海外情報

タイの金融規制当局がビットコイン先物取引を許可

タイの投資家は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)およびシカゴオプション取引所(CBOE)に上場されているビットコイン先物を取引できるようになりました。

これら金融商品はタイで提供されるべきであり、すでに1社がこれら商品を顧客に提供しているとタイの金融規制当局は述べています。

 

ビットコイン先物取引が可能に

地元紙によると、Phillip Securities Thailand Ltd.はCMEとCBOEに上場されているビットコイン先物への投資を希望している投資家に対してビットコイン先物取引サービスを開始したと月曜日に発表しました。

バンコック・ポストによると、Phillip Securities Thailandのグローバルマーケット責任者Apisak Vongvanij氏は、顧客が同社が提供する「世界的なデリバティブ取引を申し込むに違いない」ことを説明しています。

Vongvanij氏は続けて、6年前に開始されたこのサービスにより顧客はCBOEとCMEを含む世界15の先物取引市場で取引することができ、「タイ人はかなり活発な投資家と見られています」と述べています。

価格はドル建てで、投資家は証拠金を支払う必要があると述べています。

「原則として、投資家はその証拠金額を超える約20~30%の値動きに対するバッファーとして資金を用意すべきです。」

 

規制当局の対応 The Nationによると、Phillip Securitiesはその広告の中で「CMEとCBOEで取引されているビットコイン先物サービスをタイで最初に提供した唯一の仲買業者だと主張しています。」

同社の主張に対してタイ銀行のChantavarn Sucharitakul副総裁は懸念を示し、「このような発言により、投資家はこの取引がタイ銀行の承認を得ていると誤解する可能性があります。タイ銀行はビットコインを金融取引用通貨として合法化してはいません」と明確に述べています。

しかし、中央銀行は「タイの投資家が海外の金融資産に投資することを」許可していますが、「デジタル通貨に伴う高いリスクを認識すべきです」とも述べています。

 

タイ証券取引所(SET)のKesara Manchusree社長もそのリスクについては同意していますが、「Phillip Securitiesはビットコイン取引を提供しているCMEとCBOE市場の一員であり、タイの投資家にビットコイン投資サービスを提供することは可能です」と考えています。

CMEとCBOEは共に米国の商品先物取引委員会の監督下にあるとし、タイ証券取引委員会(SEC)のParalee Sukonthaman事務総長補佐は、「タイの仲買業者はこれら2つの先物取引市場でのビットコイン先物の取引サービスを提供することが可能です」と述べています。

バンコック・ポストによると、タイ証券取引委員会は「この商品は標準規制機関の監督下にあるため、この場合懸念すべきは不正行為やマネーロンダリングではなく、むしろこの商品のリスクがいかに高いかです」と述べています。

関連記事

  1. 海外情報

    暗号通貨を禁止しない – マレーシア政府職員

    マレーシア副財務相が暗号通貨に対する自国の立場を明らかにした。…

  2. Popy

    100万ドルの住宅、ブロックチェーンで売却されるアメリカ史上初の家に

    グリーンベイ・パッカーズのファンにとっては理想的な立地の1000平方フ…

  3. 海外情報

    英国の監視機関、今年後半に仮想通貨に関するレビューを公開予定

    英国の金融監督兼、市場の監視役は、仮想通貨に関するその政策的考え方を、…

  4. 海外情報

    サステナビリティの実現に向け、暗号通貨スタートアップBlockchainが国連と提携

    暗号通貨ウォレットのスタートアップBlockchainが、天然資源の保…

  5. 海外情報

    MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

    世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。2016年には母…

  6. 海外情報

    クローズドベータ段階に入ったCircleのコインベースライククリプト通貨投資アプリ

    FintechのスタートアップであるCircleのコインベースライクの…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP