海外情報

MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。

2016年には母国に住む家族への経済的支援や取引先との取引の決済などの目的で6,000億ドル近くが国境を越えて送金されました。

送金業者は国境を越えた決済を可能にしています。

残念ながら、現行モデルでは送金業者がこれら決済用の流動性資金を調達するには世界中の事前積立口座を利用する必要があります。

そのため決済にはコストと時間がかかり、企業と顧客両方の悩みの種となっています。

 

送金業者大手のMoneyGramは、顧客がより迅速に安く送金を行って決済を完了できるよう決済フローにXRPの利用を開始する予定です。

XRPを利用することで、MoneyGramは、時間とコストを節約しつつ、ほとんどの金融機関が直面している長年の流動性問題を解決することが出来ます。

さらに、顧客は透明性と確実性を確保しながらリアルタイムで送金することが可能になります。

 

XRPのxRapidは、オンデマンドでの流動性資金の調達をサポートします。

MoneyGramは、XRPのオンデマンドの流動性プロダクトであるxRapidを通した決済フローにおいて、XRP LedgerのネイティブなデジタルアセットであるXRPにアクセスし利用する予定です。

 

その仕組みは次の通りです:

xRapidがXRPによるリアルタイムでのFXの決済を可能にし、それにより金融機関は流動性を生み出すことが出来、事前積立口座一つで複数のルートにアクセスすることが可能になります。

加えて、金融機関はオンデマンドでの送金やFXの取引コスト・手数料の値下げが可能になり、顧客に決済状況に関するリアルタイムの情報を提供できます。

MoneyGramのCEOであるAlex Holmes氏はプレスリリースの中で次のように述べています。「Rippleはブロックチェーン技術の最先端にあり、当社はxRapidを試すのを心待ちにしています。xRapidにより効率が高まり、MoneyGramの顧客に対するサービスが向上することを望んでいます。」

 

Rippleは国際決済の改善に取り組んでいます。

Rippleは、決済が銀行、企業、あるいは別の金融機関からかどうかに関わらず、国際決済に存在する非効率性や問題を解決することに重点を置いています。

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏は、「決済の問題は銀行に影響を与えるだけでなく、人々が気に掛けている相手に送金するのを手伝っているMoneyGramの様な企業にも影響を及ぼしています。3秒以下で決済可能なXRPなどのデジタルアセットを利用すれば、当社の顧客は情報と同じくらい迅速にお金を移動させることが出来るのです。」と述べています。

 

<こちらの記事も人気です>

関連記事

  1. 海外情報

    Goldman、Bitcoinの取引を希望

    他の仮想通貨、個人のISDA、 McClatchy、テック企業のガバナ…

  2. 海外情報

    Peter ThielのFounders FundがBitcoinを数百万ドル購入

    Facebookに当初、投資したことで知られるシリコンバレーのベンチャ…

  3. 海外情報

    先物取引によるビットコイン価格への影響

    ビットコインの価格は2009 年の取引開始から2017年半ばまで4,0…

  4. 海外情報

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し意見を公募

    証券取引委員会、シカゴ・オプション取引所のビットコインETF上場に対し…

  5. 海外情報

    Craig Wrightへの嫌悪が仮想通貨世界で心地良い結束力に

    Satoshiなのかそうでないのかについて、 Craig Wright…

  6. 海外情報

    Jack Dorsey、デジタル通貨としてのbitcoinの未来に信頼を寄せる

    Bitcoinの取引速度をあげる提案が、Jack Dorseyの後押し…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP