保有中のSiacoinについて、海外で記事が出ました。

保有中のSiacoinについて、海外で記事が出ました。

こちらです。

https://www.inc.com/brian-d-evans/blockchain-tech-company-sia-siacoin-could-disrupt-dropbox-and-amazon.html

 

和訳を下記にシェアします。

少し分かりにくい部分がありますが、ご了承ください。

 

ビットコインのことはこの時点でお聞きになったことがあるかもしれませんし、たぶんイーサリアムについてもそうでしょう。しかし、シア(シアコイン)も仮想通貨とブロックチェーンの空間では有力な競争相手です。この投稿を書いている段階で、シアから生まれたトークンはシアコインと呼ばれ、株式時価総額の点から見ると世界トップ16に入っています。何がその企業価値を高め、なぜあっという間に成長しているのでしょうか。まずシアは、ドロップボックスとアマゾンS3を破壊しようとしています。

 

ドロップボックスとアマゾンS3を破壊するのは、決して簡単ではありません。今のところ、より優れたソリューションを提供するのはほとんど不可能だと思われます。しかし、イーサリアムは私たちが知っているようにまさにインターネットを変えていますし、さらにもっと多くの企業がブロックチェーンのコンセプトを活用して独自のソリューションを生み出しています。

シアの背景にある考え方は、セントラルサーバーで原則的に全てがホストされる代わりに、シアのブロックチェーンテクノロジーがファイルストレージを分散化して、オープンソースにするということです。そしてシアは、企業を巻き込んで企業独自の分散型クラウドをホストし、顧客にサービスとして販売します。これにより、理論的にはホストとストレージの費用が大幅に削減され、それが実現する可能性も高くなっています。

 

さらに、シアは顧客からの支払いには応じず、その代わりにプラットフォーム上での支払いを認めます。シアは基本的にプラットフォームを提供し、ユーザーにストレージへの支払いをしてもらい、プロバイダーは独自の分散型クラウドを運営します。これは「未来のホスティング」の始まりとなり、もはやセントラルサービスには全く基づかず、もしくはまさに依存しません。

 

自社のロードマップに対して、シアは非常にオープンで正直な数少ないブロックチェーン企業のひとつです(シアはかなり前途有望に見えます)。次回のリリース(今月)では、実用的でシンプルなファイルシェアリングシステムをプラットフォーム上で実演すると述べています。.

 

仮想通貨として、シアコインはかなり前途有望にも思われます。企業の総価値(株式時価総額)の点では現在、仮想通貨業界のトップ16であり、この1年で企業価値は2,406%の伸びを示しています。この投稿の時点で1コインの価格は1.5セントであり、268億が流通しています。

 

結局、これはシアのような企業にとってはスタートにすぎません。テクノロジー業界の破壊は始まったばかりで、可能性はまさに無限大です。ブロックチェーンのテクノロジーが、インターネットの機能と世界の通信方法を改革しているのでしょうか。ドロップボックスやアマゾンS3が間もなく時代遅れになり、値段が高過ぎて廃れるのでしょうか。時間が経てば分かることです。

 

IT関連のプロジェクトにまつわる暗号通貨は数多くあります。

その中でも、実現可能性と実現時のインパクトでSiacoinの支持者が多いようです。

Golemが実現した場合のインパクトはさらにその上を行きますが、実現可能性というところで言えばSiacoinの方が高いのではと感じます。

 

Siacoinを中長期を見て保有します。

公式LINE@絶賛友だち募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報やブログでは公開できない裏情報などをお届けいたします。

下のバナーから気軽に友だち申請してください。

関連記事

ページ上部へ戻る