ブログ

仮想通貨投資家トップ10人が選ぶお気に入りの長期投資向け銘柄

有名メディアhuffingtonpost.comで「10 Top Cryptocurrency Investors Share Their Favorite Long Term Picks」という記事が配信されました。

日本ではこのような形の記事はあまりないので、読んでいて面白かったですね。

 

個人的な感想としては、著名な投資家ほど固い銘柄を選んだなという所です。

やはり「長期投資」ということで行きますと、どうしても固い銘柄になるのでしょう。

 

ただし、その銘柄を選んだ理由については参考になる部分が非常に多いので、しっかりと目を通していくのが良いと思われます。

 

日本語訳を下記にシェアします。

 

仮想通貨投資家トップ10人が選ぶお気に入りの長期投資向け銘柄

 

仮想通貨スペースでは現在、短期投資に多くの注目が集まっている。

しかし、不確定だがある将来の時点で、投機の逆転現象が起きようとしている。

それが起きたとき、あなたは最適なポジションにいたいと思うだろう。

 

もっぱら現実社会で価値創造の形式としての投資は、私の仮想通貨ヘッジファンドであるGeneral Cryptoが前提にしている哲学である。

あなたが熟練したデイトレーダーで信じられないほどのストレスレベルが気にならない限り、今週のはやりに飛びつくよりは流れを変える価値を備えたコインを買って保持する方が賢い。

 

その価値の妥当性を分析するのは容易ではない。

だから私は、フルタイムで専念している非常に聡明な人たちに対して、彼らが長期的に保有している仮想通貨は何かを聞くことは面白いだろうと思ったのである。

 

ここで、各トレーダーが少なくとも今後の2年間は保有する意志がある(さらにその保有数は減らさない)お気に入りのトップ3と、なぜそのコインを非常に信頼しているのかを紹介する。

 

考慮すべきことは、2017年第3~4四半期現在、約100の仮想通貨ヘッジファンドがしのぎを削っているとみられる点である。

100も!当社のファンドは、Forbesで15の中のひとつとして取り上げられた。

これは、投資家の大量な資本が流入しようとしていて、それは仮想通貨が今までに目にしたことがないほどの規模になることを意味している。

さらに、スマートマネーがスマート仮想通貨を選別しようとしている。以下の記載が、私と他の9名が支持する仮想通貨である。

 

 

Logan KuglerGeneral Crypto経営パートナー)

 

では、私のお気に入り3つから始めよう。

 

RIPPLE (XRP) — RippleはSWIFTの後を追い、そのトークンであるXRPは国際送金の方法を完全に変えうる。

なぜか?現在、国際送金には数日間かかり、手数料は莫大である。

同じ日のうちにある国から他の国へ送金する方法は、文字通り現金が詰め込まれたスーツケースを抱えて飛行機に乗り込む以外にない。

XRPは4秒のうちにわずかな手数料で世界のあらゆる場所へその価値(お金)の譲渡が可能である。

他のコインとは違い、金額が多くてもシステムダウンはない。

 

なぜ私は強気なのか。

市場サイズがすでに大きく(SWIFTの取扱高は1日5兆ドル)、テクノロジーもすでに構築され(Rippleは2012年から従事)、彼らのチームは世界レベルであり、100行近い提携銀行がすでに準備をして試行段階、もしくはサービスを開始しようとしている。

SBI Holdings のCEOは、XRPはデジタル通貨内のグローバルスタンダードになると考えている。

 

Bitcoinの大ファンは、XRPは分散型でないので真の仮想通貨ではないと言いたがる。

だが実際、Ripple はXRPをBitcoin以上に分散型にしようと取り組んでいる。

時間はかかるだろうが、すでに出だしは好調である。

 

XRPについては、そのタイムラインについて見落としている人がいる。

Ripple は銀行業界全体を変革する立場にある。

一晩で起こることではない。

反発や大幅な修正はあるだろうが、私はRippleが一貫して突き進むことを期待している。

他のコインのように、早急に大きなことが起こるのを期待してXRPを買ってはいけない(そして、半値になったとしても、おじけづかない)。

重要な違いは、XRPは強力な使用事例、チーム、テクノロジーをまさに前提にしていることである。

今、喜んでこのトークンを買って少なくとも5年間は保有すれば、あなたは信じられないほどの投資利益を手にすると思う。

Rippleについて簡単に考えたいなら、次のようになる。

情報が伝達されるのと同じように、XRPは国境を越えてお金を移動させようとしている。

これは桁外れに大きな利点である。

 

本記事掲載時の価格:$0.266

 

FACTOM (FCT) — Factomは不変の記録を約束する。

これは(1兆ドル規模の)住宅ローン業界、銀行監査記録、Targetのような巨大データベースを持つ小売業、Warner Bros.のように膨大な映画カタログを保有しているスタジオ、歴史資料を抱える政府などに大きな影響力を与えうる。

Factomの競争は現在、プラスであると証明されるものに限定され(例:チェーン上にXの存在を示すことは可能か)、それらは存在証明、統合性、所有権などに関連し、彼らが解決しようとしている全般的な問題は限られている。

Factomはプラスマイナス両方の証明ができ、一定期間内に情報は存在しているのか、またはそれは最新版なのかについて分かる。

Factomは主要な記録保持者の記録方法を変え、全記録が永遠に存在することの保証が可能である。

 

本記事掲載時の価格:$25.61

 

MONERO (XMR) — Bitcoinが当初から約束しているもののひとつは匿名性である。

多くの人たちは、当初に感じたほどの匿名性はないことが分かっている。

誰が特定のウォレットアドレスを保有しているのかは不明な一方で、取引は簡単に追跡できる。

そのため、あなたの身元がウォレットアドレスと関連している場合、いくつか分析することで取引が実質的に公的な銀行明細書になるうる。

XMRが機密性の分野をリードしている匿名コイン(もしくは「anonコイン」)を投入しよう。

住所は毎回、自動的に暗号化されるので、痕跡が残る心配をする必要はない。

匿名の取引を望む人たちの中で、Monero XMR は非常に人気を集めると思う。

いまだに不確かな点は、その規模を拡大できるかどうかである。

この記事を執筆している数時間の間にXMRの価格は50%高騰し、取引回数が非常に増加している。

 

本記事執筆時の価格:$83.59

 

 

Spencer BogartBlockchain Capital常務取締役および研究責任者)

 

BITCOIN (BTC) — Bitcoinは、市場機会を示すいくつかの事例に対して効率的に役立つ能力を持っていることが証明済みである。

オンラインでモノを効率的に売り、他の機会へ成長させる前にこの能力に注目したのはAmazonが最初だった。

同じことがBitcoinにも当てはまると思う。

 

本記事執筆時の価格:$4,180

 

MONERO (XMR) — ひとつだけ選ぶように強いられたら、プライバシーに欠けるが私はBitcoinが最も気になるだろう。

自分が手に入れる前に誰が保有していたのか、それで何がされたのかにかかわらず、それぞれのBitcoinは他のBitcoinと同様の価値があるはずである。

今のところ、これは大きな問題ではない。

しかし、Moneroはこのリスクに対して好ましいものである。

なぜなら、Bitcoinよりもプライベートであり、そのために同程度の代用可能性のリスクがないからである。

 

LITECOIN (LTC) — Bitcoinが金なら、これは銀である。

コードはBitcoinに似ているので、LitecoinはBitcoinの開発者ネットワークと改善法の活用が可能である。

新規に開発者コミュニティを構築しようとする他のコインに対して、これは非常に優位となる。

Bitcoinに破滅的なことが発生した場合、ある程度の資本はおそらくLitecoinへ流れるだろう。

 

本記事執筆時の価格:$51.63

 

 

Rafe FurstThe Crypto Company最高投資責任者)

 

DASH (DASH) — 仮想通貨のゲートウェイだったBitcoinの君臨は、終わりを迎えようとしている。

問題は、その代わりは何かということである。

それはLitecoin、Zcash、Ripple、Moneroだという議論が起こりうる。

私がDashを好むのは、消費者に対する親しみやすさ、柔軟性、 分散型ガバナンスプロトコルに重点を置いているからである。

例えば、2016年に提案されたブロックサイズの増大に許可を与えるため、Dashコミュニティがかけた時間はわずか24時間だった一方、Bitcoinコミュニティがスケーラビリティの問題に対処するには3年かかり、しかも議論はハードフォークに終わった。

 

本記事執筆時の価格:$296.56

 

ETHEREUM (ETH) — EthereumはBitcoinの機能を代替しない一方で、スマートコントラクトエンジンとして重要な役割を継続し、さらにマスターブロックチェーンとして新たなアプリケーショントークンを生み出すだろう。

 

本記事執筆時の価格:$324.99

 

STEEM (STEEM) — あなたのソーシャルメディアへの投稿が、その人気に基づいてお金が稼げるかどうか考えてみよう。

他の人が発行した内容に関する流行仕掛け人やキュレーターとして、お金をもらうことができるかどうか想像してみよう。

コンテンツクリエーターがそのコンテンツに対して100%の所有権を持ち、クリエーターとファンの間に広告主や特別な利害関係がないとしたら、どうなるだろうか。

STEEMはまさにこのような機能に向けて使用される初のユーティリティトークンである。

RedditやMediumのようなプラットフォームや、Facebookでさえもナーバスになるはずだ。

 

本記事執筆時の価格:$1.25

 

 

Brad MillsAlphabitファンド戦略家)

 

BITCOIN (BTC) — 自宅の地下でマイニングを始めた2011年以来、私はBitcoinを保有している。

少なくとも1枚につき10万ドルになるまでは保有を続けるつもりだが、それは3~5年のうちに起こるだろう。

根本的に強力なこのコインはオリジナルなブロックチェーンで、お金として考案されたものである。

 

Bitcoinが日本、韓国、インドなどの国々で法定通貨になれば、私は興奮するだろう。

Bitcoin ETFが許可されるのは単に時間の問題であり、 政府系ファンドや寄付基金が新しい資産区分としてのBitcoinにお金を配分することを、我々は目にするだろう。

 

METAL (MTL) — Metalは、長期的に保有されるAlphabitの中心的ポジションのうちのひとつである。

現在の時価総額はわずか1億9千万ドルだが、今後の1年間で10億ドル、もしくはそれを上回るだろうと思われている。

Metalには二重の使用用途があり、仮想通貨のリワードトークンやVenmoのようなピアツーピアの支払いアプリだけではなく、ポケットの中にあって連邦預金保険公社(FDIC)により保証された平らでピカピカ光る銀行でもあり、一般の人たちが簡単に仮想通貨を利用するようになる。

時価総額の競合相手として私は23億ドルのDashを取り上げるし、多くのユーザーが導入していることにも注目している。

 

本記事執筆時の価格: $8.78

 

WAVES (WAVES) — Wavesはロシア最大のブロックチェーンプロジェクトである。

その中核は、分散型のエクスチェンジとユーザーが作成するトークンの資金調達プラットフォームであり、 NXTコードベースから分岐している。

2016年に開催されたICOでは1,600万ドルを集め、時価総額は3億ドルを超えるまでに成長している。

 

今月、GazprombankとWavesとのパートナーシップが公表された。このパートナーシップはロシアのマイニングおよびメタル企業がICOを保有し、プラットフォームに多くの正当性がもたらされることを目指している。.

 

本記事執筆時の価格:$4.64

 

 

CryptoYodaTwitter上で非常に評判の高い仮想通貨トレーダー)

 

LITECOIN (LTC) — 2番目に古く、今までで最も信頼されているブロックチェーンである。

Bitcoinの約4倍の速さで成長したのに加えて、ブロックサイズの議論が始まるかなり以前からSegwitの起動をうまくやってのけていて、私にとってこれは肯定的な適応性を示すサインである。

Bitcoinから枝分かれしてアルゴリズムがわずかに異なるだけであり、取引高はBitcoinの約1.5%と全くばかげているが、支払いには便利なコインであると考えられている。

Bitcoinは主に価値の保存に使われるので、まるで金と銀の対決するようである。

 

ETHEREUM CLASSIC (ETC) — Ethereum (ETH) に対してETCの価格がこれほど安いのは、1年前のハードフォークの時期に起きた混乱のせいである。

2016年7月、コミュニティはEthereumブロックチェーンのハードフォークを決断し、不正侵入が発生する以前の時点へブロックチェーンを戻すことよってDAO投資家が失った資金を回復させた。.

 

ブロックチェーンの不変性に献身しているため、Ethereumコミュニティには大規模な抵抗があった。

コミュニティが「法律」に違反してDAOの不正侵入により影響を受けた人たちを救済したこともあって、ETHは生み出された。

ETCは現在、ETHの14.3%の価値で取引され、仮想通貨の基本原則である忠誠心に基づいて考えてみると、それは私の目にはひどい過小評価のように見える。

 

本記事執筆時の価格:$15.51

 

ZCASH (ZEC) — ユーザーにとっては無名で過小評価されているコインのオファリングは数多く、その中ではZcashとMoneroが最も目立っている。

Zcashが偉大な勝利者のうちのひとつであると、私は思っている。

大きな関心が寄せられ、精巧に設計され、生成過程の安全性は高く、供給は非常に限られている。

最近でも価格上昇が起きていないことから、トレーダーたちが群がることが暗示されていると思う。

 

本記事執筆時の価格: $231.04

 

 

RomanoTwitter上で非常に評判の高い仮想通貨トレーダーおよびViacoin(VIA)責任開発者)

 

STRATIS (STRAT) — Stratisは、企業が簡単に利用できるようになっている。

彼らはナイーブなC#ブロックチェーンアプリケーションを開発、テスト、展開するために、シンプルで無理なく手が届くエンドツーエンドのソリューションを提供している。

ブロックチェーンテクノロジーの使用を始める銀行の記事を、今までに見たことはあるだろうか。

彼らはBitcoinブロックチェーンを利用するのではなく、Stratisのようなプライベートチェーンを使うのである。

Stratisにより、企業のプライベートブロックチェーンの展開が今まで以上に簡単になっている。

StratisはMicrosoft、Jaguar、Reuters、Cashaa、AIA Group、 RBC Capital Markets、Deutsche Bankなどの大企業と話を進めている。

 

本記事執筆時の価格: $6.09

 

DECRED (DCR) — DecredはまもなくLightening Networkを立ち上げる。

つまり、ほとんど無料で少額の取引が可能になる。

過小評価される可能性のあるコインにとって、Lightening Networkの存在は大きい。

DecredがDashの成功から多くを学んで実行していることは、注目すべきである。

しかし、Dashが豊富な外部資金(投資家に説明責任あり)を保有する一方、Decredはブロック補助金(ユーザーにのみ説明責任あり)による自己資金を持ち、その分配は完全に透明性がある。

Decred には分散型投票権があり、Charlie Lee(Litecoin責任開発者)が彼らのチームにいて、コードはクリーンに見え美しく書かれている。

 

本記事執筆時の価格:$29.97

 

ZCOIN (XZC) — たくさんある他の匿名コインが全く匿名なまま取引される中で、このビデオが説明するように彼らは違っている。

これは実際、大半の匿名コインは完全には匿名でない理由を説明している優れた記事である。

ZCoinのみが全くの匿名であり、私が思うに市場がいつかそれを認識して、Moneroと同じように賢明な時価総額になるだろう。

現在、ZCoinの時価総額はわずか2,600万ドルなので、非常に過小評価されているように思われる(比較すると、Moneroは12億ドル)。

他にも注目すべきことがあり、Roger VerがZCoinに対して良いことを述べている(私はRoger Verを少しも好きではないが、彼はかなり豊富な資金を手にしている)。

 

本記事執筆時の価格:$9.55

 

 

CryptoVisionaryTrading Group創設者)

 

RIPPLE (XRP) — 分散型台帳テクノロジー(DLT)はRippleとその関連コインであるXRPに動力を与えていて、その技術によって世界のあらゆる場所にいる誰もが、データ送信と同じ方法で(わずかな費用により)送金が可能である。

国際送金のような市場にとって、これは画期的な変化が進行中であることを意味している(送金部門では毎年5,000億ドルが取引されている)。

世界にあるメガバンクの多く(100行以上)は、DLTとRippleを活用して支払いサービスのコストを削減する計画を立てている。

実際、連邦準備理事会とイングランド銀行でさえ、Rippleのリアルタイム支払い能力を試行している。

 

AUGER (REP) — 世界各地の企業は自社内部および戦略的ニーズのため、すぐに利用可能な機密情報に高いプレミアを払っている。

Augerにより、世界の誰もが将来の出来事が発生する確率についての情報を入手することが可能である。

これを将来起こる出来事のGoogleサーチと考え、群衆の知恵として知られている魅力的な原則を使って未来をのぞいてみよう。

そのようなテクノロジーは、ギャンブルやスポーツギャンブルなどの規模が1兆円を超える多くの業界に大きな影響を与える。

 

本記事執筆時の価格:$22.59

 

QTUM (QTUM) — 中国のEthereumとしてQtumを考えてみよう。プ

ルーフ・オブ・ステークコインという点は除くが。

ネットワークを安全にするさらに環境に優しい方法であり、Bitcoinのようなプルーフ・オブ・ワークシステムと比較すると消費電力が大幅に削減される。

Ethereumのように、Qtumは独立した第三者により開発された無数のアプリケーションをホストし、アドバイザーに関してはスター総出演である(共同創設者のひとりは最近、Forbes Chinaの「30歳以下の30名」リストに掲載された)。

 

本記事執筆時の価格: $13.49

 

 

NotsofastTwitter上で非常に評判の高い仮想通貨トレーダー)

 

BLOCKNET (BLOCK) — 分散型でネイティブな仮想通貨取引の公表を争っているすべてのプロジェクトの中で、Blocknetのテクノロジーは実行するにはまさに最も強力、簡単であり、市場に一番近い位置にいる。

 

Blocknetは、交換取引の際にコインを送付する第三者リスクを取り除いている。

あなたはサービスノード内で5,000ブロックネットを担保にし、ノードと同じ機構上で好きなウォレットを流通させ、あなたのノードがサポートする通貨を誰かが取引する際はいつでも、取引料によりBLOCKを稼ぐことが可能ある。

Blocknetのプロトコルは、IEやNetscapeがWorld Wide Webを標準化、開放した方法でブロックチェーンの使用を根本的に進展させるだろう。

 

本記事執筆時の価格:$14.12

 

UBIQ (UBQ) — The DAOの哲学的な欠陥とEthereumネットワークの分裂により、スマートコントラクトブロックチェーンの競合企業に対してドアは開かれた。

Ubiqは最も強力である。

ETHとは異なり不変であり、そのブランドの焦点は実験から離れて企業のプロフェッショナリズムへと向かっている。

一度Ethereum ICO の流行がおさまってそのプラットフォームが信頼を失うと、その安全なネットワークと欠陥のない実績により、Ubiqは存続可能なスマートコントラクトの競争企業として提示されるだろう。

 

本記事執筆時の価格: $1.55

 

PARKBYTE (PKB) (まもなくParkChainへ変更;PKC) — Parkbyteは、私のアプリコインとして有望である。

簡単な前提があって、それは優れたトラッキング、標準化UX、全体的な低コストと効率性により、どこにでも存在して魅力のない業界を破壊することである。

業界経験により開発者たちは、ブロックチェーンを実施することで既存の駐車料金支払いシステムを破壊するためには、誰に対して何の売り込みが必要なのかについて、非常に正確に理解している。

 

本記事執筆時の価格:$0.278

 

 

SqueezeTwitter上で非常に評判の高い仮想通貨トレーダー)

 

CIVIC (CVC) — Civicは安全なアイデンティティプラットフォームで、識別目的のためにCivicトークンが使用されている。

Vinny LinghamはCivicのCEOであり、Shark Tank South Africaに登場する「サメ」の一員でもある。Civicはコンセプトとチームを有している。

Vinnyのコネと影響により、多くのウェブサイトがCivicをすでに組み入れている。

このタイプの本人確認には、ユーザーの導入が重要である。ユーザーの導入がないと、使用事例がなくなる。

 

本記事執筆時の価格:$0.546

 

TEZOS (TEZ) — 間違いなく最も大規模なICO資金であり、それは2億3千万ドルとなっている。

有名人が支援していて、その中には 億万長者のTim Draperがいる。

サイドトークン上にあるZcashのプルーフサーキットを利用して、匿名の取引も可能である。

彼らはこのプロセスを将来、優れたオプションに取り替える計画を立てている。

Ethereumと同様に、Tezos上でアプリケーションを作成することも可能である。

1年のうちにTezosの時価総額は数十億ドルになることを、私は確信している。.

 

本記事執筆時の価格:公開取引はまだなし

 

LISK (LSK) — これは多く人たちが見逃している敗北者のひとつである。

現在の時価総額は2億3千3百万ドルである。(Tezosに似ている)Liskは、委託されたプルーフ・オブ・ステークシステムを使用し、「代表者」が取引を検証してLiskの進路を誘導する投票能力を備えている。

 

今年の主な開発計画は、ブロックチェーンアプリケーション(スマートコントラクト)を開発、展開させるためにソフトウェア開発キットを生み出すことである。

彼らには強力な開発チームがあり、数十年間分の十分な開発資金(6,200億ドル)を保有している。

 

本記事執筆時の価格:$3.42

 

 

SicariousTwitter上で非常に評判の高い仮想通貨トレーダー)

 

DECRED (DCR) — Decredは今日の市場において、おそらく最も革新的な プルーフ・オブ・ステークコインであり、印象的な(そして量産可能な)分散型ガバナンスシステムを誇る。

ガバナンスソリューションに加えて、Decredは年内に匿名取引に加わる準備をしている。

Bitcoinのスケーリング議論と増大する仮想通貨エコシステムの政府監視は、ガバナンスと匿名性の重要性を強調し、2017年末から2018年にかけてのDecredの成長をお膳立てしている。

 

UBIQ (UBQ) — Ubiqはアップグレードされたコードベースと新たに設計された難易度アルゴリズム、チェーン上で流通しているトークンとしては数百万ドル規模のプロジェクトを有している。

さらに、公正の精神からのゼロICOや開発者プリマインでUbiqは始まった。

現在、時価総額はETHの0.5% 以下であるが、Ubiqは大幅に安いレートでETHに取って代わる一流の代替コインである。

 

BASIC ATTENTION TOKEN (BAT) —無料でオープンなインターネットの広告上で取引され、インターネットユーザーの間で導入が増えているのをアドブロッカーは目にしている。

広告主とユーザーの間でお互いに利益がもたらされる合意点を、彼らのインターネットブラウザであるBraveを中心に作り上げることで、BATはこの問題を解決しようとしている。

 

本記事執筆時の価格:$0.200

関連記事

  1. 海外情報

    Goldman SachsのBitcoinに対する動向をウォール街が追従すると、ブロックチェーンベン…

    ・ブロックチェーンベンチャー投資家のSpencer Bogartは、仮…

  2. 海外情報

    SECへの新たな申請によってビットコインETFの夢は今も生きている

    ETFの提供会社は規制当局の暗号を解読して、ビットコインに裏付けされた…

  3. ブログ

    月末から8.1にかけての考え方。

    昨日はアルトコイン全般が10%超の下げ幅となり、<GOD GROUP+…

  4. Popy

    最後のICOチャンス。

    「ICOはもう終わった」と言われていますが、そうは思いません。…

  5. ブログ

    Propy、第1回世界暗号経済フォーラムで開催されるハッカソンに貢献へ

    1月13日から16日にかけて、サウスサンフランシスコ・カンファレンス・…

  6. 海外情報

    MoneyGramが国際決済の迅速化に向けXRPを利用する

    世界の送金サービス市場は大規模なビジネスです。2016年には母…

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP