海外情報

2018年注目の仮想プロジェクトトップ5

世の中の動きを知らずに生活していない限り、あなたはすでにBitcoinや他の仮想通貨が今年、成功を収めていることをしっかり認識しています。

毎日、数十億ドルが取引され、数週間や数日の間に5,000%を上回って成長するコインやトークンのあることを目にし、その結果として何百という貧乏人がお金持ちになった物語があるように思えます。

ドットコムブームの際にはこのようなことを私たちは体験し、いまだに多くの人たちは「…に投資していたら、私はどれほどリッチになっただろう」と話しています。

仮想通貨バブルがはじけることを期待している批評家もいますが、タンクの中にはまだたくさんガソリンがあると思っている私は、5つのプロジェクトを下記で明らかにします。

仮想世界はかなり技術的で複雑、そして時に怪しげです。

価格や全くの詐欺であるプロジェクトさえも巧みに扱って、「価格を上げ下げ」するインサイダー取引の集団がたくさんいます。

その一方、今後の10年間でほとんどすべての産業を混乱させるような非常に革新的、合法的な通貨が無数にあります。

仮想コミュニティに関与する最も頭の切れる数人と話をして、数え切れないほどの時間をかけた研究の後、私は2018年に注目すべき仮想通貨のトップ5を選び出しました。

これらは、本物のコミュニティ、本物のバリューオファリング、そしてたくさんの可能性を備えたプロジェクトです。

注意: これらの説明は金融的なアドバイスの性質を持たず、投資の推奨として受け取られるべきではありません。仮想通貨に何らかの投資をする前にご自分で調査し、専門家に相談することをお考えください。

 

Skywire/Skycoin

2017年のテクノロジー業界では、ネットの中立性と消費者のデータプライバシーがふたつの重要課題として現れました。信頼できないカバー範囲、個人データの販売、そして政府の監視や検閲を感じながら、インターネットサービスプロバイダーに不合理な料金を支払うことを心配するなら、Skycoinが望みを提供します。

これらは、Skycoinが解決を試みている中心課題です。

Skywireは新しいインターネットとして開発されています。全体のネットワークはピアツーピアでおこなわれて完全な分散型であり、それはユーザーが全体のエコシステムを保持、所有することを意味します。

取引は無料で数秒の間に確認され、Skycoinは拡大可能であることがすでに証明され、Skywireの基盤を作り上げています。

今年、彼らはSkywireをネットワークオンラインに持ち込むことを継続し、Skycoinをモバイルウォレットなどに展開させて日常的に使用する通貨になるようにします。

その一方、デバイス上でSkywireネットワークをホストし、より良いインターネットへ成長することを奨励し、インターネット上の個人的自由を支援して、より多くの人たちにSkycoinを獲得してもらう機会を与えます。

 

Solar Bankers/SunCoin

Solar Bankersは一般的な仮想新興企業ではありません。成熟した企業であり、次世代の太陽装置を開発し特許権を受けています。

彼らのテクノロジーはハイテクのホログラフィックナノ構造フィルムを使用し、賢明で革新的な方法で日光を管理して効率的に太陽光を電力に変換します。

彼らは太陽パネル、太陽集光器、太陽ウィンドウ、太陽タイル、 エネルギー節約フィルム、光リサイクルモジュールを生産しています。

電力費用の削減を目指し、地球を助け、太陽光発電で利益を獲得? SunCoinがこれらを可能にします。

コミュニティのメンバーは自分たちのトークン(SunCoin)を交換し、Solar Bankerのエネルギー生成装置で電気を生産することが可能です。生産された電力は日常生活での使用、貯蔵、もしくはスマートマイクログリッドにより近隣の人たちに販売可能です。

 

SunCoin所有者が可能なこと:

・SunCoinを他の仮想通貨や不換通貨と交換。

・分散型ネットワーク内で他のメンバーから安価で環境に優しい電力を購入。

・私的使用や現地市場での販売用に電力を生産するため、Solar Bankersのエネルギー生成装置を購入。

・CO2削減証書とSunCoinを交換。

 

このコインは現在、ICOの段階であり、それは仮想世界での資金集めに相当します。

このトークンの価値は太陽光装置の形式で物的資産として支えられている点についても、言及する価値があります。

このチームは、太陽光ビジネスとブロックチェーンテクノロジーについて非常に経験のある人たちで構成されています。

彼らはすでにドバイ、トルコ、中国、そして中央アメリカの数か国とのプロジェクトに署名しています。

最近、SunCoinは仮想通貨としてそれ自体、既存のデジタル通貨よりもはるかに効率的で安全な代替通貨であるとされています。

なぜなら、SunCoinは新世代のブロックチェーンテクノロジーに基づき、革新的なコンセンサスアルゴリズム、料金のいらない超高速取引、多層セキュリティ構造を含んでいるからです。

 

Phore

2018年に向けたPhoreのミッションは、彼らの比類がなく分散型のマーケットプレイスが陣頭指揮を執ることで、公的および私的な取引をおこなう際にPhore通貨を一般的に使用してもらうことです。

このマーケットプレイスでは、上場や最終販売価格に対してeBayで見られるような料金がかからず、取引手数料はBitcoinなど他の仮想通貨よりもかなり低くなっています。

取引を完了させるために必要な送付先などの情報はバイヤーとセラーの間で安全に共有され、中央部では収集、保存されません。

Phoreのコミュニティも新商品やサービスが開発され、市場内で販売されることを推奨、支援します。

バイヤーには自分のPhoreをプライバシーが有効なzPHRに変換して購入時に使用するオプションがあり、バイヤーとセラーとのPhoreブロックチェーン上に関係を残しません。

Phoreと交換してここで商品やサービスを販売することで、マーケットプレイスも人々に仮想通貨を獲得してもらう新たな方法を提供します。

Kickstarter のような既存のものに似ている私的で分散型のクラウドファンディングプラットフォームのリリースも予定されていますが、莫大な手数料を必要としません。

この直後には別のサービスもリリースされる予定で、それはまさにPhore独自の「クリック・アンド・コレクト」ベンダーパイロットプログラムです。

これにより、ある都市にいるバイヤーはマーケットプレイスを通じて注文し、後ほど自らその商品を収集できるのです。

これらと共に、Phoreはブロックチェーンのプロジェクトやサービスで働くことに興味がある若い開発者に対する奨学金の提供を目指しています。

Phoreブロックチェーンも2018年には多くの技術的強化を実施する予定で、その中にはSegwitやアトミックスワップなどの特性が含まれ、後者はPhoreと他の仮想通貨との間でおこなわれる迅速でピアツーピアの取引を可能にします。

スマートコントラクトは当事者間での合意条件により自己でおこなうコントラクトであり、ブロックチェーン内にコードを直接書き込んで保存します。

Phoreは「シナプスプライバシースマートコントラクト」を導入し、このプロトコルに革命をもたらすつもりです。

これにより、Phoreを使ってさらに複雑な取引が可能になる一方で、スマートコントラクトに加えて匿名のレイヤーを提供します。

Phoreの印象深い技術的な基盤にスマートコントラクトを追加することで、直接的にブロックチェーン上で実行される私的で安全な、そして完全に分散型のアプリケーションを作り上げるための強力なプラットフォームが構築されます。

 

Enjin Coin

2017年、ビデオゲームの世界市場は、1,000億ドルを上回る価値があると推定されています。

仮想通貨世界ではビデオゲームに関連する数多くのプロジェクトが急増するのが見られ、Enjin Coinは2018年、非常に将来性のあるプロジェクトだと思われます。

Enjinはビデオゲーム愛好者にとって世界で最も大きなホストのひとつであり、25万のコミュニティに1,900万人を超えるユーザーがいます。

Enjinは、MinecraftやWorld of Warcraftなど数え切れない人気ゲーム周辺でのコミュニティ構築を認めています。

これら全てのプレーヤーは剣、甲冑、特殊能力などの「バーチャル」アイテムをゲーム内で購入することを楽しみ、これはゲーム企業にとって最大となる収益源のひとつです。

しかし、偽造品、支払処理の遅れ、プレーヤーが回復、譲渡できない商品紛失など、数多くの課題があります。

Enjin Coinに参加しましょう。

これはユーティリティコインであり、Ethereum ブロックチェーンの力を生かし、商取引を通じてビデオゲームのコミュニティをつなげます。

固有の価値と安全性を与えることでEnjin Coinはバーチャルアイテムの見方を変え、私たちはそれらがデジタル資産であると心から思うようになります。

プレーヤーはEnjin Coinが作成したバーチャル商品の売買が即座にでき、これら商品の価値はEnjinネットワークから提供された安全性と信頼性と共に、プレーヤー間やゲーム間で譲渡できます。

Enjinは「BitcoinやLitecoin、そして全てのERC-20トークンにとって、世界で最も安全なモバイル仮想通貨ウォレット」を構築しています。

彼らは最上位の安全性を備えたEnjinスマートウォレットを作り上げ、モバイルアプリ以上のものを生み出し、スマートフォンが美しく安全な仮想通貨ウォレットになることを可能にしました。

2018年、Enjinのゲームコミュニティはトークンを使用したバーチャル商品作成とゲーム内での商品購入を開始する予定です。

 

Ethereum Blue

以前に述べたように、仮想通貨世界では合法的なプロジェクトが数多くあり、市場は急成長しています。

約40憶ドルが2017年、ICOプロジェクトの資金に使用されました。

しかし、実績に基づくプロジェクト評価について技術的知識をほとんど持たない新規参入者が多くいます。

仮想通貨世界で多くの新規投資家は悪質なプロジェクト、常習犯、詐欺師の餌食になり、投資家の資金は持ち逃げされて再び戻ってきません。

Ethereum Blue (BLUE)は、これら悪人たちに対して防御の最前線としての役割を果たすことを目的としています。

Blueは危険なプロジェクトコードを分析して早期に警告することで、仮想犯罪を防ぎます。

仮想通貨にとってMcAfeeのウィルス対策ソフトであるとお考えください。

悪質なプログラミングコードを作成することは簡単で、そのプロセスにはほとんどミスがありません。

新たな「コイン」に数百万ドルが投資され、その資金と共にプロジェクト創始者が姿を消すことはよく起こります。

無限のコイン鋳造を伴うコントラクト、残高チェックのないトークン移行、さらに無限の印刷を可能にする開発エラーは、プロジェクトがシステムを「だます」ことができるあらゆる方法です。

2017年の夏、インド当局は「OneCoin」と呼ばれる怪しげなポンジスキームをおこなっていたオフィスを強制捜査し、200万ドルの資金を押収しました。当局はその後、3億5千万ドルがすでに海外へ送金されたことを発見しました。

この詐欺は仮想通貨世界では触れてはいけない話題として有名であり、明らかに大きな問題になっています。

私たちが考えるEthereum Blueプロジェクトの問題は解決可能です。

BLUEの目標は、Ethereumのブロックチェーン上で全てのプロジェクトに適用される承認スタンプとなることです。

BLUEは分散型セキュリティツールを持ち、潜在的なプロジェクトコードをスキャンして悪質なコードを選別します。

彼らはプラットフォームに安全性と利便性を持ち込んでいます。

バイヤーは初めて、苦労して稼いだ現金を危険にさらすことなく簡単、安全に、Ethereum ERC-20トークンに対して投資、取引が可能となります。

 

責任開発者「Uni Banker」の引用:

仮想通貨ソフトウェアツールで最新鋭のものを見て、その可能性を知るとき、それは私たちにとって大きなチャンスであり、私たちがその最初であるのは素晴らしいことです。

これらの投資家に安全性と心の平安をもたらすことは弊社の最優先事項であり、BLUEトークンはその達成を可能にします。

Ethereum Blueは現在、BLUEという証券コードによりCoinExchange.ioとEtherDelta.comで取引されています。

詳細についてはEthereum Blueのウェブサイトで知ることができ、重要な発表が2018年1月7日におこなわれる予定です。

 

結論

仮想通貨世界は現代における未開の荒野です。

一見するととんでもない額のお金が使われ、分刻みで富が得られ、そして失われています。

しかし、全ての熱狂、投機、疑わしい慣行の根底にあるのは、一握りの本当に革新的で類のないブロックチェーンテクノロジーのアプリケーションであり、それは社会の運営方法を変革するでしょう

90年代後半と2000年代始めのドットコムブームとその落ち込みのように、数多くの怪しげな運営会社が仮想スペースで今後数年間、現れたり消えたりするでしょう。

しかし、今後数年間にわたる本当の勝者は強力なネットワーク効果によって数十年は存在しそうであり、それらをまとめると明らかに数兆円の価値があるでしょう。

今後数週間にわたって、指針、研究、影響力を持つ人たちとのインタビュー、注目すべきプロジェクトを含む、仮想通貨に関連するさらに役立つ情報を私は公開します。

 

 

<こちらの記事も人気です>

関連記事

  1. 海外情報

    競争、技術、価格 – 我々が話さない事柄とその理由

    Golemのオフィシャルブログに「On Competition, Te…

  2. Vechain

    2018年 私はどのクリプトカレンシーに投資すべきだろうか?なぜ?

    中国のICOと交換禁止発令の後、多くの人々は中国のブロックチェーンとク…

  3. ブログ

    中国がBitcoin取引所を認可し、仮想通貨取引を再開させる可能性が高い

    大手メディア「cryptocoins news」で、「中国が仮想通貨取…

  4. 海外情報

    ビットコイン取引に見られる、ウォール街における仮想通貨取引に対する認識の好転

    サンフランシスコ — ウォール街を拠点とする複数の大手金融機関が、規制…

  5. 海外情報

    George Soros、暗号通貨取引に向け準備

    暗号通貨を「バブル」と1月に呼んだばかりのGeorge Sorosです…

  6. ブログ

    Segwit2を中心とした現在のビットコインのスケジュール。

    Segwit2を中心とした現在のビットコインのスケジュールに関する海外…

最近の記事

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP