海外情報

The Plane Truth

インタビュアー:

Plane Truthへようこそ。この番組は、私たちの周囲にある汚れた世界の暗部に潜む謎に迫ります。今回は、特設TimeMonk Ninja版Webbotフォーラムを用意し、他でもないClif Highをお迎えしております。 クリフ、聞こえますか?

 

Clif High::

はい、聞こえますよ。

 

インタビュアー:

おいでいただき、ありがとうございます。ただ今の紹介はいかがでしたでしょうか?

 

Clif High::

はい、とてもよかったです。

 

インタビュアー:

さて、私たちはニンジャなわけですよね?いや、つまりここでちゃんとするには、「様」とか「先生」とか、何かそういうものが必要なのではないかと思いまして。まあとにかく、おいでいただきありがとうございました。それから、もうおひとかた、Sibelにもおいでいただきました。Sibel、そこにいらっしゃいますか?

 

Sibel:

こんにちは

 

インタビュアー:

はい、どうもありがとうございます。さて、クリフ。まずはじめに、近日公開予定のレポートの新データと言いましょうか、その中で最も興味深いのは何でしょうか?

 

Clif High::

ええと、とても難しい質問ですね。

 

インタビュアー:

そんなにお疲れですか。もう全部ご覧になったんですよね。

 

Clif High::

いや、そうじゃないんです。それほど、というか、データ内の詳細自体が問題なのではなく、常に変化するメタデータのデータレベルでのことです。私はその中に、ある程度の一貫性を探そうとするわけです。例えば、データがあなたの体内の脈拍であるとしましょう。あなたの心臓が動いて、それが脈を動かしているのがわかります。脈拍に変化があれば、それは心臓の状態にも何か変化があったことを意味します。そして、それ、つまり変化とかパターンを見ることによって、実際には非常に大きな変化があったことがデータに反映されていることがわかります。その変化は、必ずしも細かいものに表れるとは限りません。

ですから、いうなれば、データセット自体の中にある前兆のようなものが、今私の関心を最も惹きつける点です。そしてその前兆が、複数の異なる見方をするなら、2018年全体を通して人類レベルで私たちの認識を全く変えてしまうような出来事がいくつも同時に起こるだろうということを予言しているように思えるのです。別のレベルでは、ああ、これはちゃんと計画されるべきだった、とか、起こらなかった出来事とも関連しているはずだというように見えます。

言い換えれば、発生パターンの中、データの成長パターン自体にヒントがあるのです。つまり、2017年に実際に表れた力は、計画されていたのとは違っていたため、彼らの方で慌てて、2018年には遅れを取り戻して、何とか成功させようというような動きがあるのではないでしょうか。ですから、通常の成り行きの中で、宇宙によって後押しされているとかそういうのでなければ、その力は単に計画を1年遅らせるだけのことです。

ですから、2017年に計画されていた出来事が実際には2018年に起こることになり、2019年には元の軌道に戻るが出来るでしょう。でも、現状を見ていると、彼らは自分たちで制御できない大多数の動きに影響を与えようとしており、その先を行ってその進行方向にわずかな変化を与えようとしているように見えますが、あまり成功してはいないようです。いうなれば、物事が進むべき方向に進んでいないことで膨れ上がるパニック状態に突っ込もうとしているように思えてしまいます。

 

インタビュアー:

まぁ、おそらくは悪魔のパニックだね。そして彼らは歴史的なこれらの日々を過ごしている。しかし、認識の変化に関して質問があるのです。我々はどうやって人々がビュータイムを変えているのか、もしくはみんなが彼らの生活からサングラス(色眼鏡)をしてでもいるのかな?何が変わっているの?

 

Clif High:

おそらく、二つの間のどこかだね。いいかな?ここには確かに出来事の数の即時性についての全ての物があります。今、ここには人類多数派が歩き回り、注意を払わないので、物事が起きて頭にあたるという意味で、問題の一部がある。

我々は感情的なリアクションをします。データに血を流し、それゆえそこには確かにそれのいくつかがあるわけです。わかりますか?そして実は力がどう動くのか、彼らは彼らの腕を振ることで、彼らの群れを自分で動かす事が出来ないわけです。

なので、彼らは閃光弾と虚偽の旗、そして群れを動かすためのものを使い、その時彼らは立ち上がって、指示を少しすることを試してみるのです。そして、その瞬間に夢中になる事が彼らが人類と競い合うという事なのです。いうなれば、そして見かけとしては、その群れを動かすという活動でもあります。

なので、データセットの中の私が現在取り組んでいるものは、大きな仕事の一つで強烈な強さを多く含んで見えるものだ。これは、むしろ平凡なエリアに属しているものにも関わらず、再びそれに対する予兆となる抑圧を含んでいる。それは明示されているよりも大きく、そしてこの妙な自己教育の側面の一部となるだろう。

なので、我々はその他の多くのセットを支配している小さなセットのその奇妙な種と、過去のこの出現のような物事の経験、そして2004年に我々が経験したような文脈の変化を含んでいる大きな尺度の動きに正確に圧力を加えています。

私は、それが2004年と5年だったと考えています。当時はメキシコの密入国の人々の行進があり、そしていうなれば、彼らはクローゼットから出てきました。そして、あれはアメリカ人口の大きな群衆の大きな文脈の変化でした。

我々は、こういった種の出来事を、今やグローバルレベルで確認しており、そして私はなぜそういったことが起きているのかを一部は理解しています。

なので、例えば、アメリカでの社会的な命令での大きなシャックリは感情的な音の中で反響するでしょう。そして、中国に影響を及ぼします。なぜなら、我々は多くのビジネスを共にしています。そして、中国にいる人々は彼らの潜在的な顧客について、彼らが支払うことが出来なくなったり、買うことが出来なくなることを心配します。なので、この波紋は理解ができます。

ここで少し奇妙、もしくは面白いのは、基本的な自己指示教育への焦点と、そしてここにはこれのために何か必要なものがなければならないという論理的な結論があるということでしょう。必要なものとは、彼らの自己教育における個別の努力について語る多くの人々を運用すると思われる、いくつかの強制的で感情的な必要性です。

そしてある意味では、私はあなたが軽いレベルで、結果としてそれは全てのこれらの人々が彼らの周辺の現実に覚醒し、彼らが言われたからではなく、そしてそれゆえに彼ら自身を教育し、そして基本的に彼らに何が欠けているのかを知るのだと言えるでしょう。

今や、あれに相関関係がありますが、あれをするそれは何なのかという質問に立ち戻ります。十分大きなそれとは何なのでしょうか?大きな集団の人々にWuWu Cryptos、全てのこの種のものを非常に重要な水準で、自己教育をするのは未だと決めさせる原因になるようなものです。

そして、私はこれがなにかを知りません。今月の中頃に、11月、我々に可視化されるこのきっかけになる最初のものをデータが示している事を私はしっています。そして、それは成長を続けるでしょう。

そして、それが成長するにしたがって、多くの人々がそれに向かい、いわば、彼らは外に出て走り回り、彼ら自身を何が起きているのか、教育しようとし始めます。これもまた成長です。

なので、我々は例えば、この意味では現在の出来事にそれを鎮める事もしえるし、もしくは恐らくそれは計画された暴徒と市民戦争を引き継ぐようなものです。

私は本当に分かりません。なぜならこのデータセットはどんな方法であれ、ほとんどの人を自己教育に巻き込むような原因要素になる政治的な活動の水準を指示していないのです。

しかし、私の考えでは、アンチファシズムの人々が我々をやっつけるような既知の軌道とは反対のものとしての「運用する力」になる何かの我々の意識の上で、かなり予想していなかった衝突があったということを理解するのがより適切でしょう。

 

インタビュアー:

そうだね。君はこう考えているの?「私はどう言えばわからない。それは確かな神秘的な覚醒ではなかったが、君はどこに。」君は大衆が目覚め始めていると考えていますか?もしくは、その見方を変えていっている?君の考えはどうだろうか?

 

Clif High:

思うにそれは事実、よし。今、私は我々が大衆の目覚めとして考えられるようなものの中で一般的な成長があるという事を認識しています。そしてそれは我々の外側の力と関係があるようです。その力とは何年も前の彼らよりも、群衆の意識がもっとこの種の物ごとにオープンになっていることを引き起こすような新しいエネルギーが入ってきていることに関してになります。

しかし、ここにはまた目覚めている一人の人間と彼らの経験とすべての彼らの友人たちへの衝撃との組み合わせもあるのです。そして、その人は付き合う仲間を手に入れたのです。5、6人の仲間とバスケットボールゲームを選び、終末にはドライブ、そしてぶらぶらしたりしているのです。

かれはとても若い、ミレニアル世代で、基本的にはやることを探していて、そして相対的に安定したパックの関係にあり、彼ら自身の内的な圧力の結果としてパックの中の誰かが目覚め、そしてパックから抜けるのです。

そして、その時そのグループの6、7人全ての人は彼が経験したものが何であれ、彼らは彼が経験した物の外側のものを経験し、そして彼が彼の混乱のために彼らのグループを抜け、みんなは「まぁ、なんか変だった」ってな具合です。

そして、時間が経つにつれ彼らは認識し始め、そして分類し始め、グループの他の誰かも経験したことを処理し始める。そして、このデータの観点から、我々はそれをokayと言っているグループの中の一人の見方から見ている。かつて、あれは滅多にないユニークなできごとだったけど、今は7人の中の2人だ。何かが起きている、そして「次は僕だ!」っていう感じの事ですよね?

そして、それは単に次に私だという考え方は実はこの種の事を経験するプロセスの一部なのです。なので、はい。非常に大きな覚醒がおきています。(連鎖として)

私にはこの発生の明白な原因というものがなんであるかはわかりませんが、今月の真ん中までにはすべては実行され、そして我々がいくつかのその可視性を得られるような、そしてそれは風変りなデータが組みあがり始めます。

それは覚醒している我々に関して全く変なものになるでしょう。我々の周辺の社会を通し、周りに立ってその波紋を見ている我々。そして、そこにはそれとともに訪れる、確かな量の混沌もあるのです。

 

インタビュアー:

私はこの覚醒に関して質問があるのですが、この覚醒は地域差があるのでしょうか?例えば、この西洋、英語話者の世界、この全ての世界?私が意味するのは、私が中国人と話をしている時には、私が見ているものは全て基本的には物質主義の種の気の狂った楽天主義なんです。例えばですが。

これは個人的な経験ですが、私はただ、こう言っているのです。一方で恐らく、問題の全てにおいて、このアメリカの世界に直撃している挑戦と試練はアメリカ人をより覚醒させることになります。君はどう読みますか?

 

Clif High:

私の感情的な評価からすると、いわば、我々のデータセットからでも、中国は50年代後期か60年代の初期のアメリカのようだ。我々がヴェトナムや全てで息詰まる前、楽天主義の感覚がありました。それはアメリカ世紀、アメリカ人の世紀、我々は支配しようとしていた、とかなんとかかんとか。

ということで、私の読みとしては、中国はこの点で、彼らは今やアメリカが落ち目であると知っています。中国の若い人々は中国がこの世界を支配していると理解しています。そして、彼らは外にでて、この惑星を物質主義の水準で変えるでしょう。

なので、我々は彼らのために話をしていません。彼らは大きな神秘的な覚醒としてのそれによっては影響をうけません。同種のものとしてロシアは、発せられている感情的な音が微妙に異なります。

なぜなら、彼らのもがきはもう少しハードなものです。しかし、noですね。なので、ロシアと中国、インドネシア、インドの大部分はここで起きていることに関しては本当に影響がありません。

なので、このデータの解釈内で、この瞬間では次のような傾向があります。イギリスがその帝国を失ったときに似た状況です。最後の世代が最後の植民地がなくなる事に気づき、彼らが人であり、国であり、個人であったという彼らのイメージを再構築しなければなりませんでした。

そして、そこにはアメリカのためのものが多くあります。おそらくは単に力強くなるでしょう。帝国の国家の形態を我々から解体し、我々は西洋の共和国であるここでショックを経験せねばならず、そしてすべての国家が支配者にならないように調整しなければなりません。

そして同時に、我々は長い未来への道が過去に消えている帝国であると認識しなければなりません。なので、あなたは把握するのも、内在化するのも難しいということを理解しています。

 

インタビュアー:

確かです。関連する質問は、過去にあなたが話していた一時的な不安定性です。あなたは何か関連しているものが分かっていて、それは時間が経つにつれて不安定になると言いたいのか私には分かりませんが、あなたには何が分かり、例えば仮想通貨に対するタイムラインを読む能力を妨げたり変えたりするものがあるのですか。

 

Clif High:

はい、影響があります。おそらく2007年ころ、データセット内に入り込み始めた初めてとなる真実のエピソードがあるのですが、それまでは存在していませんでした。私が見ている自分のプロセスの点から理解する必要があるのですが、どのように言ったらいいでしょうね。

とにかく非常につかの間であり、時間的要素に対処しているのですが、必要となるソフトウェア内への侵入と変化について、私は常に心配しなければなりません。常時、私がソフトウェアに変更を加える必要があるのは、インターネットが進化しているからです。例えば、昔はウェブの99.99%はスタティックHTMLであり、単にページを提示するだけで終わりでした。

過去20年間のうちに、我々が今、扱っているウェブページの大半は非常にスクリプトベースとなるところまでインターネットは進化し、それは人々が交流しているからです。データソースの根底にある性質は変化していて、プロセスにも侵入しています。

しかし、これらの問題は別にして取り除くと、さまざまな種類のデータに関する増加パターンと増加率の中に明確に識別可能な変化が存在し、それらによって私は一時的な不安定性を感じます。今は個人的に、CERN(欧州原子核研究機構)による一体化した影響、そして南極から来るあらゆるものとそこで彼らがおこなっている全てに対して、私はこの点を書き留めています。

CERNから発生する何らかの侵入レベルもあります。それに、データの有無の発見方法やウェブのスパイダー内に変化がないかが分かる能力の中にも、認識可能な変化があります。しかし、データセット自体や流れて来るデータがこの一時的な不安定性を反映し、マンデラ効果による広範囲な誤差がより多く含まれ、それはこの時点では次第に少なくなっていますが、2018~2019年にはまた増えるのではないかと私は思っています。

それは実際にデータセット内の予測であり、現段階では私にもそう思う理由があって、その点は次世代の量子コンピュータチップにも展開されるということも一緒に私は考えています。

2018~2019年、精神病の妄想や現実に関するマンデラ効果がまた増大すると私は予測していて、それは過去に我々が体験したことですが、今回は関与するコホートの人々がたくさんになります。それに関連して、別の量子コンピュータメーカーであるD-Wave Computersが同時期に次世代モデルを発売することも、私は予測しています。一方の企業が他社をリードすると私は憶測を立てていて、その不安定性は全て私が述べたようにデータ内では識別可能で、もちろん私はデータセット内でわずかな変化を起こすプロセスに対する侵入にも気がつきます。.

例を挙げると、私が足を踏み入れているプログラミングの分野は最近、非常に複雑になっています。以前はウェブページを理解してスクリプトを走らせ、全テキストを切り刻んでおこなっていました。近年ではウェブのスパイダーは非常に洗練される必要があります。

私の昔のやり方を非常にくだらない一部分に使用されるだけで、たくさんの仮スクリプトで走らせることはできますが、今ではそのようなことがおこなわれていないのは、私が言ったようにほとんど全てのウェブページはJavaScript、もしくは PHPやPythonの形式によるスクリプト、さらにこれらのデリバリー機構に依存していないからです。

スクリプトのダウンロード、全スクリプトのチェックなど全ての機能を可能にして、ページ上で提示しようとするのです。だから、現在の処理レベルとスパイダーは、20年前に比べると1,000倍ほど複雑になっているのかもしれませんし、コードがたくさんあり、新たなデリバリー機構の進化がスパイダーをより堅固にして、同レベルのデータがデリバリーされるようにさらに堅固になるように要請されています。

私がさらに多くのデータを所有できる機会がスクリプト内にあるのは、彼らの設計方法のおかげなのです。それは常に広告、クロスリンクなどのメタデータレベルでのことであり、切り取られた実際の言語ではなく、エンジン部分を通過し、リポジトリーに収められて解釈されたものです。

我々には今や数多くのメタデータがありますが、これにはコストがかかり、今までにはなかった非常に高度な複雑性がスパイダー内に存在します。この複雑性のために、コード内にわずかな変更を加える際は毎回、私はちゅうちょします。変更の中にすぐにははっきりしない不具合があるかもしれないことを予想しながら、その成り行きを見守るのです。

しかし、私が変更を加えることで、特定の異なるデータを得ることが可能となりデータフロー自体が修正されることについて、私は認識しなければならないのです。

 

インタビュアー:

ではSibelからの質問です。Sibel?

 

Sibel:

やぁ。こんにちは。

 

Clif High:

こんにちは。

 

Sibel:

まず、Cryptosで君がしてきたことと、君がそれに的を絞ってきたことは驚きに値し、感謝しています。しかし、我々は今、より多くの分岐と、ビットコインに夢中になっています。マイナーとユーザーも違うものを選んでいる現状になります。

あなたは他の緊張がトップに出てくるような予兆を教えてくれるようなデータに心当たりはありますか?もしくは将来に続くものはどれでしょうか?もしくはたとえそれがBitcoinという名前に終わるにせよ、それは実際に我々が使用しているBitcoinではなくて、他の何かに関して話をしているのでしょうか?

 

Clif High:

いい質問です。私たちは基本的に、我々がそこに辿り着くまでわからないのです。この時点においては、この分岐とBitcoinは新しいBitcoinクローンが生じ、データセット内に私にこれが落ちる、これが上がるといった事を言う事を許すような分離がないことを意味しています。

私は、総計されたものとしてのそれらをうまく処理しなければなりません、というのも彼らは両方ともBitcoin周辺の共通の言語だからです。しかし、現実ではそれらのデータセットは差別化しているので、私がそれらをデータ内に分けて使用することを可能にするような異なる言葉をもたらすことになり、それゆえに幾つかの解釈をすることになります。

なので、それらが分岐したから直ぐにといって、私はどんな違いもいう事が出来ません。先ほどBCC分岐、Bitcoin Cash分岐はBitcoin Cash上のデータ内でいくつかの差別化を生じさせています。そしてそれは私に依然としてその個別の未来への固い解釈をさせるには至っていません。しかし、我々は閾値を横断するのに程近いところまで来ていますし、そしてその時には私は解釈することが出来ます。しかし、ある意味で私は後続にあるし、私は言語の差別化に追随しているのです。

ここにはBitcoinオリジナルについて使われていないけれども、Bitcoin Cashについて使われているような、たくさんの言葉があります。そして、私はBitcoin Goldなど、その他の物が生じるのではと疑っています。

なので、それは全く処理するのには泥沼で、当座のところ、我々が前進するという意味において、私はBitcoinとTicket BTCというそれらすべてのための中心の目印を、いくつかの言語学的な差別化あるところまで処理しなければなりません。

 

Sibel:

そうですね。理解できます。それはただ、なんというか泥沼だ。誰も何が起きているのかわからないんだ。

 

Clif High:

まぁ、ある意味わかっていますが、そうですね。しかし、ここでのことはBitcoinを持っている誰かからとしてのBitcoinのことで、ただBitcoinをもっていて、分岐させればいい。全く何を気にしているのですか?ここには挑戦し、個別の投資家として差別化する本当の理由なんてないのです。なぜなら、それが分岐した時には、あなたはあなたのコインを単に二倍にし、もしも片方がゲームに負けても、もう片方はあなたの手元に残ります。

 

Sibel:

そうだね、だから、多くの人々はCryptosを理解しようとし始め、またウェブ上の数多くの人がaltcoinに投資をした。なぜなら、このBitcoinは$3000だった時には高すぎるようだったね。想像できますかね?

そして、それだから彼らはVeritasiumとPillarとPopulous、OMG やNEOのようなものに投資をした。Bitcoin, Ethereum や Litecoinみたいな3大コインと呼ばれるものに投資した人々と比べて、彼らのライドをどういう風に考えますか? そこには違うパターンが行動に現れているのでしょうか?

 

Clif High:

そうだね、確かにそこには違うパターンがあります。コインとトークンへと眺望を区切ることが出来るような場所に入り込んできていました。そして、そのトークンはシェアとビジネスに等しいと考えられていて、それらのパターンはとてもハッキリとして違っています。

なので、Ethereumとそのコイン、そしてEthereum上で走っている形を象徴したトークンに対するその急激な上昇と下降の間には、そのパターンの中にハッキリとした違いがあります。

そして、そこから例えばPillarとPopulous、Pillarはそうでもないが、PopulousとVeritasiumはEthereumがするよりも、異なる種の言語学のデータセット集積パターンをみせています。なので今altcoinは、ここに彼らのための眺望があります。

現在には、コイン自体に関して盛り上がりを見せています。もしも、この言語と私が見ているものをテストしたとすれば、私はBitcoin, Ethereum と Litecoinとわかるでしょう。-実は、Bitcoin, LitecoinとEthereum が言語学の待っている順序です。

たとえ、価格がこれを必要に反映しないとしても、Ethereumについて話している人々よりも、我々のデータセット内で潜在的な投資としてLitecoinについて話をしている人の方がより多くいます。そして私はこの空間に今、移動していっている人々とそれが関係あると考えています。

なので、私はあの当時、ここで一か月か二ヵ月をいう事で去ることができる。そうだよね?しかし、我々はイノベータを削除し、早い段階での採用者へと移っています。これらの早期段階採用者が入ってくると、彼らは最初から冒険的でも探索的でもありません。

なので、彼らは彼らが最も可能性のあるように見えるものや、最も固い側面を持つ物へ引き寄せられます。なぜなら、この早期採用者は革新者が見せないような躊躇いやためらいの水準を持ち合わせているからです。

なので、この空間に今いる多くの人々はそれを買い、ねじくり、もしも負けたら、誰が世話をしてくれる?っていう具合なのです。我々は次のものへ移行しています。この早期採用者、彼らが加入した時には彼らはそういった態度をとらないでしょう。

彼らはもっと注意深くなり、そしてトークンへの反対の物としてのコインに対して引き寄せられるでしょう。

それはこの本当のトレンチ(塹壕)が、この彼らの背後にいるすべての人々の背後のプレッシャーが今、ここにいるこれらの早期採用者を押し始めたとき、そのとても早い時期に、これらの人々は向きをかえ、altとへと移動し始め、この群れはaltcoinsへも移動をし、彼らにゆっくりと後をついてくるのです。これらは本当に2月に生じるでしょう。

Sibel:

なので、私はこの質問の一部は、人々は世代の富を見ていて、そしてもしも彼らがaltcoinに執着するとそれを失うのか、もしくはaltcoinはBitcoinを打ち負かすのか?表現するのが難しいですね。

 

Clif High:

打ち負かす、君が意味しているのは、高騰に関していっているのかな?データセットがトークンの多くがあの期間の中で、Ethereumを打ち負かす事を指示しています。

なので、私は完全に期待しています。たとえ、Ethereumが$1000だったとしても、Populous とVeritasiumのようなものがより高いドルになると期待しています。その高い価格はEthereumよりも高い価格です。

そして、それは来年の6月か7月、もしくは8月になります。これが起きる前に、そしてそれは3月かそこらにこの空間の全てへの人々の移り変わりの結果として生じるでしょう。

なので、我々の当座の問題、いや我々の問題ではなく、しかしこの瞬間のその機会はたくさんのクソコインと悪い投資もまた増えるでしょう、なぜならば次の事実に起因します。事実とは、早期採用者が入り込み、その集団のなかで、彼らは彼らのミスの全てを生じさせ、そしてこれらのミスの沢山の物が我々の進行ごとに生じます。

そして、全ては上昇し、そしてそれはより質問の、、、そう、このボートは傾いています。人が片方に寄り過ぎているので。そして、多くの人が道を開こうとしています。そしてそれはただ、それらの全てをエスカレートさせ、そしていくつかの点で、我々は彼らがはじけて失敗しるのを見始めます。本当に悪い投資が現れる時に関して我々の全てが知るのは、数年かかるでしょう。

我々が1920年代からいくつかの例を取り出せるのは知っているでしょう。かつて株市場はアメリカに中央銀行が導入され、その年のほとんどの間、締め切られた後、1915年に再開されました。

そこには1915年を通して何か輝くものがあり、20年代のみんなが多くのお金を株に投資し、そして我々が富を一般化する効果が進み、そして29年に大事故を起こすまで、止まりませんでした。我々は多くの少ない限界費用、即金詐欺を破綻し始めた株市場で見受け、我々は30年代と30年代後半に突入するにしたがって、我々は今日の本当に固いものと共に置き去りにされています。AT&T、The General Electric等、そして私たちがこの反響として描かれる得るような何かを今経験しています。

 

Sibel:

あーというと、Bitcoinを見ている彼らと加入し始めている人々へ、何かいい導入のポイントはきますか?もしくはただ上り続けるのでしょうか?

 

Clif High:

我々は、私はしたことがない。私はこのシステムを作った時、私は短くするという考え、もしくは株に関係する下流で金儲けができるとは考えても認識してもいませんでした。そして私の理解はとても繊細で、私は存在している提案上での価格の急落を探すようなメカニズムをコーディングしたことがありません。なので、私は本当に新たな発見を促すファッション内にそれらが現れない限り、全くそういったことが分かりません。ただそのファッションをまとめる事が出来ます。

なので、私は我々がBitcoinで40%のドロップが生じ、$6800周辺になるだろうという事を知っていました。私は当時は$6800よりも後になるだろうと疑っていましたが、結果として40%のドロップが生じ、そしてそれは我々に素敵な固い床を作りました。そして、そこから我々は今前進しているのです。

なので、導入ポイントに関しては、私は大きな引き戻しが生じるといったデータを持っていません、そしてあなたはこの特別な機関にXYZで買い入れして利用することができます。

私は$10000周辺で妙な効果が生じると知っていて、それは今年の最後になります。そして$10000にはいったところで落ちるでしょう。いくらか、私は言うことができません。私はそれを指示するものを何も持っていません。しかし、非常に短いでしょう。そして私は数時間か数日かもわかりません。数週間という事はないでしょうね。なぜなら2月の終わりに入るにしたがって、このデータは$13800まで上がると示していますから。

なので、12月の終わりから2月の終わりまで、私たちは$3000近く増加し、価格としては$10000近くに期待されます。

そこには複数のドロップもありますが、ピラニア祭りか何かになるでしょう?ここでピラニアのためのビュッフェになるでしょう、そして多くの浮き沈みのアクティビティがあり、それはピラニアが食べているもので何が起きるのかというよりも、我々のデータセットに何が入ってくるのかという事なのです。

 

インタビュアー:

ではClif、質問があります。自分の甥にDustin Hoffmanみたいになりたいんだと話しかけているとして、そこで一言、プラスチック(映画「卒業」のセリフ)と言います。大切なことをここで君は言いたいのですが、仮想通貨のスペースで目を引く一言は何でしょうか。トークンとか、いろんな意味であなたの目をとらえて際立つものです。

 

Clif High:

えー、そうですね。今のDustin Hoffmanなら子供に向かって特定の業界に行くように言うのでしょうが、仮想通貨スペースはそれよりももっと広くて大きな意味を持っていますね。だから、私が同じ立場だったら、向かう業界はフィールド制御だと言うでしょう。はい。

 

インタビュアー:

非常に面白いですね。

 

Clif High:

はい、プラスチック自体ではなく、2020年代以降の成長産業のフィールドを制御、操作する方法であり、多くのモノへ応用できます。反重力のフィールド、採掘フィールド、配電フィールドなどです。この全てに対して私たちはさまざまなアプローチを取ろうとして、その期間中に本格展開されて数十年間は成長が続くだろうし、プラスチック業界とよく似ているのは、おそらく100年ではないとしても何十年間も前進を続ける社会基盤を形成するからです。

しかし、仮想通貨の観点から見ると問題は実のところ、拡大している点です。だから今日、甥へのアドバイスを繰り返すとしたら、我々はただプラスチックと言うだけではなく、プラスチック材料科学やプラスチックのサブセットと言うのは、モノがかなり差別化されているからなのです。これはつじつまが合っていますか。

 

インタビュアー:

もしボキャブラリーがあるなら、もちろんです。でも、とにかく、そうですね。フィールドに関することが面白いのは、あなたが何かのレポートのどこかでフィールド操作について述べていたことを私が覚えているからです。最も興味深いトピックでしたが、仮想通貨の話題に戻りましょう。なぜなら、私たちは…。

 

Clif High:

分かりました。

 

インタビュアー:

話は続いてSibel、何か他に質問はありますか。

 

Sibel:

はい、Catherine Austin Fittsはシナリオを持っていて、彼女が言うには仮想通貨は価格が上げ下げされ、若者たちは仮想通貨に引き付けられて1と0を追い求め、その一方で121兆ドルもの電力が盗まれて経済が破綻し、ずっと安い値段で製造資産が買われているとのことです。だから、このシナリオについて話しましょう。どう思いますか。

 

Clif High:

彼女は正しいし、彼女の目の付けどころはこれまでのところ合っていますが、例えば彼女は、既存のシステムを見捨ててできるだけ早急に仮想通貨へ移行する力については議論しません。ボーナスに関してではなく仮想通貨ビジネスに優れている銀行員の数は実際、かなり急速に上昇し、アッパーミドルや中間管理職の主要レベルにいる人たちがその業界を飛び出して、仮想通貨スペースへ移行しているのです。だから、彼らがシステムをクラッシュさせるつもりなら、窃盗により故意か不注意でシステムがクラッシュされることについて、彼女はまさに正しいのかもしれません。そのため、もしシステムがクラッシュしたら、あなたはどこへ行くのかということが質問になります。

もしあなたが仮想通貨のスペースにいるなら、私がお薦めするのは機能システムであり、まだ初期状態で自己定義ではありますが機能システムであり、機能の代替として他のものはありません。金投資家が感じる全ての気持ちや関連する感情があるにもかかわらず、金と銀は決してその代わりにはなりませんし、感情が詰め込まれた言葉が仮想通貨に適用され、データセットに関係する限りでは金と銀にもっぱら集中して使用されていた感情的なエネルギーが奪い去られてしまい、金と銀は現存システムの代わりとしては機能しないでしょう。

だから、彼女はまあ正しいのだと私は思うし、じわじわと腹が立つことや、どのようにシステムが崩壊、略奪され、ある程度の製造資産が買われるのかということについて彼女は正しかったのですが、現存システムのインフレレベルは十分に頼りになる商品が買えなかったり、お金を全部使ってもそれらの商品とは交換できなかったりするほどなのです。ハイパーインフレと全てのお金を吸い取るのに十分な頼りになる商品がないことで、システムはクラッシュしません。だから、かなりのマクロレベルで物事を見てみましょう。会計上のことを大いに超えて、私たちは最大要素を見ているのです。

現在、いわゆる実際の流動資産が100兆ドルあるとして、それに加えてデリバティブが5,000~6,000兆ドルあるとしましょう。これらは全て消滅可能で、数千兆ドルのデリバティブも全て消滅可能であり、残ったものは世界的な飢饉と集団的な死となるでしょう。私たちはたくさんある偽りの邪悪な資金を取り除くために今、この段階にいて、多くの人たちが実際にいろいろな点でそのお金に依存しているからということで、その証拠を手放すことはできません。仮想通貨が適切な期間に出現するのは、それは融通が利いて古いシステムからの富の侵入を調節するために拡大可能だからだというが、私の理解と考えです。

そして、この点で彼女は正しいのかもしれませんが、あなたの思考に影響を及ぼす安全バルブとしての仮想通貨については考慮されていません。なぜなら、仮想通貨は既存システムの機能が必要としないあらゆる環境下で維持が可能だからで、それはドルや金には当てはまりません。我々は今、電子世界の中にいて、1と0を追いかけているというのは正確な考えですが、それもそういうシステムの中で成長してこなかった人たちの見解です。

これは巨大で否定的な考えですが、全てのミレニアル世代が持つ見解であり、今やその世代がベビーブーマーを数で勝り、これは人生における自然秩序なのです。ミレニアル世代はスマートフォンやこれら全ての機器と共に成長し、その道は今後も続き、仮想通貨はまさに基礎技術の副産物です。だから、あるレベルで彼女が述べていることは、ひとつのパラダイムから別のパラダイムへの世代間の移り変わりということなのです。

だから、別の方法で見てみましょう。電話の導入は画期的な技術であり、誰もが固定電話を持つようになるまでには長い年月がかかりました。私はその時代に育ち、その地域で電話をかけようと思うと、私は通りを歩いて誰かの家にある電話や公衆電話を使わなければなりませんでした。現在、電話は広く普及して携帯電話があるほどになり、誰もがいつも携帯電話を持ち歩いています。だから、パラダイムは完全に引き継がれ、元に戻ることはなく、Catherineは…。

 

Sibel:

まぁ、そして実は彼女は、彼女はミスター・グローバルがcryptosを欲しいと信じているので、君に賛成しているが、彼女は彼らが賢い人々に原型を作らせ、テストさせ、稼働させるのを幸せに思っているのを眺めていて、彼らがそれを取りたがると。これはどう実現可能なのかな?

 

Clif High:

いや、そうじゃなく。みんなに返すもの、それは引き継がれるものを推薦しています。このメカニズムは、君はそれを説明しなければならない。我々は、どうやってそれがなされるのかを言わなくてはならないだろう。

あなたはどうやって数千の砂の穀物をどうやって囲うのでしょうか?あなたはcrypto landにあなたに支配をさせる何かのような巨大なバケツはありません。

もしも彼らがそれを支配する、もしくはマネージする、もしくは引き継ごうとするときには、したいと失敗した人間を通してのみそれが可能だという事です。なので、cryptoを支配しようとする彼らがする試みはなんであれ、基本的に全ての道が隠されていて、それを殺し、彼らはそうして欲しくはないのです。

 

インタビュアー:

おっと、質問があります。もしも彼らがCryptoを選んで導入したとしたらどうなりますか?そして彼らが君が受け取るのは最小限の譲渡所得だよ、もしくは最小限の規則とBitcoin、君が支払わなくてはいけない全譲渡税となんであれ、そこにはすべてが安全、もしくは彼らがそれをしたいという保証をするような全てのこれらのレイヤーとライセンスと全てがなくてはならないのでしょうか?

もしも彼らがお気に入りをプレイしたいとしたら、あなたはそれが市場を変えると感じますか?

 

Clif High:

いいえ、グローバルコイン、彼らがなんとそれを呼ぼうとも構わないが、それらを買うのが怖くない人はいないでしょう?しかし、あなたはcryptosが暗号で出来ていると理解しなければならず、政府はあなたがそれを所有している事を知らないのです。彼らはそれらを所有していることを知ることが出来ない。なぜなら次の方法が理由です。あなた方が、それを所有していると彼らに言うのに十分なだけ間抜けであれば話は別ですが、一つのメカニズム、もしくはもう一つの、そう・・・

 

インタビュアー:

携帯電話を使っているような?

 

Clif High:

いや、彼らが本当に、本当にそれを追うことが出来ないという事を知ってほしいのです。彼らはコンピュータの力を持ち得ていますが、彼らはこのステージにおいて札束を暗号化して皆に送信することが出来るのに必要なすべてのプログラムを書き上げる精神的な力を持ち合わせていないのです。

そして、この税金、もしくは譲渡税、もしくは何であれ、この点において政府は本当に世界の邪魔なのです。

彼らはお気に入りをプレイすることができます。そして彼らはあなたに税金を支払うために、連邦通貨を使用しなければならないという事ができます。多くの人がするであろうことは、交換する方法を理解しようとし、少ないお金を手に入れる。そして彼らはあなたのBitcoin、Ethereum, Litecoin。もしくはなんであれ、連邦通貨に交換する機会を持つでしょう。

そして、あなたはあなたの税金を払うことが可能で、しかし人々は日々のビジネスで連邦通貨を使用していないでしょうね。なので、お互いに交換をやりとりするための媒体として、支配の一つのポイントではなく、そこには私たちの全てを通すような連邦制度は生じず、一人の神がいて、決定を下し、我々の生活の全てに影響をあたえる、そういった時代は終わっているのです。

かれらは恐らく、2016年の1月に終わっていて、私が思うに、それは我々が確かな批判的な群衆に行き着いたときでした。

なので、彼らは確かにそれを行うことが可能で、確かに挑戦するでしょう。そして私はCatherineのミスター・グローバルについての怖れというものが、ぴったりはまっていることは確かです。しかし、粘着性の組織としてのミスター・グローバル、もしくはその象徴としてのミスター・グローバルというのは誤りです。そういうものではありません。

はい、Catherineの経験は彼女にこの観点を与えました。彼女は官僚による腐敗(deep state)に対抗して立ち上がりました。それは固く、そして彼女に抵抗しましたが、同時に、deep stateそれ自身は破砕していました。それは全壊していて、影響が全体にでていました。それは今起きていて、そしてcrypto通貨はその前兆でしたが、かれらもまたそれに参加しているのです。

銀行をはなれて、彼ら自身のcryptoベンチャーに移行する人たちは、crypto内に巻き込まれるエネルギーの量を増やすのみならず、ミスター・グローバルから重要なエネルギーを取り除きます。そして私の意見では、もうすでにその露骨な効果が実行されていて、もうすでに確認しているのです。私の意見にあるように、、そうですね。よし。我々は少ないケムトレイルが大西洋の北西に散布されているのを見ています。そしてこの過去の夏を通し、そして私の意見ではcryptoとドルと、これの全てにおいて起きていることが原因の一部なのです。

 

インタビュアー:

それは確かにありえるな。私に言えるのは、今のところ暗号通貨は取引にはあまり利用されていないように見えるということだけだという意味だけど。だよね?だから、一旦・・・

 

Clif High:

違う、違う。それは違うよ。

 

インタビュアー:

一旦そういうものが…

 

Clif High:

君はどこに住んでるんだっけ?

 

インタビュアー:

東京。

 

Clif High:

東京か。オーケー、東京では暗号通貨はこことは違った見方をされてる。僕が地元のCannabis Emporiumって店に行くと、いつだって誰かが暗号通貨を使ってるのを目にする。売ったり買ったりね。だから、浸透状況は、どこに住んでるかによって変わるのさ。

 

インタビュアー:

オーケー。でも、要点、暗号通貨が協力にプッシュされているって話をさせてくれないか。ほとんどの人は価格に期待しているけど、企業による利用に期待する人もいる。ただ、私のポイントは、あなたが皆にこれがXXXだと言ったら、XXXということだ。ライトコインは5%課税されることになり、ビットコインだってどうなることか。多くの人はルールに従って安全にやりたいと考えてるはずで、少なくともかなりの部分でシステムを悪用することは可能なはずだ。

 

Clif High:

悪用はしょっちゅうあるし、今この瞬間だって例外じゃない。君が描こうとしてるシナリオが彼らにとって効果的かどうかは疑わしいと、僕は思ってる。試してはくれるかもしれないけど、効果のほどは疑問だよ。だって、分散型の思考を持つ暗号通貨に関わる者にとっては本当に明確なインジケータとなるから。そうなると、XXXだから、やるべきはビットコインに集中することになる。権力者たちが、ビットコインをトラッキングするのは不可能だから、ペナルティの対象にしようと言いだすだろうから。でも、ライトコインならトラッキングは可能なので、課税するのに何も問題はないってね。

ここからも考え方の相違がわかるよね。暗号通貨のレベルで彼らが対応する人々は僕やキャサリンのような年寄りじゃない。本当の意味でグローバルな、ミスター・グローバルが推奨するものを躊躇なく無視できる、新しい世代なんだ。それに、アメリカの暗号通貨の領域では、課税やIRS対策なんかの問題はそんなに多くない。最近の政府内部の、いやちゃんと考えれば外部にも明らかにわかる諸々のことや、来年の3月か4月に予想されていることを考慮したら、大した問題はないと言える。つまり、一枚岩のミスター・グローバルに対応する時代は終わったんだ。僕らが対応するのは、実存的な疑問か生存を賭けた闘いの痛みの真っただ中にある闇の国家だ。これは明らかだ。僕らが社会秩序のいたるところで目にするような兆候も、これに大いに起因してる。かなり不安定な状況だ。

例えて言うなら、君が今1789年にいるとしよう。500人の工場労働者が、第一次産業革命の影響を受けてフランスで建設中の工場の機械に木靴を投げ込んでクラッシュさせた事件が起こったばかりだ。当時、失業者がかなり出ていた。君が道をあてもなく歩いていると、暴徒が何か騒いでる。君が心配してるのは食べることであって、地元の殿様への税なんて気にもしてない。殿様はお城にいて、群衆が周囲を取り囲んで石や槍なんかを投げ込んでるのが見えるからだ。僕らの現状は、これとほとんど変わらない。だから、わずか1年前に存在していた考え方やパラダイムで世界を塗りつぶそうとするのは間違ってるっていうのが、僕の意見だ。

リアルな現実を考えてみよう。今年の初めにビットコインはいくらだった?$1000だった。今じゃ$7000だ。1919年にドイツで発生したクラスのハイパーインフレだよ。このインフレが広がって、ドイツ政府が壊滅的打撃を受けたのは1923年頃だ。残されたのは崩壊寸前の政府で、ある程度の規模を持つ共同体とはとても呼べない代物だった。

 

インタビュアー:

確かに冷笑家や懐疑論者ならこれはドットコム時代の出来事であって、1920年代の話ではないと主張するでしょう。しかし、これは別のポイントです。別の観点でもう少し言及させてください。アマゾンはドメインをいくつか登録するなどし、ビットコインを受け入れる可能性が高いとあなたは語りました。先の私の話に戻りますが、数年前に私はデータウェアハウスの問題でアマゾンを訪れたことがあります。

しかし、当時ですら、当時というのはアマゾンがワシントンポストやらを買収する前のことです。こうもっていきましょうか。あなたは1マイル先からラングレーの匂いを嗅ぎ分けることができると語りましたが、それはどのようなものでしょうか? また、追跡されることなくビットコインを使用できる、という話をにわかには信じがたいのです。先ほど、あなた同様にIRSも、誰かがアマゾンで商品を購入してもそれに気づかないと語られましたが、本当にそのようにお考えですか?

 

Clif High:

ビットコイン自体については可能です。個々のビットコイン取引は blockchain.info のURLから追跡できます。しかし、これは取引を確認するだけの話で、金額についてはわかりません。分散型元帳なので、わかるのは元帳にその数値が関わる動きがあったということです。元帳を所有しているのが誰か、支払いを受けたのが誰か、元帳の現在の状態はどうなっているか、といったことはわかりません。わかるのはその元帳で何らかの取引がなされたという事実のみです。IRSが知り得るのもそれだけです。

さらに、実際に予見できる側面から見ていきましょう。IRSは連邦政府内で先導的な、つまり最先端の技術の持ち主にはならないでしょう。したがって、IRSは技術面で大きな革新をもたらす存在ではなく、アマゾンが米国市民の可能性があるすべての人から支払いを受けた全取引の基本的な監視と追跡を要求すべき存在にすぎない事実を、認めなければなりません。一方で、取引件数は年間数十億件のレベルです。そのときにIRSは何を行うのでしょうか。ドルにせよそれ以外にせよ、金銭の使用に対して課税するのではありません。政府のドルを使用したことに由来する収益に対して課税するのであり、これこそ税法典の基本です。

そうすると、IRSはおそらくVATのようなものを導入するでしょう。付加価値移転税になるでしょうか。基本的には売上税であり、IRSは望んでいるものを獲得できることになるでしょう。アマゾンに出向いて、こう告げることができます。おたくに誰が何の支払いをどの通貨で行ったかについては、我々はいっさい関心がない。我々は単に、米国市民が行った全取引に対して、8.5%か15%かその他の金額を要求する。これが実際の方法になるかもしれません。というのは、IRSは誰が何を所有しているかを追跡できないからです。ここで、合衆国での現実が非典型的な性質のものあることを理解しなければなりません。

我が国には大規模な納税義務者層が存在します。しかし、いくつかの国では、フランスのような先進国でも、税率の問題で、この数年間に、国民が税金を支払うように仕向けるための大々的な動きを推し進めました。それらの政府は、おそらく国民の17%しか実際に所得税を支払っていないと推定しています。つまり税務体系が機能しておらず、取引レベルでの捕捉を試みています。それらの政府はフランス同様に所得レベルでの追跡の試みを基本的には諦めなければならなくなっています。私の考えでは、政府が新たな産業の新たなビジネスに対して効果的な課税を試みるには、売上税ないし取引レベルでの課税が唯一の方法になると思われます。

さて、貴金属に関しては長年データに対する問題が存在していました。その人物が銀を所有しているのかどうか、政府は把握できませんでした。また、それゆえ、把握していませんでした。政府が追跡できるのは、個別の販売業者から銀を購入した事実でした。これは販売業者が実際に銀を購入した人の記録を当局に提出するからです。しかし、購入者がその銀で何を行ったかは把握できません。例えば、私がその銀を溶かして、釣り糸の重りにして、そのほとんどを失ってしまったとか、あるいは、その銀で独自のベアリングを作ってみて、こんちくしょう、うまく作動しない、車の車軸をすっかり駄目にしてしまった、となったとしましょう。ところが、政府は私が銀で何を行ったかわからないのです。購入したという事実のみを把握できます。

今、暗号通貨に関しては、政府にはその選択肢さえ存在しません。中央管理された保管庫がどこかに存在して、そこで暗号通貨の売買を確認できるわけではないのです。政府はコインベースの現場やその他の取引所に出向いて、データの提出を求めて言い争うことはできます。しかし、分散型取引所が発達した結果、事情が変化してしまいました。

分散型取引所というのはこのようなものです。私はここにいて、暗号通貨を介したピアツーピアでの価値の取引が可能なソフトウェアを制作します。そのソフトウェアをインターネット上にリリースします。私はそのソフトウェアを所有しているわけではなく、管理しているわけではなく、それを収益源その他にしているわけでもありません。

人々はそのソフトウェアを使用して多くの取引を行いますが、ソフトウェアの干渉は受けません。ソフトウェア自身は誰が誰と何を行ったのかの記録を保存せず、しかも、取得するのは一連のハッシュコードのみであり、いかなる種類のアドレスその他も取得しません。この結果、暗号法は事物の機能的実用主義の根底において真に人類を解放します。

例えば、IRSやいくつかの国の税務当局が巨大な化け物であるというあなたの考えは、現実には大部分の国において真実ではありません。例えば、日本は国民が税金を支払うか支払わないかを決定するうえでの大きな問題を抱えています。日本では、追跡可能な通貨での支払いを伴わないレベルでの取引が実施されている巨大なグレー市場が存在します。世界中で同様の問題があります。

さまざまな国がさまざまに推定していますが、世界全体としては、この地球上で行われる人々の間での取引のおそらく80%が、政府が追跡できない形式によるものです。今注意を払っているのは、政府そのものがたいへん脆弱なアフリカなどの地域になります。したがって、合衆国と比較してそれほど悩ましい問題ではありません。ところが、米国では政府があらゆるものを追跡しようとしており、しかも現在においてさえ失敗しているのです。

IRSはプエルトリコでのダメージで疲弊しています。IRSは多数のプエルトリコ人を採用して、業務を行わせ、取引を処理させましたが、完全に失敗しました。幸運にもその内部を見て歩くことができるなら、IRS事務所のきわめて多くで、依然として薄型モニターではなくブラウン管モニターを使用しているのを目にすることができるでしょう。

いくつかのIRS事務所はさらに旧態依然としており、486パソコンを使用し、ソフトウェア基盤はたいへん古いものです。一部のネットワーク能力はきわめて奇異で、現地のサテライトオフィスでは数十台のパソコンを処理しているだけです。この現状は、絶えず発展プロセスにあって自分たちの先を進んで変化していくものに追いつけるだけの、最先端の組織ではあり得ません。世界全体を見据えたときに、この問題を妥当な懸念として提示するという見解はとりません。

合衆国は自主申告制度を採用しており、良き市民として行動し、利益を申告して適切な税金を支払うかどうかは、それぞれの市民に任されています。IRSは強制できません。なぜかというと、IRSは市民が特定の取引を行っているかどうかを把握していないからです。しかし、今や一部のものが把握可能になろうとしています。来年の4月に入る前に、おそらく2月か3月に、この点で興味深いデータを目にすることができるでしょう。

IRSはユーチューブ動画で収益を上げているあらゆる人のデータを効果的に取得することになります。その結果、IRSは巡視を行い、この暗号通貨やその他で莫大な儲けを得たと語り、動画を制作した多数の人を確認できることになります。しかし、そうなったとしても、IRSが把握できるのは動画制作者の上位1%か2%のみです。IRSがすべてを巡回して、取引によっていくらかの利益が得られたと語っている、全言語の50,000ないし60,000の作品を確認できるわけではありません。

このように政府は実際に、本当に困難に陥ろうとしています。本物の苦境に置かれています。しかし、私の見解では、ほとんどの政府はこの根本的な金融状況に直面している危機を認識していません。これは大部分の政府が、毎日出勤し、部門ごとに細分化された仕事を行った後に帰宅するだけで、壮大な枠組みや事物のメカニズムを熟考することのない人たちによってのみ構成されているからです。

インタビュアー:

Sibel、何か言うことがありますか。

 

Sibel:

ええ。より多くの世界市民が不安な景気や追跡不可能な経済に向かう中、政府は何か対応をしてくれるのでしょうか?という点についてもうちょっと詳しく。

 

Clif High

過去に我々は – 過去が今後の政府崩壊の暗示であるとするならば、その大半は剥がれ落ち、小さな核の部分だけが再編され実際の価値を再度提供し始め、支持され、そしてそこから軌道に乗るのです。しかし世界レベルの巨大破砕機であるミスター・グローバルの適応能力に関して言うと、その能力が強みとなることはありません。そもそもミスター・グローバルは恒常的に適応する必要がないよう物事を制御し厳しく管理することで存在しているのですから。そして彼らは常にフォローする側です – 我々はリーダーという言葉を使うことがありますが、実際に政治家のリーダーなどいないということをしっかり認識しておいてください。政治家は常に国民に起こっていることに反応しようとしますが、国民間の現象は彼らが追うよりもはるかに速く進み、今では絶え間ない通信が以前より速いスピードで行われているため状況はさらに悪化しています。今では暗号通貨を支援する暗号通信があることで政府は通信を追跡することができず、せいぜい一定の個々人を特定し、それを脅しに使って他の人々に情報を吐かせることくらいしかできません。しかしそれが来年当件について政府ができる唯一のこととなるでしょう。

 

Sibel:

つまりもしそういう事態が各国の政府に起きているのなら、私たちは紙幣を乱刷しているだけにすぎません。今現在政府に頼っている人々全員がこれから先政府に頼ることができなくなるのではないですか。

 

Clif High:

その通りです。

 

Sibel:

そうですか。あれ。

 

Clif High:

まあ、それが今起きていることなのです。それがある程度の理由となって今新しいボルシェビキ主義が台頭しているのです。いいですか、George SorosはBlack Lives Matter(黒人人権活動)やAntifa(反ファシズム活動)を含む他人の権利に関するグループに献金しましたが、彼にそれができるのは、つまりGeorge Sorosの組織がそういうところに参入できるのは、政府がそうした人々を支援しているけれども、彼らに毎月支払える額が減っており、購買力および民衆を支援する能力が著しく低下してきているからです。だから私たちが目にする暴動とかそういう類の事件は政府がゆっくりゆっくり崩壊している兆候であり、またそうした兆候の中には政府が購買力を維持するために発行する不換紙幣(信用紙幣)の不能性もあります。だから私は多くの人々…

 

Sibel:

私は受給者、つまり社会保障で900ドルを貰っている人で仮想通貨に投資している人を知っています。

 

Clif High:

そうなんです。

 

Sibel:

だってそうした人達は政府を信用しませんよ。十分なお金を貰えてないのですから。

 

Clif High:

やりくりは不可能ですしね。そう、彼らは900ドルではやっていけないのです。私は社会保障を実際にもらっていたもののもはやそれに頼っていない人々を知っています。彼らは数年前にビットコインを利用し出したのです。

 

Sibel;

分かりました。

 

Clif High::

ただ、彼らはそれに社会保障のある通貨を使用していたので、私は社会保障の中に暮らしていない風に思え、本当に心が乱されました。私はその苦悩を理解していませんでしたが、彼らにとっての数ドルの重さはわかっていました。彼らは私にアドバイスを求めていたので、本当に、本当に困りました。なぜかというとね、1か月に900ドル稼ぐ人が100ドルを投資して、私のアドバイスに従って、そのアドバイスが間違っていた場合、大変な損失になる。幸いなことに、その時の私は正しく、彼らは儲けることはできましたが。

それでもね、眠れなかった日は沢山あるんです。彼らにデータが示すことはこれだと教えたとしましょう。でも実際は別の方向に動いたり、それが自分の解釈なのか、または正しいのかなどを考えて、相手が正しい場合非難される。そして、そういう人たちが、お金はもはや価値のないものだという事実を表す兆候であるといえます。

 

Sibel:

なるほど。ではクリフさん、あなた自身の伝説によって、人々は暗号通貨を知り始めていると感じますか?

 

Clif High::

それを気にしたことはありません。そんな時間はないですし、死んだ後にでも考えますよ。

 

Sibel:

わかりました。では、私たちは個人の観点での初期採用者(アーリーアダプター)と革新者(イノベーター)について話していますが、アマゾンのような企業の観点では、またはどの国が、初期採用者、革新者となるのでしょうか?

 

 

Clif High::

そうですね、難しいところがあります。まず、それらの用語は、実質的には個人には使われません。初期採用者や革新者、または初期採用者と主流なものとして許容されることは、すべて大きな集団に対して使われます。なぜなら、技術やアイディアであっても、大きな集団を通して拡散するからです。そしてそう、革新者という観点からの、オーバーストック・ドットコムのような企業が現れることになります。

ですから、私はアマゾンは初期採用者だと思いますし、実際にそうなる大きな兆しがあると思います。革新者である誰かが、ここシアトルのオフィスに座って集団が暗号通貨に向かって動き出していることを直感的に予感しているのです。彼らは個人的にも革新者で、もしかすると既に暗号通貨に夢中になっているかもしれません。そして、会社のあらゆる会議で何かしないと、するんだ、行動すべきだということをわかっていない、変化は起きているんだと言い続けています。

そしてごく近い将来、またはある時点で、会社は耳を傾け、全組織が変わり始めます。そして、行動を起こしているアマゾンがあることで、そのような会議で常に言い続けている革新者の強さを証明するのです。ただ、会社は初期採用者の最前線でそのように動く必要があります。

そのため、私たちはアマゾンをオーバーストック・ドットコムが成り得るであろう革新者だとは見なさないのです。なぜなら、革新者はリスクを多く取り、そして、だいたい失敗するからです。そうですね、自動車産業での革新者を考えてみましょう。1890年に遡ると、アメリカには150の車会社がありました。それらは全て革新者でしたが、その90%が淘汰されました。

 

Sibel:

なるほど。では、ある時点において、私たちは毎日の電気代や食料品、ガス代の支払いをしなければならない、なぜならそれが実際にここにあるから。

 

Clif High::

もうその段階に来ていますよ。そうですね、私がアメリカ国外にいて、10枚の支払カードを使えるとしましょう。それを使ってガソリンや食料品を買うことができるでしょう。それを今、セントラカードや、その他ビッド・ペイの仕組みを使ってすることができます。そして例えば、そういった取引をオーバーストック・ドットコムでの買い物で行うこともできます。近い将来アマゾンでもできるようになるでしょう。

ただ、今現在はプラスチックのクレジットカードを使うこともできます。ですから、実際に始まっているのです。ただ、皆がまだ知らないだけで、だからこそ私たちは革新者クラスであるといえるのです。わからないことや、本当にそうなるのか、いつ、といった疑問があるからです。私は、もう始まっているし、そうならないなんてありえないと考えています。兆候もいくらか見えています。ですから、ごく近い将来、多くの人々がプラスチックの支払カード、クレジットカードとは呼べませんが、暗号通貨から引き落とすことのできる、プリペイドのデビットカードに似たカードができると思います。そして、今現在私はこの国で実際に使用でき、望めば今日にでも購入できる2つを知っています。

 

Sibel:

そうですか。では暗号通貨のデビットカードで、注意すべきものはありますか?

 

Clif High::

そうですね、おかしなことですが、最悪の選択肢としては、比較的きちんとしているもので、セントラカードですね。サム・シャーマさんでしたが、彼とインタビューを行った際に、こっぴどく言ったんです。彼の欠点全てを指摘したので、会社はなんとかやっていけました。彼らのクレーム処理係のチーフと連絡を取り合っているのですが、現在彼らの最近の雇用者の一部のチェックを行っています。彼らのセキュリティ担当者は本当に全てを記録しています。ですので、私はセントラは盤石だと思っています。恐らく暗号通貨以外のお金を使いたくなったら、そのうちカードを作るでしょう。

 

Sibel:

わかった。コインベースはカードをもってないの?

 

Clif High:

難しいが、そうだね、なぜならコインベースは取引所なんだ。彼らは彼らの目的のために彼らの取引所の上で君のコインをキープしていてほしい、そして全ての他の取引所はそのための支払い手段を提供する予定となります。Centraは取引ではないのです。彼らは本当にプリペイドペイメントカードで、彼らは取引ビジネスにも支払いシステムビジネスにも参入する気はありません。

このステージにおいて、私が見るものは、彼らが非常に野心的であり、彼らがどれだけオンラインにすることが出来るのか、そして彼らが次に移る前にどれだけの権利を獲得できるのかという事です。

 

Sibel:

わかった、そして僕はもう一つ質問があります。私たちは過去にMt Goxのような大きなハックがあったことを知っていますよね。

 

Clif High:

いや、あれはハックじゃないね。そうだね、Mt Goxで起きたことは、人々がそこでオンラインロールプレイングゲームのためのカードを交換する場所だったってことですよね。

そして、それは魔法のようでしたね、このオンラインゲームはどのようにその取引をするのかと、どのようにその名前を手に入れるのかです。そしてMt Goxがなしたことは非常に早い段階でBitcoinをトレードに使用したことでした。しかし、彼らは全く不規則で、Bitcoinのための内的な市場を開発したのでした。

なので、彼らは彼らのプラットフォームで交換されていた10毎に2つのBitcoinを買うでしょう。

なぜなら、ほとんどの人はプラットフォームからBitcoinを取り除くという事をしていませんでしたから。

そして、彼らはあなたに続けさせるために出来る事全てをしていました。なのでハックではなかったですね。それは窃盗の質問ではなかったし、くそったれマネージャーが十分に多くのBitcoinを持っていなかったですからね。そして、人々が彼らのBitcoinを引き出し始めたとき、ネズミ講みたいに破綻したわけです。

 

Sibel:

よし、なので、しかし人々がハックされうるとはどういう意味なのでしょうか?データの中に気を付けるような何かがあるということでしょうか?

 

Clif High:

もちろんそうだ。よし、脆弱性の君の要点がここにある。それはデータセットにあるのではなく、全てのこれらの年月の間の全てのこれらの物事においての私の経験から来ている物なんだ。しかし、脆弱性の君の要点は君がどこにCryptosを保管しようが、ということです。

なので、もしも君が君のCrypto通貨を取引所の手にゆだねているとして、それは君の金を誰かほかの場所で持っていることとよく似ている。そして、もしもその場所が強盗に入られたら、君の金が盗まれるという事だ。彼らがどんなにベストを尽くしても、君はそれを失うのだ。

なので、ここにもう一つのアプローチがある。Cryptosを君のPCの財布に保管しておき、君のPCはハックされるということになる。今、あなたはあなたの~をフィッシングされうる。これは本当に大きな危険なのです。それはだれかがサイフを作り上げている場所でのフィッシングで、彼らは入ってきて、君に合法のアプリケーションを使用しているようにあたかも思わせるのに十分な情報を取得します。あなたはそのアプリケーションを使用してあなたかからIDとパスワード等を抜き取り、彼らはあなたのコインを手に入れに行くといった具合です。なので、それはあなたの不注意で、彼らは本当にはPCに入ってきてうろうろはしておらず、またハッキングもしておらず、コインを盗むという事もしていません。

たとえあなたがあなたのウィンドウズPCのNSAバックドアを持っていたとしても、かれらは君のPCのどこに財布があるのかも知ってはいないということを胸に留めておいてください。かれらはごちゃ混ぜの物を壊すことはできないし、彼らは財布にいくら入ってるのかもしません。かれらは君のバックアップシステムがどういうものなのかも知りません。彼らは君のパスワードやその他も知らないでしょう。

なので、この君の個別財布という考えは壊されるし、ハッキングもされるという事はいくつかの点でミスリードをもっていることになります。なぜなら、それは基本的に正味獲得のないもののためにするには非常に難しいことですから。なので、この本当のハッカーとクラッカー、彼らは巨大な蜂蜜のツボに向かいます。というと、取引所、もしくは彼らがフィッシングスキームを理解するか、または彼らがbitpetitのようなものであるかです。

うーん、Bitpetitは以前に破綻した何かだった。それは2か月は存続してたのかな。3ヵ月かな?あれはウェブサイトで、合法であるようだった。

Cryptoにかれらは百万ドルを投資したんだ。そして消えていった。そしてそれと言えば詐欺という大きなリスクだ。欺瞞をとおした窃盗で、君のPCをハチャメチャにするようなハードクラッキングだとか、そういった我々が考えているものとは正反対のものだ。

ここには本当に、、、もしも君がダークウェブもしくはブラウザーサイトをベースにしたツアーに出かけるのであれば、それに関してのフォーラムがあるので、何が話し合われているのかも見てくればいいでしょう。

それは全て異なったフィッシングの試みと取引クラッキングの試みで、全員は個別のPCで動くようなクラックボットに関しては準備していません。なぜなら、リスクや工数、努力みたいなものに見合うような利益がないのですから。

 

インタビュアー:

面白いですね。ところで、クリフ、ちょっと違う質問があります。ウェブのボットやそういうテクノロジー全般の今後をどう考えていますか?

 

Clif High:

その種のテクノロジーは本当に伸びています。私のもうまくいっています。

 

インタビュアー:

それはよかったですね。

 

Clif High:

ええ、私のものの未来が・・・

 

インタビュアー:

Igorはまだ隠れているのですか?

 

Clif High:

ええ。

 

インタビュアー:

それとも・・・

 

Clif High:

Igorは懸命にサーバーと格闘しています。サーバーの問題があるので、11日に報告書が出せそうになくて、12日になりそうなんです。

 

インタビュアー:

Clif、 Igorをチェーンでつないでおいたから、出してやるのは無理だと言うのかと思いました。

 

Clif High:

まさか、それだけはしません。かみついたり暴れたりされますよ。本当にしません。

 

インタビュアー:

それはよかった。

 

Clif High:

私のシステムは、そもそもの構造が原因で大問題を抱えています。2019年以降も使用するなら、大幅に書き直さなければなりません。現時点での見込みに過ぎませんが。問題はこういうことです。今、20年前より、もっと複雑なスパイダーが必要になっています。必要なコーディング作業は、様々なスクリプトや配信システムなどに対応するだけで、最高1000倍にも膨れあがっています。加えて、何かにつけて細分化が進んでいるので、リンクする可能性のあるいろいろなスクリプトに合わせて多種多様なスパイダーを用意しなければなりません。20年前には、こんなことは一切必要なくシンプルにHTMLだけでした。それで、データ収集能力が影響を及ぼすような配信メカニズムの複雑性の問題に直面するようになりました。毎回データ整理の所要時間が長くなり、同時に取るべきデータの量も増えているのです。

あなた方がずっとチャットしていることで、私が整理したり出所としたりする必要があるものが生成されていきます。これは、良いことでもあり、悪いことでもあります。データが豊富にあるのは良いことですが、作業負荷は増えます。そして、第三の観点というものもあり、これがモデルスペースにおける私のモデルとなっています。そして、それはかつて私自身の言葉をデータストリームから隔離し、ループに陥らなくすむようにしてくれていました。

今や、解釈を施したデータセットの約1.5倍にもなるのです。ですから、昔はMOMが非常に小さなもので、私が作業するデータの2~4%くらいのものでした。今では、私自身が過去に言った言葉のうち後で持ち出されて私たちをループに陥れる可能性のあるものをトラッキングするだけで、MOMは私の作業しているデータセットの1.5倍くらいのサイズになります。現時点では、例えばほとんどの中国人は私の名前など聞いたこともなく、私の言葉を振り返ったりすることもないでしょうから、概念的には大した問題にはなりません。しかし、クリプトスペースのコミュニティではそうはいきません。私は細心の注意を払って自分の言葉を隔離しなければならないため、こういった問題が起こります。しかし、この件に関して本当に影響があるのは、処理能力に比してのMOMの成長率とデータサイズなのです。

そこに、連続処理でなく、バッチ処理を行っていることも加わってきます。すべてがバッチ処理です。まずあらゆるデータを収集し、それから処理し、システマティックに解釈します。単にワークフローを実行するのとは違います。ですから、収集工程に60日かかってから、30日もタイムラグのあるデータを解釈するはめになっているのをわかっています。ですから、ディテールに関しては即時性を重視する自分自身の価値感に反して作業していて、どこかの時点で処理・解釈するのに解釈対象の期間よりも長い時間がかかるという事態にもなるでしょう。2019年の前半にもそうなるのではないかと思っています。さて、この件に取り組む中で、私はMOMに対する面白い新趣向を思いつきました。概念的には、MOMを非常に特殊なグラフィックに縮小することになります。ハッシュしたグラフィックと言っていただいてもいいでしょう。データセットを非常に巨大な集団にし、同一のプロセスで変換しハッシュを比較することで、大量のMOMデータを除外できるというものです。

テキストで比較したり、一つのデータベースを持ったりするのではなく、他のデータベースとの共用体を持つか連動して、どの程度がレプリケーションされ、どの程度のマッチングがあるかを見るのです。私はグラフィックとして処理するため、いったんアルゴリズムなどが完成すれば、そのパートは非常に速く処理できることになると思います。MOM問題を回避する方法を発見したと言っていいかもしれません。とは言っても、作成や確認のための機能テストが完了するまでにはしばらく時間がかかりそうです。完成すればMOMの問題が解消して、いろいろな処理スピードが格段に上がるでしょう。目下のところ、本当に悩まされているのがこの件ですから。多くの処理が、データセットを過去2週間のデータだけでなくMOMの中身とも対照して、当該データを削除しても構わないほどのマッチングがあるかどうかを確認しているのです。

ともかく、現時点では私のシステムは何か手を打たない限り2019年内には使用できなくなる見込みです。現在、業界全体は非常に成長しているようで、予測分析を立ち上げたい人々からの連絡が週に5~6件は必ずあります。これは新しい呼び方で、もう予測言語とは言わず、予測分析と言うらしいですね。でも、自分のシステムを作成しようとしている個人や、そういった業種の様々なレベルの会社の社員さんから、毎週5~6件は私のところに連絡をもらっています。この分野に進出する気があるとは思ってもみなかった会社からの問い合わせもありますから、参入を試みている方/組織は非常に多いようですね。その点では、こう思っています。自分でやらなくても誰かが代わりにやってくれのだから好都合です。問題はありません。

 

インタビュアー:

これから1~2年でどんなレポートをしようと思ってるの?暗号通貨に関するものだけ?それともALTA報告書はどう?ALTAに代わるものに関しては?

 

Clif High::

僕が本当にいらいらしているのがそれなんだ。見ばえのいいALTAみたいなデータはいくらでもあるけど、暗号通貨が内包してるいろんな新しいものに対応しきれてないんだよ。現時点では、僕は暗号通貨だけにフォーカスする。だって、今そこにはとてつもない量の精神的エネルギーが注ぎ込まれてるし、今後2~3年のうちに大きく成長して、この先の何年かを席巻するのは間違いないから、そこに注力したいんだ。

でも、以前はALTAの報告書に入っていたはずの、もっと興味をそそるその他の面にタッチできないのには、正直うんざりさせられる。現段階では、疑わしい要素があるせいでそういったもの全てを度外視しなきゃならない。だから、データセットに対しては、ブルーチキンの連中に汚染されてないかと常に懐疑的でないといけない。ブルーチキンってやつは本当に困ったもんだけど、その時宇宙が僕に暗号通貨に乗り換えろと言ってたのかもしれない。僕はその領域でより大きな成果を出してたからね。だから、僕が注意深く行動できたっていう意味では、暗号通貨の世界では今のところいろんなことがとても明確になってると言わなきゃならないと思うね。

暗号通貨の世界に参入した人たちは、今のところほとんどすごく良い反応を示してる。イノベータータイプでなくても正しい選択をしようと勉強している。そして、特別な才能がなくともいい時期に参入することで、自分自身や家族の借金を返して家や何かを買おうとしている。2つの理由で、僕はこれをすごくいいことだと思ってる。それに、今は重大な犯罪と関係しなくても巨万の富を得られる、史上初の時代なんだ。

それから、権力やコネがあるわけじゃない奴らにも行動を起こすチャンスが与えられる初めての時期でもある。だから、暗号通貨の世界で僕が面白いと思ったのは、ミスター・グローバルはデジタル通貨を必要としているから暗号通貨を欲していると言ったキャサリンは正しいのかもしれないってことだ。ミスター・グローバルを怒らせたら自分の持ってるデジタル通貨を消されると思って、この通貨を怖がる人は多いだろう。でも、暗号通貨ではそれは不可能だ。そう言う意味では、ミスター・グローバルが暗号通貨をどう利用するかっていう点でのキャサリンの理解は間違っているかもしれない。

だけど、確かなのは、ミスター・グローバルってものが存在して、配下の人間をシフトしようとしていることだ。そういう人たちは、ミスター・グローバルに依存して命じられるままに動き彼を権力の座である最上層のマネジメントに留めてくれる人たちだけど、最初に動くのも彼らだよ。ミスター・グローバルがシフトしていく中で、彼らは暗号通貨を支える新たなベースになる。

でも、僕のようにその状態から飛び出して全く違う性質の人たちを巻きこんでいく人間はそうはならない。そして、今やミスター・グローバルは、既に僕らの多くが先に参入してしまったがために、自分の下にいる最高のエリートたちが参入しては失敗しているのに気づくことになった。パラダイムはXXではなく本当は分散化しているんだ。そして、分散化しているからこそ、僕らが優位にたてる。ミスター・グローバルが予想していたようなトップダウン型のメカニズムは、ここにはないんだ。

 

インタビュアー:

確かに、今日のほとんどの人は完全にシャットダウンされうる状況にいると言えるね。資産や銀行口座、それに誰もが大なり小なり利用しているクレジットカードもシャットダウンの可能性がある。しかし、そこから生まれる恐怖は、自動運転車や自動支払いシステムを始めとする無数のオートメーションに対して、自分たちが必要な影響力を持てていないということなんだ。現在、暗号通貨の存在で自分たちが最終判断を下せるようになってる。私自身は、それがいいことだと思ってるんだけどね。

 

 

Clif High::

それが変わることもないだろうね。中央集権型の考えのリネット・ザンが吹聴しているような、SDRが発動されるとか全てがプラットフォーム上でデジタル化されるとかSDRと連動するようになるとかっていう恐怖や不安は完全にナンセンスだ。だって、あの人はテクノロジーを理解してないんだ。もし理解してたら、言うだろうね。G20が足並みを揃えて、ボーイングやロッキード、GEなんかに、自分たちの暗号通貨を運用させるだろう。自分たちがそれを流通させてSDRに連動させれば、すぐに地球上のすべてがデジタル化されて、自分たちの暗号通貨を利用することになる。

家を売りたければ自分たちの暗号通貨を使うしかなくなる、なんてね。こっちにしてみれば、自分の家は自分の思う対価で売って買い手に渡す。僕があっちのシステムを利用する必要はないはずだ。あっちが自分たちの暗号通貨でなければと言っただけで、本当にそうなるわけじゃないんだ。それがこういったものに自発的に参加した理由で、君が言ったように自分たちが最終判断を下せるからなんだ。その決定の結果何が起こっても僕の問題だが、同時にその脆弱性が露呈することにもなる。僕らは皆SDRに紐づいた通貨を使うべきだって教えたのはばかな奴だよ。本当にそう思う。

 

インタビュアー:

はい、大きな項目の登録について、そしてすべてがそれをダメにするにもかかわらず、家を登録する必要があり…。

 

Clif High:

残念ですね。

 

インタビュアー:

でも、アメリカでは家を登録する必要はありませんよね。

 

Clif High:

ありませんよ。1930年代に起きたことを聞いてください。郡政府は従業員をがんじがらめにしていたので、証書を作成して家を建ててからの15年間は記録を取っていたかもしれません。そして家は5~6回ほど売りに出されるので、40年代の終わりには家を買うと権原保険が発生しました。権原保険が発生したのは、他の人が実際の法的所有権を持っていないかどうかを調べる必要があり、アメリカ全土にわたってシステム自体が大混乱していたからです。

そうです、カリフォルニアにいる私の親戚は山を購入しました。大きな山ではなく2,500フィートくらいで、その山を所有していました。その親族はおそらく20年ほど証書を登録しなかったので問題を分類したり、放棄の際の権利放棄証書を得たり…物件には抵当が残っていないことを示す文書に署名して、郡への登録が可能になるのです。

しかし、この20年は問題になったことがありませんでした。登記証書がなくても、全てに対して税金は支払っていましたから。だから、登録する必要がないのです。同じことは今では、特許などにも当てはまります。12の異なる仮想通貨の全ては、特定のブロック処理に関連する知的所有権を得る考えにつながります。仮想通貨のErgoの中で今回、この考えを証明することが可能です。

政府によって与えられる特許権に同一のものがないのは本当ですが、システムの外側にいる人たちはあなたが特許権を持っていると考えて、あなたの背後で政府が操作をして、本当ではない特許権に注目を集めるようにします。

あらゆる種類の考えや機器などに対する特許権とは、単にそのアイデアを持っているという証拠と共に訴訟を起こす権利であり、あなたがそのアイデアの最初の持ち主であるということではありません。そして、多くの特許権が実際の訴訟になってから初めて覆され、例えば、ある男は10年も早くアイデアを考えついていて、我々には彼への支払い義務があって、その特許の使用について彼を訴えるのです。

システムはあなたが想像するような鳥かごと同じではありません。実際、かなり大失敗しています。もしアメリカにあなたがいるなら、大半は東海岸である確率が高く、西へ行くにつれて確率は低くなります。

しかし、あなたの証書がダメになって権原保険が使用できない可能性があり、それを購入するには実際に弁護士のところへ出向く必要があり、これは抵当電子登録システム(MERS)と呼ばれています。主要な貸し業者はすべてこのシステムを使用してやり取りをして、証書は登録されていません。あなたが家を売る場合は、彼らは単にシステム内にあなたの家があることを確認して、販売を許可するのです。なぜなら、あなたは銀行と関わりがあって、その銀行がまず最初にあなたの物件をシステム内に入れるからです。

そして何年か後に誰かが来て、現金でその家の購入を希望し、郡へ行きます。そこで、あなたは正確に言うとその家を所有していないことが分かり、誰が所有しているのかも分からないのです。なぜなら、MERSは複雑すぎてすぐに故障するからです。これがロボット署名などの行き着くところであり、システム自体はすでに低下しています。私は家を登録する必要はないのですがそうせざるを得ず、そしてそれがもたらす結果について忠告されました。

そして実際、私はそういう事態に遭遇し、いくつかの物件を買い、この家を売ろうとしたときに騙されそうになりました。この詐欺行為からは免れ、私の家族はこの地域が好きなので、私は多くの物件を買いました。そして、隣にあるこの古いレンタルハウスを購入し、リフォームと建て増しをしようと思っていました。そして、土地の測量時に問題が発生したのです。

その建物の記録はあるのですが、権原会社が選ばれていなくて証書付きの地役権が私の購入した土地になかったのです。それは、そこに私は建物を建てることが不可能なことを意味し、建築可能な範囲がないのです。その範囲というのは、郡が特定の建築物に対する建築を許可するエリアのことです。

誰かが証書付きの地役権を買って郡に登録することは、何の役にも立ちません。なぜなら、私がその物件を買いに行ったとき、その証書には署名がなく、そこの物件があることを私が知らなければ、私は購入できなかったのです。登録することはたくさんあるのに、無駄なことが多すぎるのです。

 

インタビュアー:

ちょっと面白いですね。将来のBenjamin Franklins、Thomas Jefferson、Patrick Henryのような人がいるのですか。

 

Clif High:

彼らのような人間がたまにいて、異なる見解から行動しています。1700年代の革命はアメリカやフランスだけが影響を受けたのではなく、人類が体験した革命の波でした。なぜなら、その時期からボルシェビキ革命にかけて、無数の革命が起こったからです。私が思うに、波は我々と大きな社会秩序との関係から見ると、これら全ての革命が今では非常に個人的なレベルとなり、それが起きようとしていることであり、まさに始まるのです。

そこにはこれらの個人がいて、新しい政治体制に基づく新たな政治的自由について彼らは明確に述べていないだけなのです。彼らが述べているのは金融体制に基づく個人の自由なので、そこが違います。だから、政治革命家はこれらの個人を革命家だと見なしませんが、これはどのように反ファシズム運動がダメになったのかということなのだと私は知っていますし、それは中止された始まりに対して望んでいることであり、どこへも行きません。

それに、真の革命家たちは彼らが支配可能な政治の中で身動きが取れないことなど、ちっとも気にしていません。彼らはコントロールできないソフトウェアに取り組んでいて、これらの人たちとあなたたちはSlack やGithubなどについて長い激論を交わして、自由に対する個人のアプローチを再定義しようとしています。このソフトウェアのおかげで、もう私はXYZについて心配しないでよいと言いながら、その試みをおこなうのです。なぜなら、私はその回避が可能、もしくは関与する必要がないからです。 .

だから、多くの人たちは例えば宗教的なレベルで、仮想通貨は聖書に出てくる獣の刻印で、この仮想通貨を使って自分の子供の誕生が登録できて、国家システムに関わりを持たないのは素晴らしいと言っています。

私が何を言っているのかお分かりですね。彼らはこのように見ていて、自由に関する特定の側面を無視しているのを彼らは全く理解せず、そういう方向に進んでいるのです。私の多くの原動力が生まれてくるのはまさにそこからであり、私が仮想通貨に首を突っ込んでいるのは金融的な側面よりも社会の急進化や変化の面に関係があるのです。

 

インタビュアー:

あなたはそれにうんざりしていませんよね。

 

Clif High:

していませんよ。

 

インタビュアー:

ちょっと確認したかったので。

 

Clif High:

私は違いますから。

 

インタビュアー:

はい、私たちは違いますね。あなたはまだ、ここ太平洋岸北西部の沖合で地震の起こる可能性が高いと思っているのですか。

 

Clif High:

はい、もちろん、それが問題です。物事には強度と価値が常に存在します。UFOに夢中な奴らを含めて、時には闇の国家について話している人たちがWuWuコミュニティにはいますし、UFOとエンジニアの対決は地球レベルとなり、この対立は私たちに理解させようとする彼らの意図なのです。しかし、言い換えれば、彼らは過ちの中でエネルギーを放出することをやっていて、有頂天になるようなことではありません。

これが有効なのか私は分かりませんが、CERN(欧州原子核研究機構)が地球に影響を与えていて、南極で発生する全てのことは地球に影響を与えているのだと、私は知っています。だから、私たちが見ているデータに関する地震の強度について述べるのが難しいのは、CERNからの見解に従うアイデアが関与しているからです。CERNは岩、つまり結晶岩の下に埋められ、地球上で生産されているよりも多くの電気を送り込んで、身を隠しています。だから、私は地震に関する発生地、強度、どのように発生するかなどついては、このように全てが変化しているということを確信しています。

 

インタビュアー:

えー、とにかく、誰にも分かりませんが、私たちにとって良いアイデアが信じられるかどうかにもよると思います。時間が過ぎていますので、この辺で終わりにしましょう。ありがとうございました、Clif。感謝していますし、今回の分はまもなくアップします。それにSibelもありがとう。では皆さん、次回までさようなら。

 

Clif High:

ありがとうございました。

関連記事

  1. 海外情報

    JPモルガン、仮想通貨の導入に反撃するには「適合」が必要だろうと発言

    世界的金融サービス企業のJPモルガン・チェースはつい最近、自社ビジネス…

  2. 海外情報

    AWSがHyperledger FabricとEthereumの利用を容易に

    Eコマースの巨大クラウドコンピューティング部門であるAmazon We…

  3. 海外情報

    ナスダックCEO:暗号通貨の為替市場となることを『前向きに検討する用意』があります

    時価総額が9兆ドルに上る世界第二位の証券取引所であるナスダックは、統制…

  4. 海外情報

    Jack Dorsey、Bitcoinがウェブの「基軸通貨」になることを期待

    Bitcoinはインターネットの基軸通貨になる運命なのだろうか。…

  5. iXledger

    iXledgerプラットフォームのアップデートなどについて

    開発の進捗状況と通常のアップデートについてお知らせします。iX…

  6. 海外情報

    韓国での「適正」な規制は市場を押し上げる、ビットコイン取引所Bithumbが発言

    韓国での「適正」な規制は市場を押し上げる、ビットコイン取引所Bithu…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP