1. 海外情報

    エラッド氏のSEC委員への就任がビットコインETFに関する事柄に及ぼす影響

    メーン州の共和党員エラッド・ロイズマン氏のSEC委員への就任が本日上院で承認される。これによりトランプ政権下でのSEC委員の任命は4例目となる。ロイズマン氏は、7月に開催された上院銀行委員会の公聴会で、同委員会による暗号通貨に関する一連の画期的な決定に関して次のように述べている。「 …SECは、規則、規制、ガイドラインが、SECの使命を達成するために有効なものであること…

最近の記事

PAGE TOP