Vechain

2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとクリプトカレンシー産業に注意を向けることをやめました。

私は新しい規制が施行されてから1週間後上海にいました。驚いたことに、私が故国でよく聞いていた日々の価格の変動に対する懸念とは対照的に、クリプトの専門家達との会話の多くは、技術面のゴールに焦点があてられました。私が規制に関する話をした時、私が話したほとんど全員は、デジタル通貨がより主流になるので規制は役に立つだろう言う私の意見と同じでした。

中国がモバイルペイメントで米国を先取りし、人工知能研究に多額の投資をしていることからもわかるように、中国企業はブロックチェーン技術の多大な可能性を軽視してはいません。

2018年に私が密に観察しているトークンを持つ小規模企業の1つが、VeChainです。

VeChainはブロックチェーンテクノロジーを統合した製品管理プラットフォームで、そのブロックチェーンに独自のIDを割り当てています。VeChainは偽造防止やチェーンマネジメントの供給を通して、透明性に重点を置いています。偽造される高級品は大きな問題です(ある情報筋によれば、400億ドル以上の問題だそうです)。VeChainが成功すれば変革のための解決策を提供できる可能性があります。

最近の確認では、VeChainは強力なチームを持ち、既にPwCなどの組織と強力なパートナーシップを確立しています。うまくいけば、ゆくゆくはVeChainは数多くのサプライチェーンの非効率性を軽減するのに役立つ技術を実装するでしょう。VeChainがそれを実行できれば、アイテム検証のリーダーとなり、成長するクロスボーダーeコマース市場の重要な一角を占める可能性があります。

トークンを持つ中小企業から大企業まで、中国のブロックチェーン産業は繁栄しているので、軽視すべきではありません。私は10年以上前に中国に大胆な賭けをしました。中国の技術革新は迅速かつ競争力のあるペースで再開されると今も確信しています。

 

<こちらの記事も人気です>

関連記事

  1. 海外情報

    ギャビン・アンドレセン氏がBitcoin Cashに関する新たなコンセプトを Github に投稿

    1月2日、オリジナルBitcoinプロトコルの有名な開発者の1人である…

  2. 海外情報

    フィリピン証券取引委員会、暗号通貨規制法の制定へ

    フィリピン証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨取引の規制における法的枠…

  3. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

  4. 海外情報

    2018年注目の仮想プロジェクトトップ5

    世の中の動きを知らずに生活していない限り、あなたはすでにBitcoin…

  5. 海外情報

    英国の監視機関、今年後半に仮想通貨に関するレビューを公開予定

    英国の金融監督兼、市場の監視役は、仮想通貨に関するその政策的考え方を、…

  6. 海外情報

    プーチン命令: 2018年7月頃、ロシアで暗号通貨を合法化

    ロシア当局は、暗号通貨市場を合法化する新法案の可決を2018年の夏頃に…

最近の記事

2020年1月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP