ブログ

シナリオを立てることについて。

シナリオを立てる事はその当たり外れよりも、事前に行動指針を決めることに意味があります。
最低でもメインシナリオ、サブシナリオ、サブサブシナリオを考えます。
メインシナリオの通りに相場が動くのであれば、ここでこのくらい買い、ここでこのくらい売るというのを決めます。

メインシナリオから相場の実際の動きが異なったらサブシナリオ、サブシナリオから異なったらサブサブシナリオと、それぞれの行動指針で動きます。
また、それぞれのシナリオも微妙なズレに応じて調整をしていきます。

こうする事によって突発的な大きな価格変化があった際にも感情に惑わされずに売買ができます。
自分は感情に支配される側面があるので短期売買が不得手です。
ですから、ある程度大きな流れの中で売買をします。
大きな流れで売買をするのであれば、大きな流れのシナリオを持つ事は非常に有意義です。

このようなスタイルでなければ、恐らく自分は昨日のようなBCHの暴騰に興奮して飛び乗って、数時間後に半分になった際に落胆して損切りするというひどい結果になったと思います。

FXなどの短期売買で利益を重ねる人を見ていると、自分には超人に見えてしまいます。
とてもではありませんが、あのような事はできません。
頭の回転が早すぎる異能の持ち主に見えます。

自分の場合は事前にじっくりとシナリオを練り、行動指針を作り、そして指値で売買をします。
BTC上昇時の72万円前後での売り、83万円前後での売り。
そしてBTC下落時の65万円での買い。
これも事前に決めておいて指値で置いておきました。
そうしなければ、あのポイントで売買ができなかったと思います。

臨機応変に動ける異能の持ち主と比べると、一番美味しいところは取り逃がしてしまいます。
例えば、BCT上昇時は86万円で売り、その後の上下でもしっかりと利益を取り、一番下は61万円で買うというような人も中にはいたと思います。

自分の場合はとっさの判断で動いた時よりもじっくり考えて構えておいたほうが失敗が少なく、失敗したとしても後悔しない心持ちでいられます。
BTCに関しても、昨日までの流れでしたらBTCが消滅するのではというムードでしたが「仮にBTCが消滅しても仕方ない」と思っていました。

毎日毎日利益を積み重ね、素晴らしく波に乗られる方は羨ましく思います。
とはいえ、自分にその能力が無い事を素直に認めて、自分が最も納得できる動き方をするのが重要だと考えました。
利益が出ても損失が出ても、納得できる事が自分の理想です。

関連記事

  1. ブログ

    3日間にわたるコイン配信を振り返ってみましょう。

    昨日まで3日連続でコイン名をお伝えして、LINEとFacebookで情…

  2. ブログ

    分析:トークン名の印象は価格に影響を与えるのか?

    先日、Twitter上でこのような投票をさせていただきました。…

  3. ブログ

    個人的にはまだ下落の場面があると思っています。

    相場はかなり良くなっていますが、個人的にはまだ下落の場面があると思って…

  4. GOD GROUP

    3日間限定で<GOD GROUP +>の募集を受け付けます。

    GOD GROUP +とは?暗号通貨で資産を増加させるために仲…

  5. ブログ

    BTC/JPYのチャートから見る現在の状況と今後の見通し。

    Bitcoin取引額の50%がJPYとなった今、対USDではなく対JP…

  6. GOD GROUP

    <GOD GROUP+>メンバーの実績とメッセージ

    <GOD GROUP +>では、先月FactomとDigibyteをフ…

最近の記事

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP