ブログ

ブロックストリームサテライト:宇宙からビットコインを配信

Blockstream Satellite: Broadcasting Bitcoin from Spaceというニュースが話題になっています。

通信衛星でインターネットが繋がらない地域でも、ビットコインが使えるようになるというもので、極めて画期的なアイディアです。

 

日本語訳を下記にシェアします。

 

昨日、ブロックチェーンテクノロジー企業であるBlockstream 社が作成したビデオ広告が、仮想通貨と宇宙ファンの間で興奮の波を巻き起こした。大半の参加者が思案していたのは、Blockstreamが宇宙から地球全体へBitcoinブロックチェーンをストリーミング配信するという、(数ある者たちの中でも)Bitcoin開発者のJeff Garzikにより推進されている衛星システムのアイデアが実行間近であるということである。その推測は実際、正解だった。

 

その企業は本日、地球上にいるほとんどすべての人たちへ宇宙衛星からBitcoinブロックチェーンデータをリアルタイムで配信する新サービス、Blockstream Satelliteを発表している。その新サービスは地球上にある大陸の3分の2をカバーし、Blockstream社によるとその他の地域についても、年末までには世界のほとんどすべての人たちがオンラインで結ばれる予定である。

 

「Bitcoinはインターネットから生まれた強力で斬新なデジタルマネーであり、その十分な可能性をいまだに隠しながら混乱の中を開拓しています。なぜなら、許可を得る必要がないので、Bitcoinにより誰もが新しい金融アプリケーションや他のイノベーションを自由に作り上げることが可能です。それらはブロックチェーンに使用されますが、以前なら不可能なことでした」Blockstream社の共同創設者でCEOのAdam Backは述べた。

 

「本日、Blockstream Satelliteの発表により、地球上にいるさらに多くの人たちにBitcoinに参加する選択肢が提供されます。Blockstream Satelliteからの無料配信によってBitcoinブロックチェーンにアクセスするユーザーが増え、Bitcoinの採用と使用事例が世界規模で拡大すると共に、ネットワークの全体的なロバスト性の強化を我々は期待しています」

 

Blockstream Satelliteネットワークは現在、さまざまな位置にいる3つの地球同期衛星により構成され、地球上にある4大陸のアフリカ、ヨーロッパ、南アメリカ、北アメリカをカバーしている。Blockchainは既存の商業用地球同期衛星の帯域幅をリースし、それらはGalaxy 18(北アメリカ向け)、Eutelsat 113(南アメリカ向け)、Telstar 11N衛星の応答装置2基(それぞれアフリカとヨーロッパ向け) である。

 

テレポート呼ばれる地上局は、公開されたBitcoinブロックチェーンデータをネットワークの衛星に向けてアップリンクし、さらに地球の広範囲なエリアへデータ配信される。年末までに世界各地への配信を達成するために、さらに衛星やテレポートが追加される予定である。

 

Blockstreamサービスは、インターネットの接続性が悪い開発途上国の辺ぴな地域に住む人々にとって、特に役立つことが期待されている。

 

「私がBlockstream Satelliteについて最初に聞いたとき、インターネットアクセスが利用できない、もしくはその費用の高い地域にBitcoinがもたらされるという大きな可能性を即座に感じました」と、西アフリカで唯一のBitcoinノードを運営するTim Akinboは語った。「インターネットアクセスが一時的に利用できない場合のバックアップになるのは、言うまでもありません」

 

Blockstream Satelliteはソフトウェア無線(SDR)用のオープンソースソフトウェア開発プラットフォームであるGNUラジオを使用し、特別なハードウェアを必要としないことでコスト削減と開発合理化が期待されている。 Blockstream Satellite はFast Internet Bitcoin Relay Engine (FIBRE)を活用し、それはBitcoin Relay Networkで数年間にわたる運営、研究の歴史により裏付けられたオープンソースプロトコルである。Blockstreamの記者会見では、「これらのオープンソーステクノロジーが一緒になってBlockstream Satelliteネットワークを動かし、Blockstreamによりこの無料サービスが確実にコスト効率よく提供されることを可能にしています」と述べられた。

「(市販されている衛星テレビアンテナに類似した)小さなパラボラアンテナとUSB SDR(ソフトウェア無線)により、誰もが信号を受信できます」と、Blockstream Satellite FAQには記載されている。「ユーザーの設備費用は全部で約100ドル。ソフトウェアは無料です。ソフトウェアインターフェースはオープンソースのGNUラジオソフトウェアで、それが受信機です。GNUラジオはデータをFIBREプロトコルに送信し、それはBitcoinのプロセスでありブロックが存在する場です」

公式LINE@絶賛友だち募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報やブログでは公開できない裏情報などをお届けいたします。

下のバナーから気軽に友だち申請してください。

関連記事

  1. Popy

    ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させるか

    「ブロックチェーン不動産新興企業Propyが不動産の購入方法を一変させ…

  2. ブログ

    これからはどこを見ていけばいいのか?

    投資全般に言えることではありますが、暗号通貨投資においても資金が今どこ…

  3. ブログ

    最近触れた個別銘柄や、今チェックしている銘柄をざっと見ていきます。

    ビットコイン価格が51万円にタッチして、暗号通貨市場も俄然盛り上がって…

  4. ブログ

    なぜ、TRON(TRX)は10倍になったのか?

    TRON(TRX)が昨日0.00000220BTCをつけました。…

  5. 海外情報

    タイの金融規制当局がビットコイン先物取引を許可

    タイの投資家は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)およびシカゴオプ…

  6. 海外情報

    マーク・ザッカーバーグ氏の2018年における個人的課題: Facebookの手直し

    Facebookの CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、2018年…

最近の記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP