Popy

最後のICOチャンス。

「ICOはもう終わった」と言われていますが、そうは思いません。

案件精査ができれば、資産を数倍に増やすことは可能です。

ただ、言えることとしては、それは今が「最後のチャンス」だということです。

 

先日投稿した「ICOは稼げるのか?」という記事では、ICOで集まった資金と記事執筆時点の時価総額の表を掲載しました。

あの表を見ていただければ分かると思いますが、ICO時よりも評価が落ちているプロジェクトは稀です。

稀ではありますが、あの表に載っていない「どうしようもないプロジェクト」もあるので、そのICOには絶対に参加してはいけません。

 

記事執筆後に新たにhttps://coinmarketcap.comに掲載されたコインが幾つかあります。

例えばというところで、自分も持っているこの2つ。

Name Ended On Total Raised Market Cap(2017/9/12) ROI
Monetha 2017/8/31 $36,600,000  $52,153,146 142%
Giga Watt 2017/7/31 $20,218,239  $2,255,481 111%

ちょっと前まで、もう少しROIも高かったのですが、この数日間の下落で低くなってしまいました。

それでも、ICO価格よりは上です。

Monethaは数日前はROI240%くらいまで価格が上がっていました。

100〜300ETHくらいであればEtherdeltaで、今でもこのROIで利確することができます。

ですから、8/31にICOでMonethaを買っていれば、余裕で利益を生めたということになります。

ただ、Bittrexのような大手取引所での取り扱いがスタートすれば、価格がかなり高騰しますので、今の段階では売ることも無いと思います。

しっかり精査して選んだICO案件であれば、最低でも3〜5倍を狙っていっていいはずなので。

 

ちなみに、投資したICOを幾つか紹介すると、

https://www.giga-watt.com/

https://www.monetha.io/

https://www.everex.io/

https://propy.com/

https://www.kickico.com/

https://enigma.co/

この辺りが主力で、総投資額は約6000万円となりました。

 

今後の参加案件を<GOD GROUP+>のメンバーにはシェアしていますが、今夜は参加予定のICOが3つあるので、忙しくなりそうです。

この3つに関しては、かなり手堅いと見ています。

ただ、期待できるICOというのもかなり少なくなってきました。

立ち上がる見込みの無さそうなプロジェクトや、マーケティングが稚拙なチームや、むやみにキャップを大きくして今後の値上がり期待が薄そうな案件などが群れをなしている状態です。

これらのICOですと将来的に数倍というのは、ちょっと難しいかと思われます。

難しいどころか、売買もできないということになって、大金でデジタルクズを買ったということにもなります。

そして、判断基準の無い方ですと、何が良くて何が悪いのかも見極められないかもしれませんね。

情報収集力も必要ならば、いわゆる人脈的なものや、相手から有利な条件や情報を引き出す交渉力も必要になりますから。

 

この後に開催されるICOで精査中のものが7案件です。

精査を進めて2〜3案件に絞っていきたいと考えています。

ここまでで総額1億円ほどの投資で、自分のICO参加は終了する予定です。

本当にこの辺りが「最後のICOチャンス」となるのではないでしょうか。

ICOから40倍になったOmiseGOまでとは言いませんが、10倍くらいには伸びる物が自分が参加した、もしくはこれから参加するICOにあるとは思っています。

一連のICOで投資した1億円が5億円くらいになって戻ってきたら、とっても楽しいですね。

期待しています。

関連記事

  1. Popy

    パリス・ヒルトンの父、16世紀ローマ建築のマンションをブロックチェーンオークションにより売却へ

    暗号通貨によるマンション売却における直近の例として、リアリティ番組のス…

  2. ブログ

    今の状況は今年の春に非常に似ている。

    アルトコインが大盛り上がりを見せ、日本各地で億万長者が生まれているよう…

  3. ブログ

    仮想通貨ヘッジファンドの運用益が、年度当初から現在までに2,129%増

    年初より+2,129%という驚異的なパフォーマンスを叩き出した「Alt…

  4. ブログ

    これからはどこを見ていけばいいのか?

    投資全般に言えることではありますが、暗号通貨投資においても資金が今どこ…

  5. Cindicator

    ポートフォリオ内の有望アルトコインを紹介します。Part 2

    2017年の結論から行きますと、時価総額100位以下の銘柄は時価総額5…

  6. ブログ

    全面安日の暗号通貨トレード。

    ここ最近チャートを精査してのトレードがうまくいっており、保有銘柄の動き…

最近の記事

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP