ブログ

8月1日、7月23日に向けたビットコインについての考え方と戦略。

昨日のとんでもない下落から、今日は少し戻しています。

ただ、これは一時的な反発であって、このあとも間違いなく乱高下はあるでしょう。

なぜならば、今回の下落の原因については、何も解決していないからです。

 

そもそも、今何が起こっているのかわからず、売りに売りが加速して相場がゴッチャゴチャになっているのが現状です。

・・・なぜ、ビットコインをはじめとした暗号通貨の相場が混乱しているか、理解していますか??

 

ということで、説明をしようと思ったのですが、信じられないほどの天才レベルで分かりやすく開設している方がいらっしゃったので、そちらを紹介します。

 

今ビットコインに起こってること

 

 

天才です。

これ以上に分かりやすく紹介している方はいらっしゃらないので、この記事を読んでください。

 

Segwit2xの流れで全体は進んでいますが、21日のソフトウェアリリース、そして8月1日の実装が間に合わないのではないかという説があります。

ですから、今の状態というのは、確定的な事が無いために右往左往している感じです。

そして、問題を把握している人が、ビットコインをフィアットに逃す動きと、問題を把握していないけれども何やらやばい事が起こりそうだと思っている人が、とにかくビットコインを現金化している動きと、その動きによる相場の下落に焦って、手持ちの暗号通貨を投げ売っているというのが、この数日間です。

 

「今日の相場は一時的な反発である」というのは、これらの事を踏まえて言っているわけです。

では、この先の動きとしては何が起こるでしょうか?

 

まずは、21日に向けてSegwit2xのソフトウェアが間に合うとか、バグが出ただとか、やっぱりSegwitにしようとか、いやいやハードフォークだだとか、もろもろの情報が出てきます。

そして、その情報によって、相場はまた乱高下します。

そうこうしているうちに、21日がやってきます。

 

この時点でソフトウェアが間に合っていない可能性がありますので、そうなれば恐らくSegwitの採用になります。

間に合っていれば、Segwit2xの採用となって24日から26日にはアクティベートされます。

 

自分が思っているのは、どの結果になったとしても確定的な事が見えれば、相場は安定します。

安定するというか、上昇するかと思われれます。

 

ですから、今取るべき戦略というのは、

・乱高下に焦って投げ売りはしない

・資金があるのであれば安いところを買い下がる(ビットコイン、アルトコインともに)

・暗号通貨をパンパンに持っている人はホールド

ということになります。

 

買い下がるのは、知名度の高いメインどころのアルトコインに限り、それ以外のコインを買うのはギャンブルです。

そのコインにもともと目をつけていて将来性を確信しているのであれば別ですが。

 

ビットコインに関しては万全を期して、ハードウォレットで保管をしておくのがいいかと思われます。

ここに関しては、万が一ということもありますので。

 

いずれにしても、何処かのタイミングで当面の懸案事項が何らかの着地を迎えます。

そのタイミングがどこになるかを100%言い当てることは誰もできませんが、その時が来ればビットコインをはじめとする暗号通貨は、大きく上昇するでしょう。

関連記事

  1. ブログ

    ポートフォリオに、やや大きめの変動があります。

    Bitcoinの価格が戻ってきましたね。先日、ポートフォリオを…

  2. ブログ

    個人的にはまだ下落の場面があると思っています。

    相場はかなり良くなっていますが、個人的にはまだ下落の場面があると思って…

  3. ブログ

    これからはどこを見ていけばいいのか?

    投資全般に言えることではありますが、暗号通貨投資においても資金が今どこ…

  4. ブログ

    どうなるリップル(XRP)!?

    リップルといえば、今年の4月から5月にかけて13倍の高騰を見せ、日本で…

  5. ブログ

    コインの裏側:Monethaでeコマースを簡略化-準備OK?

    この分析は「コインの裏側」と呼ばれる新シリーズの開始を示し、筆者は仮想…

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP