海外情報

MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。

2016年には母国に住む家族への経済的支援や取引先との取引の決済などの目的で6,000億ドル近くが国境を越えて送金されました。

送金業者は国境を越えた決済を可能にしています。

残念ながら、現行モデルでは送金業者がこれら決済用の流動性資金を調達するには世界中の事前積立口座を利用する必要があります。

そのため決済にはコストと時間がかかり、企業と顧客両方の悩みの種となっています。

 

送金業者大手のMoneyGramは、顧客がより迅速に安く送金を行って決済を完了できるよう決済フローにXRPの利用を開始する予定です。

XRPを利用することで、MoneyGramは、時間とコストを節約しつつ、ほとんどの金融機関が直面している長年の流動性問題を解決することが出来ます。

さらに、顧客は透明性と確実性を確保しながらリアルタイムで送金することが可能になります。

 

XRPのxRapidは、オンデマンドでの流動性資金の調達をサポートします。

MoneyGramは、XRPのオンデマンドの流動性プロダクトであるxRapidを通した決済フローにおいて、XRP LedgerのネイティブなデジタルアセットであるXRPにアクセスし利用する予定です。

 

その仕組みは次の通りです:

xRapidがXRPによるリアルタイムでのFXの決済を可能にし、それにより金融機関は流動性を生み出すことが出来、事前積立口座一つで複数のルートにアクセスすることが可能になります。

加えて、金融機関はオンデマンドでの送金やFXの取引コスト・手数料の値下げが可能になり、顧客に決済状況に関するリアルタイムの情報を提供できます。

MoneyGramのCEOであるAlex Holmes氏はプレスリリースの中で次のように述べています。「Rippleはブロックチェーン技術の最先端にあり、当社はxRapidを試すのを心待ちにしています。xRapidにより効率が高まり、MoneyGramの顧客に対するサービスが向上することを望んでいます。」

 

Rippleは国際決済の改善に取り組んでいます。

Rippleは、決済が銀行、企業、あるいは別の金融機関からかどうかに関わらず、国際決済に存在する非効率性や問題を解決することに重点を置いています。

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏は、「決済の問題は銀行に影響を与えるだけでなく、人々が気に掛けている相手に送金するのを手伝っているMoneyGramの様な企業にも影響を及ぼしています。3秒以下で決済可能なXRPなどのデジタルアセットを利用すれば、当社の顧客は情報と同じくらい迅速にお金を移動させることが出来るのです。」と述べています。

 

<こちらの記事も人気です>

関連記事

  1. 海外情報

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し意見を公募

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し…

  2. 海外情報

    韓国の暗号通貨取締官、自宅で死亡

    ウォールストリートジャーナルに掲載された韓国政府報道官の説明によると、…

  3. 海外情報

    PayPal、より高速な仮想通貨決済技術を探求

    新たに公開された特許出願によると、PayPalは仮想通貨決済のスピード…

  4. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

  5. ブログ

    NEO2.0へのアップデート

    今回の全体相場下落の際に、いくつかのコインの安いところを拾い集めていま…

最近の記事

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP