書を手に入れることができます。

IoTデバイスと統合することによって、VeChainは品質管理にも役立ちます。数度の温度変化といったものが製品バッチ全体を損ない得る、食品産業や農業においてとりわけ有用です。

 

VeChain Thor

2017年末にVeChainは、2018年1月中旬に予定するVeChain Thorへのブランド変更の計画を発表しました。VeChain Thorにより、同社はサプライチェーンを超えて、Ethereumに似たエンタープライズDAppソリューションへと移行しようとしています。新規プラットフォームでは以下の2種類のトークンが使用されます。

・VeChainトークン(VET)
・Thor Power(THOR)

VeChainトークン(VET)

VETは、企業がブロックチェーン上で事業活動を行う際のスマートペイメント通貨として、使用されます。より多額のVETを保有する企業は、新規VeChain Thorブロックチェーンにおけるより上位の優先順位とより多くの権利を与えられます。

Thor Power(THOR)

VET保有者はTHORを提供され、これをブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するために、また、アプリケーションを稼働させるために、使用できます。この方法はNEOがその保有者にGASを提供する方法に類似しています。

VET保有者に提供されるTHORの基準生成率:1日1VET当たり0.00042THOR

これは将来の最低レートであり、VeChain Foundationはネットワーク利用状況に基づいて再調整するための投票を開始します。

 

ノード

VeChain Thorでは、ブロックチェーンエコシステムを維持するためにノードに依拠します。ノードはネットワーク維持の報酬としてTHORを受け取ります。4種類のノードがあり、満期日と保有VET額に応じて差別化されています。

Strength Nodes — 満期期間10日(10,000VET以上)
Thunder Nodes — 満期期間20日(50,000VET以上)
Mjolnir Masternodes — 満期期間30日(150,000VET以上)
Thrudheim Masternodes — 満期開始日2017年12月21日(250,000VET以上)

3種類の経済ノード(Strength、Thunder Nodes、Mjolnir)は、VET保有の通常の報酬に加えて、VeChain FoundationのTHORプールから報酬を受け取ります。

101権威者ノード(Thrudheim)は、経済ノードと同じ報酬に加えて、ブロックチェーン取引で消費されるTHOR全額の30%を受け取ります。THORの残り70%は焼却されます。

 

VeChainは中国最大級のブロックチェーン企業である、BitSeの子会社としてスタートしました。シンガポールを本拠とするチームは150名以上の強力な成員を抱え、経営陣には才能を有する無数の人材が揃っています。

 

チーム

サニー・ルーがCEOとしてチームを率いています。ルーは経歴の大部分において、いくつかの高級ブランドのIT情報システムプロジェクトを率いてきました。その最たるものとしては、ルイ・ヴィトン・チャイナの最高情報責任者(CIO)を務めました。

経営チームの他の成員には、IT保証の分野での17年間の経験を有するジー・ジャンCFOと、Fenbushi Capitalの創業者ボー・シェン顧問が含まれます。

 

パートナーシップ

チームはいたるところでパートナーシップの構築に取り組んでおり、その最も注目すべき2つの成果は、PwCとDNV GLです。VeChainはPwCのインキュベータープログラムに選定されており、これは同ファームの世界的な大規模顧客ネットワークへのアクセスを提供されるものです。

DNV GLは、石油・ガス、電力、船級、再生可能エネルギー企業にサービスを提供する、200億ドル規模の企業です。DNV GLとの戦略的パートナーシップによって、VeChainには大量の潜在顧客への門戸が開かれます。

最も重要なのはおそらく、中国政府がVeChainを貴安政府のブロックチェーン技術パートナーとして選定したことです。規制に凝り固まっていることでは悪名高い政府にとっては、これは目覚ましい偉業です。

 

競合

サプライチェーンサイドでは、WaltonchainとModumがVeChainと似た方法でブロックチェーン技術を利用しています。しかしながら、物流は巨大産業です。しかも、3社はそれぞれ別のニッチに焦点を当てているように見えます。その結果、直接的な競合は避けられるでしょう。

エンタープライズDAppプラットフォームへの関心は最近急速に高まっており、Ethereum、Cardano、EOS、NEOといった競業者はすべて価格が上昇しています。VeChainは未だThorをリリースしていませんが、実際のパートナーシップ数は、これらの高時価総額プロジェクトに伍して、地位を固めるのに役立つでしょう。

 

取引

VeChainは2017年8月末に約0.25ドル(約0.00005BTC)で取引が開始されました。以来、価格は比較的横ばいで推移し、2017年10月初めに一過性の上昇が見られました。

 

2017年12月半ばから価格は急速に上昇し、最近、最高値の5.68ドル(約0.00038BTC)に達しました。価格の上昇は、パートナーシップ数の増大のニュースによって、また、VeChain THORのブランド変更の発表によって、推進されています。

新規パートナーがエンタープライズDAppプラットフォームを利用し始めており、価格が上昇を続けても驚きではありません。

 

VEN(VET)の購入場所

推奨されるVEN(もうすぐVETに変更になります)の購入場所はBinanceで、BitcoinかEthereumとの交換になります。現時点でそのいずれも所有していない場合には、GDAXかGeminiにおいて、米ドルでそれらの通貨を購入できます。それらの取引所からBitcoinおよびEthereumをBinanceに移動させて、取引を行います。

また、VENを取引できる取引所の完全なリストは、CoinMarketCapで確認できます。

 

VEN(VET)の保管場所

現在、VENを保管する唯一の方法は、ERC20をサポートするウォレットの中です。MyEtherWalletは人気の高いオンラインオプションで、コミュニティの高い信頼を誇ります。

セキュリティの層を追加するためには、Ledger Nano Sなどのハードウェアウォレットを使用すべきです。このオフラインウォレットは、MyEtherWalletと連携して資金を保管します。

間もなくVENトークンは自動的にVETに変更されます。チームはこの問題について未だ多くの情報を発表していませんが、おそらくこの変更に参加するために何も行う必要はないでしょう。ただし、THORの報酬を受け取るために、新VETを公式のVeChainウォレットに移動させる必要があるかもしれません。このウォレットは2018年第2四半期にリリース予定です。

 

結論

VeChainは業界で最も定評のあるブロックチェーン企業の1つです。実用的な製品を利用する顧客を抱えているだけでなく、ターゲットにする業界の広範な経験を有するチームも擁しています。

PwCのような巨人や中国政府とのパートナーシップを締結しており、顧客を増やしていくのに問題はないでしょう。エンタープライズDApp空間への移行に疑問を呈する人もいるかもしれませんが、特定のビジネスニーズに応じてより強固なブロックチェーンソリューションを探し求めている顧客には有益であるように思えます。

VeChainが現在のペースを継続できれば、VETが2018年に最高クラスのパフォーマンスを示したとしても驚きではありません。

 

追加のVeChainリソース

Facebook
Twitter
Telegram
Reddit

関連記事

  1. Vechain

    VeChainブロックチェーンソリューション、中国のタバコ産業への参入実現へ

    このたびNRCCと独占パートナーシップを締結したことにより、国家政府機…

  2. Vechain

    VeChain、湖北Sanxin文化メディアと提携し、出版事業能力を追加

    私たちのコミュニティがすでに知っているように、VeChain は現在、…

  3. Vechain

    VeChain最高執行責任者、Kevin Fengの紹介

    Kevin Fengにはサイバーセキュリティ、プライバシー、新技術に関…

  4. Vechain

    2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

    中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとク…

  5. Vechain

    VeChain、Healthcare株式会社と提携

    VeChainは常にパートナーと緊密に協力し、彼らに長期的なアドバイス…

最近の記事

2020年1月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP