海外情報

ギャビン・アンドレセン氏がBitcoin Cashに関する新たなコンセプトを Github に投稿

1月2日、オリジナルBitcoinプロトコルの有名な開発者の1人であるギャビン・アンドレセン氏により、「UTXO をビットベクトルとして保管する」と題する記事がGithubに投稿された。

同氏は先月、一般的なUTXO (Unspent Transaction Output/未使用トランザクションアウトプット)セットに焦点を当てた一連の書き込みをGithubに投稿していたが、今回の投稿はBitcoin Cash (BCH)ネットワークに関するものである。

 

サトシナカモトからBTCコードベースのパーミッションを付与された開発者が、BCHネットワークに関するアイデアを投稿

過去27日間ひっそりとGithub への書き込みを続けていたギャビン・アンドレセン氏が、新年を迎えた1月2日になって、BCHネットワークに関する新たなアイデアを投稿した。

同氏が「完全に有効化されたBCHノードの実装における様々な方法を模索した末に行き着いた、未だ不完全な考え」と呼ぶこのアイデアは、ストレージに保管されている全トランザクションデータをウォレットに移行するというコンセプトに基づくものである。

同氏の説明によると、このコンセプトは、非常に圧縮性の高い全ブロック(ギガバイト規模のものを含む)のビットベクトルを、新たなBCHネットワーク内の全ノードに保管するというものだ。

アンドレセン氏は次のように述べている。

「 このコンセプトは、(低価格のサーバークラスマシンのRAMでもUTXOセットに十分に対応することができるため、)現時点では問題ありません。しかし最終的にはトランザクションボリュームが莫大な規模に膨れ上がることが予想されます。」

 

フルノードの操作者には、常に適切なUTXO ビットベクトルを提供しなければならない動機がある

アンドレセン氏は、「ノードの操作者自身に信頼性が高めのノードを1機以上選ばせることにより、ブートストラップの速度を加速すること」が最善の方法であると考えている。

「これは簡単なことです。常に適切なビットベクトルを提供しなければならない動機を有するフルノードの操作者が多数存在するからです。」

「考えてみてください。ブロックの初回ダウンロード速度を上げるために、新たなトランザクションのアナウンスメントに要する帯域幅の2-3倍の帯域幅を使って記憶領域を節約することが適切なトレードオフと言えるでしょうか。1秒間に1ギガビットの通信速度なら、10分間に75ギガバイトのデータを転送することができます。これは数ギガバイトのトランザクションデータをブロックに変換するには十分すぎる帯域幅です。」

 

Bitcoin Cash コミュニティからの質問: ギャビンは戻って来たのか?

欣喜雀躍しているようだ。あるマニアは、Redditフォーラム「/r/btc」に次のような書き込みをしている。

「私の誤解でなければ、これはBCHの強化に取り組んでいくという、ギャビンの正式な意思表明だ。」

BCH支持者の多くが、昨年11月に投稿されたアンドレセン氏のツイートを思い出した。

「2010年から開発に取り組んできたBitcoin Cashは、価値の貯蔵手段であるとともに、取引の手段でもあります。」

 

 

<こちらの記事も人気です>

関連記事

  1. 海外情報

    韓国: FSSの新長官、暗号通貨規制を緩和へ

    韓国金融監督院(FSS)の新長官となる尹碩憲(ユン・ソクホン)氏は、同…

  2. 海外情報

    ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の今後に関し 強気でいられる5つの理由

    「東京のクジラ」(マウントゴックスの破産管財人を務める弁護士の呼称)に…

  3. 海外情報

    第3回抽選企画「3名に1BCHをプレゼントします。」

    BTC価格は5/5の108.7万円から下落を続け2018年の最安値近辺…

  4. 海外情報

    Goldman SachsのBitcoinに対する動向をウォール街が追従すると、ブロックチェーンベン…

    ・ブロックチェーンベンチャー投資家のSpencer Bogartは、仮…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP